愛媛県の観光スポット

えひめ

  • 愛媛県のほかの情報:

条件を変えて検索

  • 定番

見る








遊ぶ




食べる









買う




立ち寄り湯




愛媛県のほかの情報

  • 石手川緑地 [自然]

    松山市街

  • No Image
  • 伊予鉄道石手川公園駅→徒歩すぐ

    市内中心を流れる石手川の、川堤の緑地に咲き乱れる桜の下での宴は格別で、開花時期には花見客で賑わう。

  • クチコミ平均評価 4.0点 (1件のクチコミ)
  • 愛媛縣護国神社 [社寺・教会]

    松山市街

  • No Image
  • 市電赤十字病院前電停→徒歩10分

    堀之内にあった松山歩兵第二十二連隊の歩哨舎が移設されている。第二十二連隊の忠魂碑もある。秋山好古が揮毫した「天壌無窮」(天と地と共に永遠に続く)の碑も。

  • 末広学校・正岡家墓地跡(法龍寺) [社寺・教会]

    松山市街

  • No Image
  • 伊予鉄道松山市駅→徒歩3分

    末広学校は正岡子規が最初に入った寺子屋式の小学校で、のちに智環学校と名前が変わる。かつては正岡家累代の墓があったが、昭和2年に正宗寺に移された(年末の除夜の鐘は自由に参加できる。その後、新春祈祷のおつとめにも参加可)。

  • 長建寺 [社寺・教会]

    松山市街

  • 長建寺
  • 伊予鉄道(路面電車)木屋町電停→徒歩10分

    加藤嘉明が築城の際、寺町をつくるため、旧城下の松前町から移した寺院。江戸時代後期につくられた庭園は風情豊か。秋の紅葉時の庭園は見応えがある。

  • 一草庵 [建物・史跡]

    松山市街

  • 一草庵
  • 伊予鉄道(路面電車)赤十字病院前電停→徒歩15分

    • 定番

    山口県生まれの自由律の俳人、種田山頭火の終の住処。山頭火の句にちなんだ樹木が植えられた庭には、4基の句碑が立つ。1年を通して庵の外観見学は自由。庵に隣接して新設された休憩所には、山頭火に関する資料を展示。

  • 子規堂 [建物・史跡]

    松山市街

  • 子規堂
  • 伊予鉄道松山市駅→徒歩5分

    • 定番

    正岡子規が17歳まで暮らした家を復元した記念堂。子規の菩提寺である正宗禅寺[しょうじゅうぜんじ]境内に立つ。直筆原稿や遺墨、遺品などの展示品から筆まめで鋭敏な子規の性格を感じとることができる。愛用の机や座布団もみもの。境内には子規埋髪塔や漱石が小説の中で「マッチ箱のような汽車」と評した通称坊っちゃん…

  • クチコミ平均評価 4.5点 (2件のクチコミ)
  • 番町小学校(子規旅たちの像) [建物・史跡]

    松山市街

  • 番町小学校(子規旅たちの像)
  • 伊予鉄道(路面電車)大街道電停→徒歩5分

    日本新派俳句最初の結社である「松風会」は当初、松山高等小学校の教員だけで構成されていた。同校跡地に立つ番町小学校校門付近にはゆかりの碑が立ち、子規旅たちの像がある。学校の敷地内にあることから、教育活動に支障のないよう見学をする必要がある。

  • 松山城 [建物・史跡]

    松山市街

  • 松山城
  • 伊予鉄道(路面電車)大街道電停→徒歩10分、ロープウェイで3分またはリフト(往復大人510円)で6分

    • 定番

    標高132mの勝山山頂に立つ松山城(史跡)は、大天守に複数の小天守が連結する連立式天守をもつ平山城[ひらやまじろ]。寛永4年(1627)に完成したとされる。乾櫓[いぬいやぐら]、野原櫓、隠門[かくれもん]など築城当時から残るものはすべて重要文化財に指定されている。安政元年(1854)に再建された天守…

  • クチコミ平均評価 4.3点 (11件のクチコミ)
  • 河東碧梧桐の句碑 [建物・史跡]

    松山市街

  • 河東碧梧桐の句碑
  • 伊予鉄道(路面電車)市役所前電停→徒歩すぐ

    「さくら活けた花屑の中から一枝拾ふ」 季題や定型にこだわらない句で、碧梧桐独特の書体で刻まれている。

  • 子規の句碑(JR松山駅) [建物・史跡]

    松山市街

  • 子規の句碑(JR松山駅)
  • JR松山駅→徒歩すぐ

    「春や昔十五万石の城下哉」は、小説にも登場する松山を象徴する正岡子規の句。明治28年(1895)日清戦争の従軍記者として戦地に赴く直前の句。

中国・四国>愛媛県の観光スポット
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
消費税率の変更等で、記載料金が実際の料金と異なることがありますので、予めご了承ください。