浅草の観光スポット

あさくさ

  • 浅草のほかの情報:

条件を変えて検索

  • 定番

見る








遊ぶ




食べる









買う




立ち寄り湯




浅草のほかの情報

  • 鮨一新 [和食]

    浅草

  • 鮨一新
  • つくばエクスプレス(首都圏新都市鉄道)浅草駅→徒歩12分

    旨い寿司を作るため、情熱を傾ける店主の店。道具にもこだわり、ネタの水分を適度に保つ氷冷式冷蔵庫や檜のネタ箱を使う。シャリは、炭火を使い大黒蒸し竈で炊き上げ、赤酢と天然塩で仕上げる。極上のネタ、仕事も秀逸だ。鮪の漬けは、煮切り醤油に鮪節を加えたツユに20時間漬けたもの。驚くほど濃厚な旨みが広がる。

  • 辨天山美家古寿司 [和食]

    浅草

  • 辨天山美家古寿司
  • 東京メトロ浅草駅7番出口→徒歩3分

    慶応2年(1866)創業。魚介の鮮度を保つのが難しかった当時、江戸の職人たちは、ひと手間かける江戸前寿司を考案。そんな古典技法を今も守り続けている。煮きり、ヅケ、酢ジメ、昆布ジメなどによって、魚の旨さがさらに引き立つ。

  • THE DINNING シノワ 唐紅花&鉄板フレンチ 蒔絵 [伊仏料理]

    浅草

  • THE DINNING シノワ 唐紅花&鉄板フレンチ 蒔絵
  • つくばエクスプレス(首都圏新都市鉄道)浅草駅→直結

    広東料理をベースとしたヌーベルシノワの懐石料理コースで魅了する「唐紅花」。オマール海老の鉄板焼きなど、厳選食材を活かした美食を提案する鉄板フレンチの「蒔絵」。中国料理&フレンチのコラボレーションコースを始め、両方の味わいを自由に楽しめる新スタイルレストラン。ランチコース4158円〜、ディナーコース7…

  • フジキッチン [洋食]

    浅草

  • フジキッチン
  • 東京メトロ浅草駅1番出口→徒歩5分

    自慢のシチューは、和牛をブロックのままワインとトマトピューレで煮込んだ後、提供サイズに切ってまた煮込み、1週間かけて作ったデミグラスソースと合わせて仕上げる。見た目よりもあっさりした味わい。ライスやパンは別注文。タンシチュー、ミックスシチュー各3100円。ビーフシチュー3200円。

  • ヨシカミ [洋食]

    浅草

  • No Image
  • 東京メトロ浅草駅1番出口→徒歩7分

    気どりのない雰囲気で、本格的な洋食が楽しめる。人気のハヤシライス1300円は、開店30分で売り切れることも。特製デミグラスソースを使ったビーフシチュー2450円やハンバーグステーキ1200円もおすすめ。肉料理をメインにした日替わりランチセット1750円などもある。

  • レストラン大宮 [洋食]

    浅草

  • レストラン大宮
  • 東京メトロ浅草駅1番出口→徒歩3分

    シェフはダッチオーブンのスペシャリスト。看板メニューの「鶏の蒸し焼き粒マスタードソース」1800円〜は、しっとりと仕上げた鶏の胸肉をスライスし、粒マスタードと自家製デミグラスなどで作った濃厚ソースを絡めた一品。

  • クチコミ平均評価 4.0点 (1件のクチコミ)
  • 尾張屋 [麺類ほか]

    浅草

  • 尾張屋
  • 東京メトロ浅草駅3番出口→徒歩5分

    雷門通り沿いに2店舗を構える日本そばと天丼の名店。大きな海老の天ぷらがのった天丼1600円は、見た目も豪華。カラリとゴマ油で揚げた江戸前天ぷらが味わえる。天ぷらそば1500円。秋〜春のそば寿司1100円など、季節料理も揃う。

  • クチコミ平均評価 5.0点 (1件のクチコミ)
  • 並木薮蕎麦 [麺類ほか]

    浅草

  • 並木薮蕎麦
  • 東京メトロ浅草駅A4出口→徒歩5分

    大正2年(1913)の創業という老舗。店名は戦前の町名からとったもので、神田薮、池之端薮とともに薮御三家に数えられる。辛口の濃厚なつゆは江戸っ子好み。コシのあるそばは、そばの香りとのど越しが楽しめる。もりそば・かけそば各750円。11〜3月限定の鴨南ばんも人気。

  • 風流 お好み焼染太郎 [麺類ほか]

    浅草

  • No Image
  • 東京メトロ田原町駅3番出口→徒歩5分

    オリジナルメニューが評判のお好み焼店。25種類のお好み焼が揃う。人気は、しゅうまい天760円。四角く囲った餅の中にニンニク・タマネギ・挽き肉を入れ、秘伝の小麦粉生地で焼き、仕上げに醤油をかけて食べる。合挽き肉、焼きそばなどをミックスしたお染焼き1080円、豚キムチ870円。オリジナル麺のやきそば4種…

  • 浅草 梅園 [喫茶・甘味]

    浅草

  • 浅草 梅園
  • 東京メトロ浅草駅1番出口→徒歩5分

    • 女子
    • 歴史

    安政元年(1854)創業の老舗甘味処。浅草寺別院の梅園院に開いた茶店が始まり。熱い餅きびの上にこし餡をのせた「あわぜんざい」777円は、当時と変わらない味を今に伝えている。あんみつ518円、栗むしようかん702円などは持ち帰り可。

  • クチコミ平均評価 4.0点 (1件のクチコミ)
関東東京都上野・浅草・葛飾・葛西>浅草の観光スポット
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。