壱岐・対馬・五島の観光スポット

いき・つしま・ごとう

  • 壱岐・対馬・五島のほかの情報:

条件を変えて検索

  • 定番

見る








遊ぶ




食べる









買う




立ち寄り湯




壱岐・対馬・五島のほかの情報

  • 福江(石田)城跡 [建物・史跡]

    福江市街

  • 福江(石田)城跡
  • 福江港→徒歩5分

    • 歴史

    第30代五島藩主・盛成公[もりあきらこう]が、15年の歳月をかけて文久3年(1863)に完成させた江戸幕府最後の城。外国船(黒船)の襲来に備えて、国防のために築かれた。現在は石垣や大手門を残すのみだが、城壁の三方が海に面していた国内でも珍しい海城跡だ。

  • 武家屋敷通り [建物・史跡]

    福江市街

  • 武家屋敷通り
  • 福江港→徒歩7分

    • 女子

    福江(石田)城跡近くに位置し、江戸時代の面影を残す古い石垣が続く武家屋敷通り。福江武家屋敷跡にある福江武家屋敷通りふるさと館(料金:入館無料、時間:8時30分〜17時、7・8月は〜18時、休み:月曜、電話:0959-72-2083)では、バラモン凧と染め物の実演を見られるほか、体験1000円〜もでき…

  • 五島観光歴史資料館 [美術館・博物館]

    福江市街

  • 五島観光歴史資料館
  • 福江港→徒歩5分

    福江城の二の丸跡に立つ、天守閣をイメージした資料館。1階では五島の観光を民族・芸能、特産品・郷土料理、観光スポットなど6つのジャンルごとに分かりやすく映像で紹介。2・3階では歴史や五島に生息する生物など詳しく学べる。

  • グラスボート・シーガル [その他]

    福江市街

  • No Image
  • 福江港発着

    • 女子

    サンゴが群生し、福江海中公園に指定されている竹の子島周辺を巡る半潜水式グラスボート。木口汽船は久賀島教会巡りなどのクルーズ船も運航。

  • いけす割烹 心誠 [和食]

    福江市街

  • No Image
  • 福江港→徒歩15分

    潮の速い五島灘でもまれた魚は、身の締まりが抜群。そんな旬な鮮魚の刺身盛合せ1800円〜や寿司はもちろん、五島牛や五島うどん、釜飯なども味わえる。ハコフグの腹に麦味噌などを詰めて焼いた五島名物の珍味「箱ふぐの味噌焼き」1500円〜もお試しを。直径30cmほどの器に、刺身や天ぷらなどのおかずがぎっしり詰…

  • こふひいや [喫茶・甘味]

    福江市街

  • こふひいや
  • 福江港→徒歩7分

    • 女子

    ツタの絡まる外壁と、なぜかバス停をかたどった看板が目印の喫茶店。マスター手作りのケーキ300円〜が10種ほど用意されており、嬉しい品揃え。地元産の牛乳で作られる五島みるくぷりん260円もおすすめだ。

  • 草木染・手織り工房 游々舎 [民芸品ほか]

    福江市街

  • 草木染・手織り工房 游々舎
  • 福江港→徒歩15分

    年に数回、作品展等を開いている永冶秀子氏の工房。島の椿、桜、くさぎ等四季折々の花・木・実などで絹糸を染め織りあげる。マフラー5000円〜やランチョンマット1000円〜など。工房は観音寺境内の自宅にあるので、訪問前に電話を。

  • 味工房 鬼岳 [食料品・お酒]

    福江市街

  • 味工房 鬼岳
  • 福江港→徒歩15分

    五島牛そぼろ佃煮1296円。島の筍を加えた「五島和牛しぐれ」1080円。時間をかけてじっくりと炊き込んだ五島牛の味わいを楽しめる。空港や福江港の売店、「ごと」などでも販売。

  • 山本海産物 [食料品・お酒]

    福江市街

  • No Image
  • 福江港→徒歩15分

    みやげにも最適な五島の海産物や特産品が豊富で、地元の人にも人気。スルメ、焼アゴ(トビウオ)のだし、五島うどんなどもある。ほかにも五島銘菓や民芸品も多数揃っている。

  • 五島市観光協会 [観光案内所ほか]

    福江市街

  • 五島市観光協会
  • 福江港ターミナル内

    • 女子

    日本有数の椿の自生地である五島では、古くから良質の椿油が作られてきた。椿油は人の肌と非常に相性がよく、現在ではヘアケア・スキンケア商品も作られている。

九州・沖縄長崎県>壱岐・対馬・五島の観光スポット
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。