全国 夏のフルーツ狩り&野菜収穫スポット2018 TOPへ
  • 一発サーチ

  • 都道府県
  • 味覚
  • 特徴
  • 条件クリア
  • スポット検索

夏のフルーツ&野菜 品種図鑑

どのフルーツや野菜の味覚狩りをするか決めたら、それぞれの品種の特徴も知ってさらに味覚狩りを楽しもう! 旬の味覚カレンダーもチェックして、おでかけ時期を決める参考にしよう。

ワンポイントアドバイスを見る 気になる味覚名をクリック! 旬の味覚カレンダーを見る
  • さくらんぼ
  • 桃
  • メロン
  • ブルーベリー
  • スイカ
  • びわ
  • プラム(すもも)
  • 梅
  • トマト
  • 枝豆
  • とうもろこし
  • じゃがいも
  • 南高(なんこう)

    果皮は緑色で、完熟すると黄色に紅色が色づく。粒は25〜35gと大きめで、皮がやわらかく果肉が多いため、そのままの味を楽しむ梅干しや、梅酒に向く。主な生産地は和歌山県。

    南高(なんこう)

    白加賀(しらかが)

    果皮は淡い黄緑色で、成熟すると光沢がでてくる。粒は25〜30gと小さめ。果肉は繊維が少なく緻密で厚く、果汁が多いため、梅干しや梅酒、梅シロップに加工しやすい。主な生産地は群馬県。

    白加賀(しらかが)

  • 豊後(ぶんご)

    八重咲きの薄紅色の花を咲かせる美しい梅。粒は30〜40gと大きく、種は小さく、果肉の割合が多い。酸味は少なく、梅酒などの加工に向く。生産量は少なめ。主な生産地は青森県。

    豊後(ぶんご)

    その他の品種

    その他、古城、鶯宿、十郎、紅さし、竜峡小梅、甲州小梅などの品種があります。

※旬の時期や品種についての説明は、農園により内容が異なる場合があります。

監修・画像提供:和歌山県みなべ町うめ課 ぐんまアグリネット 達者村農業観光振興会

ワンポイントアドバイス

  •  Q 収穫時のチェックポイントは?

    粒が揃い、香りが良く、傷や斑点がないものを選ぼう。加工の用途によって、収穫のタイミングは異なる。梅酒や梅シロップなら青いものから黄色みを帯びたもの、梅干しやジャムなら、黄色みを帯びたものから完熟のものを。

  • Q 日持ちは? 保存方法は?

    梅干しや梅酒、シロップ、ジャムなどの保存方法がある。梅干しは、冷蔵で6カ月ほどもつ(長期間保存するなら塩分濃度を18%以上に)。梅酒も長く保存できるが、濁りが出ることも。シロップは1年、ジャムは2〜3カ月ほど冷蔵保存できる。

旬の味覚カレンダー

それぞれの味覚名をクリックすると、そのフルーツや野菜が狩れるスポットのリストが見られるよ。

  5月 6月 7月 8月 9月 10月
上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬
さくらんぼさくらんぼ 6月上旬〜7月下旬
桃 7月上旬〜8月下旬
メロンメロン 6月上旬〜8月下旬
ブルーベリーブルーベリー 6月上旬〜8月下旬
スイカスイカ 7月上旬〜8月下旬
びわびわ 6月上旬〜6月下旬
プラムプラム 7月上旬〜8月下旬
梅 5月中旬〜7月下旬
トマトトマト 7月上旬〜10月下旬
枝豆枝豆 7月下旬〜9月上旬
とうもろこしとうもろこし 7月上旬〜9月上旬
じゃがいもじゃがいも 5月中旬〜8月下旬

ページTOPへ

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。