古河の観光スポット

こが

  • 古河のほかの情報:

条件を変えて検索

  • 定番

見る








遊ぶ




食べる









買う




立ち寄り湯




古河のほかの情報

  • 正定寺 [社寺・教会]

    古河市

  • 正定寺
  • JR古河駅西口→徒歩10分

    江戸時代初期、家康、秀忠、家光の三代に仕えた古河城主・土井利勝が開山した寺。現在の本堂は天保3年(1832)に11代城主・土井利位[どいとしつら]が再建したもの。境内には四代将軍家綱の母、お楽の方の供養塔があり、お楽の方が安産を祈願した岩舟地蔵が残る。中庭にある芭蕉塚には「春もやや景色調う月と梅」(…

  • 明観山観音院長谷寺(長谷観音) [社寺・教会]

    古河市

  • No Image
  • JR古河駅→徒歩20分

    • 女子

    古河歴史博物館にほど近い長谷観音は、正式名は明観山観音院長谷寺という。本堂には明応2年(1493)に初代・古河公方足利成氏が鎌倉の長谷寺から勧請した高さ2mあまりある木造の十一面観世音菩薩立像を安置する。鎌倉、大和の長谷寺とともに日本三大長谷のひとつに数えられる。古河城の鬼門除けとして、かつては歴代…

  • 古河市三和ふるさとの森 [動植物園・公園]

    古河市

  • 古河市三和ふるさとの森
  • JR古河駅→茨城急行バス菅谷行きで30分、バス停:東諸川下車、徒歩15分

    • ベビー
    • キッズ

    キャンプ場やバーベキュー施設を備える緑豊かな公園。広場には全長26mもある木製の大型すべり台などがあり、子供はもちろん大人まで楽しめる。広い敷地内には小川が流れ、小鳥のさえずりを聞きながら森林浴ができる遊歩道があるので、散策するのもよい。アヤメやショウブが咲く湿性植物園もある。

  • 古河総合公園 [動植物園・公園]

    古河市

  • 古河総合公園
  • JR古河駅→車10分、または徒歩40分

    • 女子

    桃の花の名所として知られるおよそ25万平方mの広大な敷地の総合公園、園内には足利成氏の古河滞在中の別館だった古河公方館跡や延宝2年(1674)頃建築された旧中山家住宅などの史跡もある。また、2000年前の地層から発見された古代ハスの種を発芽させた「大賀蓮」や、3月中旬〜4月上旬には1500本もの花桃…

  • クチコミ平均評価 4.0点 (2件のクチコミ)
  • 古河文学館 [美術館・博物館]

    古河市

  • 古河文学館
  • JR古河駅→徒歩13分

    永井路子、小林久三、佐江衆一、和田芳恵、粒来[つぶらい]哲蔵、粕谷栄市、山本十四尾、沖ななも、一色悦子、金田卓也など、古河ゆかりの小説家・詩人・歌人・児童文学者の関係資料を展示。別室では、幼児雑誌の金字塔ともいえる『コドモノクニ』の原画を含む資料を見ることができる。所要30分。

  • 古河歴史博物館 [美術館・博物館]

    古河市

  • 古河歴史博物館
  • JR古河駅→徒歩15分

    • 歴史

    古河城出城跡に建つ博物館。古河藩家老で蘭学者でもあった鷹見泉石の業績、古河藩主の土井利位[としつら]が著した『雪華図説』、日本初の頭部・眼球解剖を行った河口信任と河口家歴代にわたる医学資料(茨城県指定文化財)、南画家奥原晴湖の書画など、古河藩ゆかりの文人や画家の作品を展示している。所要1時間。

  • 古河街角美術館 [美術館・博物館]

    古河市

  • 古河街角美術館
  • JR古河駅→徒歩8分

    古河にゆかりの深い画家の作品を中心に展示。市民の芸術活動の発表の場としての市民ギャラリーや美術の書籍を閲覧できる休憩室もある。所要30分。

  • 篆刻美術館 [美術館・博物館]

    古河市

  • 篆刻美術館
  • JR古河駅→徒歩8分

    大正9年(1920)築の石蔵を改装した、篆刻専門の美術館。古河出身の作家・生井子華[しか]の作品を常設展示している。篆刻にかかわる封泥[ふうでい]や石印材を紹介するほか、篆刻体験(2時間1200円、要予約)も可。所要40分。

  • 鷹見泉石記念館 [美術館・博物館]

    古河市

  • 鷹見泉石記念館
  • JR古河駅→徒歩15分

    幕末の蘭学者で古河藩家老、鷹見泉石が晩年過ごした住居を公開。彼は蘭学者、渡辺崋山[わたなべかざん]やロシア漂流で知られる大黒屋光太夫[だいこくやこうだゆう]とも親交があった。所要時間15分。

  • ネーブルパーク [テーマパーク]

    古河市

  • ネーブルパーク
  • JR古河駅→JRバス大網行きで20分、バス停:ネーブルパーク前下車、徒歩すぐ

    • キッズ
    • 女子

    17万6000平方mの自然を満喫できる。「ネーブル」とは英語でヘソ・中心を意味し、関東平野のほぼ中央に位置することからその名がついた。アスレチック広場、かわいいポニーに乗れるポニー引き馬(子ども100円)のほか、ヘルメットをかぶって全長173mの地下迷路(料金:100円、時間:10〜16時)を楽しめ…

関東茨城県常総・古河>古河の観光スポット
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。