全国 夏のフルーツ狩り&野菜収穫スポット2018 TOPへ
  • 一発サーチ

  • 都道府県
  • 味覚
  • 特徴
  • 条件クリア
  • スポット検索

夏のフルーツ&野菜 品種図鑑

どのフルーツや野菜の味覚狩りをするか決めたら、それぞれの品種の特徴も知ってさらに味覚狩りを楽しもう! 旬の味覚カレンダーもチェックして、おでかけ時期を決める参考にしよう。

ワンポイントアドバイスを見る 気になる味覚名をクリック! 旬の味覚カレンダーを見る
  • さくらんぼ
  • 桃
  • メロン
  • ブルーベリー
  • スイカ
  • びわ
  • プラム(すもも)
  • 梅
  • トマト
  • 枝豆
  • とうもろこし
  • じゃがいも
  • 大玉スイカ(おおだますいか)

    日本のスイカの主流。しま皮で果肉は赤く、甘みがあってシャリッとした食感だ。種は小さくて少ない。重さは6〜9kgほど。主なブランドは「祭ばやし」、「春のだんらん」など。

    大玉スイカ(おおだますいか)

    小玉スイカ(こだますいか)

    形や味は大玉スイカと変わらないが、重さが1.8〜2.5kgと小さく、冷蔵庫に入れやすい。皮が薄いので食べられる部分が多く、甘みも強い。主なブランドは「ひとりじめ」など。

    小玉スイカ(こだますいか)

  • 黄肉スイカ(きにくすいか)

    果肉の色が黄色のスイカ。かつては味が淡白だったが、最近は甘みも強く、シャリシャリの食感も楽しめ、見た目のインパクトもあって人気だ。別名クリームスイカともいう。

    黄肉スイカ(きにくすいか)

    その他の品種

    その他、黄皮スイカ、黒皮スイカ、種なしスイカ、ジャンボスイカなどの品種群があります。

※旬の時期や品種についての説明は、農園により内容が異なる場合があります。

監修・画像提供:株式会社萩原農場 有限会社あべ農園

ワンポイントアドバイス

  •  Q 収穫時のチェックポイントは?

    大きくて手に持ってずっしりと重いものを選ぼう。同じ大きさでも軽いものは良くない。しまがくっきりと色が濃いものがおすすめ。叩いて音で判断するのはプロでも難しく、今はすべてのスイカに収穫適期日の札が付けてあるので安心だ。

  • Q 日持ちは? 保存方法は?

    完熟した状態で収穫されて追熟せず、味が落ちるのが早いので、できるだけ早めに味わおう。丸ごとなら冷蔵庫に入れず、涼しい場所へ。カットした場合は、ラップして冷蔵庫の野菜室へ入れよう。冷やしすぎず10〜15度くらいで保存するのがベスト。

旬の味覚カレンダー

それぞれの味覚名をクリックすると、そのフルーツや野菜が狩れるスポットのリストが見られるよ。

  5月 6月 7月 8月 9月 10月
上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬
さくらんぼさくらんぼ 6月上旬〜7月下旬
桃 7月上旬〜8月下旬
メロンメロン 6月上旬〜8月下旬
ブルーベリーブルーベリー 6月上旬〜8月下旬
スイカスイカ 7月上旬〜8月下旬
びわびわ 6月上旬〜6月下旬
プラムプラム 7月上旬〜8月下旬
梅 5月中旬〜7月下旬
トマトトマト 7月上旬〜10月下旬
枝豆枝豆 7月下旬〜9月上旬
とうもろこしとうもろこし 7月上旬〜9月上旬
じゃがいもじゃがいも 5月中旬〜8月下旬
スイカ狩りができる都道府県:

ページTOPへ

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。