全国 夏のフルーツ狩り&野菜収穫スポット2018 TOPへ
  • 一発サーチ

  • 都道府県
  • 味覚
  • 特徴
  • 条件クリア
  • スポット検索

夏のフルーツ&野菜 品種図鑑

どのフルーツや野菜の味覚狩りをするか決めたら、それぞれの品種の特徴も知ってさらに味覚狩りを楽しもう! 旬の味覚カレンダーもチェックして、おでかけ時期を決める参考にしよう。

ワンポイントアドバイスを見る 気になる味覚名をクリック! 旬の味覚カレンダーを見る
  • さくらんぼ
  • 桃
  • メロン
  • ブルーベリー
  • スイカ
  • びわ
  • プラム(すもも)
  • 梅
  • トマト
  • 枝豆
  • とうもろこし
  • じゃがいも
  • 桃太郎(ももたろう)

    大玉トマトの中で最も有名な品種。重さは220g前後で、濃いピンク色。甘みと酸味の比率は絶妙だ。果肉とゼリー部分のバランスが良く、崩れにくいためサラダやパスタに向く。

    桃太郎(ももたろう)

    キャロルシリーズ

    ミニトマトの代表的シリーズ。形は球形で皮に光沢があり、重さは10〜20gほど。甘みが強く、コクがある。色は赤色のほか、黄色やだいだい色などがあり、お弁当の彩りにも最適だ。

    キャロルシリーズ

  • アイコ

    プラム形のミニトマト。果肉は厚く緻密で歯ごたえがいい。ゼリー部分は少なく、甘みが強いのが特徴。生で食べても加熱調理してもおいしい。黄色のイエローアイコもある。

    アイコ

    その他の品種

    その他、ファースト、フルティカ、千果、マイクロトマトなどの品種があります。

※旬の時期や品種についての説明は、農園により内容が異なる場合があります。

監修・画像提供:タキイ種苗株式会社 株式会社サカタのタネ トマトファーム

ワンポイントアドバイス

  •  Q 収穫時のチェックポイントは?

    全体が赤く色づき、丸くツルっとして重いものを選びたい。皮に張りとツヤがあり、ヘタが緑色でピンとしているものが良い。果頂部を見たときに、放射状の筋がたくさん出ているのが熟した証拠で、収穫時だ。

  • Q 日持ちは? 保存方法は?

    緑色の部分が残り、硬めで未熟なものは常温で保存し、追熟させよう。ヘタの付け根まで赤くなって完熟したら、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。ヘタを下にして重ならないようにして。4〜5日を目安に早めに食べよう。

旬の味覚カレンダー

それぞれの味覚名をクリックすると、そのフルーツや野菜が狩れるスポットのリストが見られるよ。

  5月 6月 7月 8月 9月 10月
上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬
さくらんぼさくらんぼ 6月上旬〜7月下旬
桃 7月上旬〜8月下旬
メロンメロン 6月上旬〜8月下旬
ブルーベリーブルーベリー 6月上旬〜8月下旬
スイカスイカ 7月上旬〜8月下旬
びわびわ 6月上旬〜6月下旬
プラムプラム 7月上旬〜8月下旬
梅 5月中旬〜7月下旬
トマトトマト 7月上旬〜10月下旬
枝豆枝豆 7月下旬〜9月上旬
とうもろこしとうもろこし 7月上旬〜9月上旬
じゃがいもじゃがいも 5月中旬〜8月下旬

ページTOPへ

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら