全国 夏のフルーツ狩り&野菜収穫スポット2018 TOPへ
  • 一発サーチ

  • 都道府県
  • 味覚
  • 特徴
  • 条件クリア
  • スポット検索

夏のフルーツ&野菜 品種図鑑

どのフルーツや野菜の味覚狩りをするか決めたら、それぞれの品種の特徴も知ってさらに味覚狩りを楽しもう! 旬の味覚カレンダーもチェックして、おでかけ時期を決める参考にしよう。

ワンポイントアドバイスを見る 気になる味覚名をクリック! 旬の味覚カレンダーを見る
  • さくらんぼ
  • 桃
  • メロン
  • ブルーベリー
  • スイカ
  • びわ
  • プラム(すもも)
  • 梅
  • トマト
  • 枝豆
  • とうもろこし
  • じゃがいも
  • 大房(おおぶさ)

    重さは80g前後と大きく丸く、濃いだいだい色の果皮が美しいビワ。甘みはやや少ないが、酸味も少なく、果汁は豊富で幅広い世代に人気の味だ。房州ビワを代表する品種。

    大房(おおぶさ)

    田中

    房州ビワの発展を支えた品種。釣り鐘形の果実は70〜80gほどと大きめ。果汁は多く、やや酸味があるが糖度が高く、甘みと酸味のバランスがとれている。光沢のある果皮が美しい。

    田中

  • 瑞穂(みずほ)

    重さが100g前後と大きい。果皮は光沢のない薄いだいだい色をしており、緑色の斑点がある。やわらかな果肉は、甘さは控えめで適度に酸味があり、さわやかな味だ。

    瑞穂(みずほ)

    その他の品種

    その他、茂木、土肥、房光、楠、福原、湯川、里見、長崎早生などの品種があります。

※旬の時期や品種についての説明は、農園により内容が異なる場合があります。

監修・画像提供:「道の駅」とみうら枇杷倶楽部

ワンポイントアドバイス

  •  Q 収穫時のチェックポイントは?

    全体が鮮やかに色づき、赤みがさしたものを選ぼう。過熟果は、ひび割れやそばかすが出るので流通しないが、甘みが強くなったもので産地だけで食べられる。果実は傷みやすいので、ヘタの部分をやさしく持って収穫しよう。

  • Q 日持ちは? 保存方法は?

    追熟せず長期間の保存もできないので、早めに味わいたい。常温で風通しのいい涼しいところなら5日間ほどもつ。傷みやすいので強く押さないこと。冷蔵庫で保存してもいいが、食べる2時間ほど前に常温に戻しておくのがおすすめ。

旬の味覚カレンダー

それぞれの味覚名をクリックすると、そのフルーツや野菜が狩れるスポットのリストが見られるよ。

  5月 6月 7月 8月 9月 10月
上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬
さくらんぼさくらんぼ 6月上旬〜7月下旬
桃 7月上旬〜8月下旬
メロンメロン 6月上旬〜8月下旬
ブルーベリーブルーベリー 6月上旬〜8月下旬
スイカスイカ 7月上旬〜8月下旬
びわびわ 6月上旬〜6月下旬
プラムプラム 7月上旬〜8月下旬
梅 5月中旬〜7月下旬
トマトトマト 7月上旬〜10月下旬
枝豆枝豆 7月下旬〜9月上旬
とうもろこしとうもろこし 7月上旬〜9月上旬
じゃがいもじゃがいも 5月中旬〜8月下旬
びわ狩りができる都道府県:

ページTOPへ

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら