marimekko 世界に羽ばたくブランド マリメッコの魅力 「マリメッコを知らないフィンランド国民はいない!」そう断言できるほど、マリメッコは日常に溶け込んだライフスタイル・ブランド。大胆な柄とポップな色遣いは今も色褪せることはない。

フィンランド トップへ
  • マリメッコ
  • デザイン
  • お散歩
  • デザイン・ディストリクト
  • ムーミン
  • オーロラ
  • サンタクロース
  • カフェ
旅の基本情報

日本国内にもファン急増中! マリメッコとはどんなブランド?

フィンランド語で「マリちゃんのドレス」という意味のマリメッコは、1951年創業のテキスタイルブランド。故ジョン・F・ケネディがアメリカ大統領選に出馬した1960年にジャクリーン夫人が着用したのをきっかけに、世界的にその名が知れ渡るようになった。

初代ヘッドデザイナーに就任したマイヤ・イソラを筆頭に、多くのデザイナーから誕生した作品たちはどれも色彩豊かで個性的。四季折々の表情豊かなフィンランドの大自然からインスパイアされた絵柄も多い。

marimekko

各店舗に陳列されたファブリックはどれもカラフル

marimekko

洋服から寝具、雑貨までアイテム展開は多岐にわたる

marimekko

鮮やかな色遣いは子供部屋のインテリアにマッチ!

レトロ。でも新しい! マリメッコの人気の秘密  marimekko's popularity

時代を超越した不朽のデザイン

マリメッコと聞いてまず思いつくのは、大ぶりの花柄ではないだろうか。ケシの花がモチーフのウニッコは1964年にマイヤ・イソラが生み出したパターン。半世紀近く経っているというのに古さをまったく感じないのは、トレンドに流されないデザイン力の高さに他ならない。

季節にマッチした配色とパターン

マリメッコはシーズンごとに新しいパターンを発表するだけでなく、人気作品の新色も加わる。同じ柄でも配色が変わるだけで印象や季節感がガラリと変わり、新鮮な感動を届けてくれる。さらに1960〜70年代に生まれたクラシカルなデザインが復刻するのも見逃せない。

キュートで種類豊富な雑貨

ファブリックや洋服にはいきなり手が出せないと感じる人も、簡単に生活に取り入れられるのがキッチン用品や食器、文具などの雑貨。ひとつ加えるだけで気分が高揚する、そんな色彩にあふれたアイテムが多い。キーホルダーなど、みやげに最適な小物も豊富だ。

ウニッコ

大胆な発想から生まれたウニッコは、マリメッコの代名詞
©Marimekko Corporation

マイヤ・イソラ

500種以上の作品を生み出したマイヤ・イソラ
©Marimekko Corporation

カイヴォ

マイヤ・イソラが1964年に発表した名作「カイヴォ」
©Marimekko Corporation

カイヴォ柄の新色

2012年春夏コレクションに発表されたカイヴォ柄の新色
©Marimekko Corporation

バラマキみやげに良さそうなハンドタオル各€4.50

雑貨

ウニッコ柄のマグカップ€11.50と小皿€12.50

アイディアはどのように生まれる? デザインの現場に潜入 Design workshop

創業当時から、ライフスタイルに溶け込む流行のないデザインをモットーとするマリメッコ。枠にとらわれないダイナミックで個性的なデザインの多くは動植物、自然現象、風景などから影響を受けており、フィンランド人にとって身近なブランドであるのもうなずける。

自由な発想を重んじるデザインコンセプトは原画からもわかる。水彩画や切り絵に始まり、実際に植物を採取して持ち込むデザイナーもいる。さらに色の調合を担当する専属スタッフへも、果実や葉を持参して「忠実に色味を再現したい」と細かい注文が入ることもあるようだ。

ルミマルヤ柄の場合

ルミマルヤとは「雪イチゴ」の意味。この柄を考案したデザイナーのエルヤ・ヒルヴィは、枝を張り付けた画用紙を現場に持ち込んだ(写真左)。これをそのまま原画としてパソコンに取り込み、枝に散らす雪と実のデザインを施してパターンが完成した。

