葛飾・柴又の観光スポット

かつしか・しばまた

  • 葛飾・柴又のほかの情報:

条件を変えて検索

  • 定番

見る








遊ぶ




食べる









買う




立ち寄り湯




葛飾・柴又のほかの情報

  • 葛飾柴又 寅さん記念館 [美術館・博物館]

    柴又・金町

  • 葛飾柴又 寅さん記念館
  • 京成柴又駅→徒歩8分

    柴又公園内の葛飾区観光文化センターに併設された記念館。寅さんの世界を多彩なコーナーにより紹介。実際の撮影に使用した「くるまや」のセットが大船撮影所から移設され撮影風景を再現するほか、映画で使用された資料も展示している。所要30分。

  • クチコミ平均評価 4.0点 (5件のクチコミ)
  • 題経寺(柴又帝釈天) [社寺・教会]

    柴又・金町

  • 題経寺(柴又帝釈天)
  • 京成柴又駅→徒歩5分

    • 女子

    柴又の顔ともいえる帝釈天は日蓮宗の古刹で、寛永年間(1624〜44)の創建。映画シリーズ『男はつらいよ』で一躍有名となった。彫刻の寺としても知られ、帝釈堂の外側に刻まれた彫刻は、彫刻ギャラリーとして「十二支彫刻」「法華経説話彫刻」などが公開されている。日蓮聖人が刻んだといわれる板本尊のほか、祖師堂や…

  • クチコミ平均評価 4.3点 (3件のクチコミ)
  • フーテンの寅像 [建物・史跡]

    柴又・金町

  • No Image
  • 京成柴又駅→徒歩すぐ

    • 女子

    柴又観光は、この像の足元から寅さん気取りでスタートしよう。

  • クチコミ平均評価 4.5点 (2件のクチコミ)
  • 帝釈天参道 [建物・史跡]

    柴又・金町

  • 帝釈天参道
  • 京成柴又駅→徒歩1分

    • 女子

    京成金町線柴又駅から帝釈天まで続く200mほどの通り。参道の両側には、『男はつらいよ』のモデルになっただんご屋をはじめ、せんべい屋、手づくり飴、川魚料理店など、江戸時代から続く店が軒を連ねる。門前町の風情を楽しめる。

  • クチコミ平均評価 4.0点 (2件のクチコミ)
  • 似顔絵コインランドリー [その他]

    柴又・金町

  • 似顔絵コインランドリー
  • 京成柴又駅→徒歩5分

    壁や天井を埋め尽くす似顔絵は、ランドリーの持主・菅野武志さんの作品。待ち時間を退屈しないようにという思いから誕生。もちろん寅さんもいっぱい。

  • 矢切の渡し [その他]

    柴又・金町

  • 矢切の渡し
  • 京成柴又駅→徒歩10分

    • ベビー
    • キッズ

    帝釈天の裏手を流れる江戸川河川敷にあり、小説『野菊の墓』や歌謡曲でおなじみ。寛永8年(1631)、対岸へ出かける村人のために利用されて以来、今日まで庶民の足として親しまれてきた。片道わずか5分の船旅だが、静かで心地よいひとときが味わえる。対岸は『野菊の墓』の舞台となった場所。野菊の墓文学碑がある西蓮…

  • クチコミ平均評価 5.0点 (1件のクチコミ)
  • 大和家 [和食]

    柴又・金町

  • 大和家
  • 京成柴又駅→徒歩3分

    映画『男はつらいよ』とは第1作からのつきあい。故・渥美清[あつみきよし]や倍賞千恵子[ばいしょうちえこ]にひいきにされ、今でも当時の撮影スタッフが訪れて思い出話に花を咲かせる。看板料理は、味噌汁と香の物付きの天丼(998円、1620円)。柴又帝釈天参詣のたびに立ち寄る年配客が多いので、エビ、アナゴ、…

  • 川甚 [和食]

    柴又・金町

  • 川甚
  • 京成柴又駅→徒歩8分

    柴又の帝釈天そばの江戸川沿いにある老舗川魚料理店。寛政年間(1790年代)創業、古くから文人に愛され、夏目漱石や松本清張の作品にも登場している。土手沿いの本館は座敷大広間があり、宴会にぴったり。4階からは土手を眺められ、ゆったりとくつろげる。隣に建つ新館はテーブル席でバリアフリー構造。鰻は秘伝のたれ…

  • 川千家 [和食]

    柴又・金町

  • 川千家
  • 京成柴又駅→徒歩5分

    帝釈天参道の中ほどに位置する、江戸時代から続く川魚料理の老舗。秘伝のタレで焼き上げたうな重2800円〜は絶妙の香ばしさ。割いたウナギを湯通しして、わさび醤油で食べる珍しいうなぎのあらい760円もある。じっくりと煮込んだ鯉こく760円や、ほのかに甘みの残る鯉のあらい760円のほか、季節ごとにメニューの…

  • とらや [喫茶・甘味]

    柴又・金町

  • とらや
  • 京成柴又駅→徒歩3分

    • 女子

    現在の店構えに建て替える前、『男はつらいよ』1〜4作目の舞台となった草だんご店。食事メニューも豊富だが、一番人気はやはり草だんご350円。日曜と祝日のみ、店頭で製造・販売する焼草だんご1本150円は、ヨモギだんごにしょうゆをつけて焼き、ノリをまぶした新名物だ。

  • クチコミ平均評価 5.0点 (1件のクチコミ)
関東東京都上野・浅草・葛飾・葛西>葛飾・柴又の観光スポット
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。