飯田・下伊那の観光スポット

いいだ・しもいな

  • 飯田・下伊那のほかの情報:

条件を変えて検索

  • 定番

見る








遊ぶ




食べる









買う




立ち寄り湯




飯田・下伊那のほかの情報

  • 天竜舟下り [その他]

    飯田市

  • 天竜舟下り
  • JR伊那八幡駅→車5分で弁天港へ

    弁天港から出発するスリリングな急流下り。鵞流峡[がりゅうきょう]などの難所を越え、約35分で時又港へ。のどかな手こぎ舟で、水しぶきと櫓音だけの時間を過ごしてみるのもいい。

  • クチコミ平均評価 5.0点 (3件のクチコミ)
  • 天竜ライン下り [その他]

    天竜峡・川路

  • 天竜ライン下り
  • JR天竜峡駅→徒歩3分で天龍峡温泉港へ

    • 女子

    天龍峡温泉港を出発し、唐笠港まで約40〜50分の船旅。春の若葉、夏の山ゆり、秋の紅葉、冬の雪景色と、四季折々の変化に富んだ大自然の渓谷美、途中ライン下りならではの投網とガイドの案内を楽しめる。

  • クチコミ平均評価 4.0点 (1件のクチコミ)
  • お戒壇巡り [社寺・教会]

    飯田市

  • No Image
  • JR元善光寺駅→徒歩7分

    元善光寺本堂右手の入り口から地下へと続く通路に入る。薄暗い通路を右側にある壁をたどって歩くと、本尊の真下にたどりついたところで極楽往生できる開運の錠にふれることができるというもの。

  • 桜丸御門(赤門) [社寺・教会]

    飯田市

  • 桜丸御門(赤門)
  • JR飯田駅→徒歩15分

    宝暦4年(1754)に建造。紅殻[べんがら]で塗ってあるため赤門とよばれている。鬼瓦には藩主であった堀家の梅鉢紋[うめばちもん]がある。江戸時代には藩主との対面所として用いられ、飯田城が廃城となった明治期からは郡役所の正門として使われた。

  • 柏心寺 [社寺・教会]

    飯田市

  • 柏心寺
  • JR飯田駅→徒歩10分

    創建430年を超える浄土宗の古刹。中央アルプスの麓の開かれた寺院として親しまれている。元亀2年(1511)現在地に草庵が結ばれ、その後慶長2年(1597)開山、充誉[じゅうよ]上人により、本堂、山門、庫裏が創建された。平成20年(2008)、本堂、鐘楼を新改築落慶。

  • 保寿寺 [社寺・教会]

    飯田市

  • No Image
  • JR時又駅→徒歩20分

    • 女子

    天竜川を見下ろす高台に立つ禅寺。創建は鎌倉時代までさかのぼるものの、現在残っている方丈[ほうじょう]、庫裏[くり]、鐘楼門などは江戸中期、黒門は室町期に造られた。庭園が有名で、特に5月の連休前後に咲き乱れるシャクナゲの花が見事。200年以上前から繁殖を続ける天然の群落を、代々の住職が守ってきたもので…

  • クチコミ平均評価 5.0点 (1件のクチコミ)
  • 宝物殿 [社寺・教会]

    飯田市

  • 宝物殿
  • JR元善光寺駅→徒歩7分

    元善光寺にあり、約41年間本尊の台座となっていたという座光の臼、全国でも珍しい木彫りの釈迦涅槃像[しゃかねはんぞう]などを展示。

  • 元善光寺 [社寺・教会]

    飯田市

  • No Image
  • JR元善光寺駅→徒歩7分。または中央道高速バス飯田行き、バス停:飯田駅高速バス停下車、車10分

    長野市の善光寺の本尊が元はこの寺にあったことから元善光寺の名で呼ばれ、善光寺と併せて参拝する人が多い。宝物殿にある御本尊を安置した際に光ったとされる臼は一見の価値がある。

  • クチコミ平均評価 4.0点 (1件のクチコミ)
  • 飯田市美術博物館・自然部門 [美術館・博物館]

    飯田市

  • 飯田市美術博物館・自然部門
  • JR飯田駅→徒歩20分

    • キッズ

    飯田市美術博物館の自然部門は、「豊かな伊那谷の自然とその生い立ち」が展示テーマ。音と映像を駆使し、伊那谷の春、恐竜時代の伊那谷、古代サメの泳ぐ富草[とみくさ]の海など、伊那谷の自然を紹介している。プラネタリウムを併設し、地域の自然や文化を紹介するオリジナル番組を上映している。

  • 飯田市美術博物館・人文部門 [美術館・博物館]

    飯田市

  • 飯田市美術博物館・人文部門
  • JR飯田駅→徒歩20分

    飯田市美術博物館の人文部門では「伊那谷の風土とそこに生きる人々」をテーマに、伊那谷の祭りや歴史、民俗芸能に関する展示を行っている。

中部長野県伊那路>飯田・下伊那の観光スポット
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。