ここで買えます! おすすめ最新アドレス Shop list

ここがフィンランドの旗艦店

Marimekko Marikulma マリクルマ店

中心街エスプラナーディに立つフィンランド国内最大級の店舗。コンセプトは「マリメッコ・エクスペリエンス」。ファブリックと洋服、そして雑貨とマリメッコの世界観を余すところなく体験できる。ショップデザインを日本人建築家が手掛けたことでも知られる。

DATA
  • Pohjoisesplanadi 33
  • TEL+358-9-686-0240
  • 営業時間10〜20時(土曜は〜17時、夏季の日曜は12〜17時)
  • 定休日夏季以外の日曜
マリクルマ店

2階はバス・キッチン用品、食器やカバンなどが並ぶフロア

マリクルマ店

1階奥に設けられたファブリックの専用スペース。圧巻の品揃えだ

エッジィなファッションが得意

Marimekko Marikiska マリキスカ店

ヘルシンキの中でもデザインに優れたショップが多い地区「デザイン・ディストリクト」に店を構える。他店には並ばない個性派アパレルのほか、気鋭のデザインを試験的に商品化するなど、斬新な試みがおもしろい。

DATA
  • Uudenmaankatu 13
  • TEL+358-44-779-1838
  • 営業時間10〜18時(土曜は〜15時)
  • 定休日日曜
マリキスカ店

商品は洋服が大半。品数を抑えデザインに長けたアイテムが並ぶ

マリキスカ店

店構えは小さなブティックのよう。おしゃれ上級者はぜひ足を運んで

市場散策の合間に覗こう

Marimekko  Hakaniemen Kauppahalli ハカニエミ店

食料品を扱う人気の市場、ハカニエミ・マーケットホールの2階に位置する。面積は小さいが洋服から雑貨、ベビー用品まで幅広く揃う。

DATA
  • Hakaniemen Kauppahalli
  • TEL+358-9-753-6549
  • 営業時間9時〜17時30分(土曜は9〜15時)
  • 定休日日曜
ハカニエミ店

時間どおりに開店しないことも。昼時を狙うといい

マリメッコの心臓部ファクトリーに潜入!

マリメッコのすべての生地は、中心部から地下鉄で10分の町ヘルットニエミでプリントされている。2010年の年間生産量は1100km(東京〜北九州市の距離に相当)というから驚き!

ファクトリー
1シルクスクリーンの準備
シルクスクリーンの準備

所定のシルクスクリーンを取り出し機械へセットする。寸分の誤差も許されない、神経を使う作業だ

↓
2染色作業
染色作業

スクリーンごとに手作業でインクを流す。ムラのないよう均一にインクをならし、生地に写していく

↓
3蒸気当て&熱湯洗い
蒸気当て&熱湯洗い

染め具合をより良くするためスチーマーに入れた後、熱湯にくぐらせて余分なインクを落とす

↓
4乾燥後、ロール状に
乾燥後、ロール状に

アイロン掛けされたファブリックは一度巨大なロール状になり、検品担当者の部屋へと送られる

↓
5最終チェック
最終チェック

この道一筋20年以上のベテラン勢が目視で仕上がりを確認。見事クリアした生地が商品となる

工場併設のアウトレットへ!

ヘルットニエミの工場には直営店のほか、B級品や廃番品を扱うアウトレットが併設されている。生地のハギレならキロ単位でまとめ買いできる。コットン100%の生地は€18.50/m、ハギレは€19/kg(いずれも価格目安)。

マリメッコ・ファクトリーショップ

マリメッコ・ファクトリーショップ
Marimekko Tehtaanmyymälä

DATA
  • Kirvesmiehenkatu 7
  • TEL+358-9-758-7244
  • 営業時間10〜18時(土曜は〜16時)
  • 定休日日曜
↑ page top

PR

 
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
消費税率の変更等で、記載料金が実際の料金と異なることがありますので、予めご了承ください。