全国 夏のフルーツ狩り&野菜収穫スポット2018 TOPへ
  • 一発サーチ

  • 都道府県
  • 味覚
  • 特徴
  • 条件クリア
  • スポット検索

夏のフルーツ&野菜 品種図鑑

どのフルーツや野菜の味覚狩りをするか決めたら、それぞれの品種の特徴も知ってさらに味覚狩りを楽しもう! 旬の味覚カレンダーもチェックして、おでかけ時期を決める参考にしよう。

ワンポイントアドバイスを見る 気になる味覚名をクリック! 旬の味覚カレンダーを見る
  • さくらんぼ
  • 桃
  • メロン
  • ブルーベリー
  • スイカ
  • びわ
  • プラム(すもも)
  • 梅
  • トマト
  • 枝豆
  • とうもろこし
  • じゃがいも
  • マスクメロン(アールスメロン)

    メロンの王様とも呼ばれるアールス・フェボリット純系品種。温室の人工栽培床で育成し、とろける食感、強い甘み、たっぷりの果汁が楽しめる。静岡県の「クラウンメロン」が有名。

    マスクメロン(アールスメロン)

    アンデスメロン

    やや小ぶりで細かい網目模様が特徴。黄緑色の果肉は少し硬めで、味、香りともにマスクメロンに似ている。手頃な価格なので人気が高く、日本各地で栽培されている。

    アンデスメロン

  • タカミメロン

    糖度が16〜17度と甘みが強く、果汁も多い。表面の網目は高さがなく細かいのが特徴。緑色の果肉はややかためで、日持ちする。最近では赤い果肉もある。主な生産地は千葉県。

    タカミメロン

    ハネデュー

    輸入メロンの代表格。形は楕円形で網目はなく、表面はすべすべで淡い緑色。 薄緑色で果汁を多く含んだ果肉は、厚く食べごたえがある。 甘みが強いが、後味はさっぱり。

    ハネデュー

  • プリンスメロン

    網目模様がなく、つるっとした表面で、やや小ぶり。甘みも香りも強い。価格は手頃で、当たり外れが少ない。昭和37年に誕生し、一般家庭でも楽しめるメロンとして普及した。

    プリンスメロン

    その他の品種

    その他、ゆうかメロン、さやかメロン、夕張メロンなどの品種があります。

※旬の時期や品種についての説明は、農園により内容が異なる場合があります。

監修・画像提供:千葉県農林水産部生産販売振興課

ワンポイントアドバイス

  •  Q 収穫時のチェックポイントは?

    果皮の色づきが均一で、手に取ったときにずっしりと重みを感じるものを選ぼう。網目があるメロンなら、軸の切り口のすぐ下から網目が同心円状に回っているものがおいしい。網1本1本の盛り上がりが高いほうが良品だ。

  • Q 日持ちは? 保存方法は?

    完熟していない場合は、追熟させるため常温保存し、食べる2〜3時間前に冷蔵庫で冷やしておこう。香りが強く、お尻の部分に弾力を感じたら食べごろだ。完熟したら、冷蔵庫に入れ2〜3日以内に食べきるようにしよう。

旬の味覚カレンダー

それぞれの味覚名をクリックすると、そのフルーツや野菜が狩れるスポットのリストが見られるよ。

  5月 6月 7月 8月 9月 10月
上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬
さくらんぼさくらんぼ 6月上旬〜7月下旬
桃 7月上旬〜8月下旬
メロンメロン 6月上旬〜8月下旬
ブルーベリーブルーベリー 6月上旬〜8月下旬
スイカスイカ 7月上旬〜8月下旬
びわびわ 6月上旬〜6月下旬
プラムプラム 7月上旬〜8月下旬
梅 5月中旬〜7月下旬
トマトトマト 7月上旬〜10月下旬
枝豆枝豆 7月下旬〜9月上旬
とうもろこしとうもろこし 7月上旬〜9月上旬
じゃがいもじゃがいも 5月中旬〜8月下旬
メロン狩りができる都道府県:

ページTOPへ

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。