【京都府】宮津市

宮津燈籠流し花火大会

みやづとうろうながしはなびたいかい

  • 有料席

    あり

  • 尺玉

    あり

今から400年程前、城下の人々が盆の精霊送りとして海へ燈籠を流した事が始まりと言われている。鉄道が開通した大正13年(1924)から花火を打ち上げたのが今日まで続いている。初盆の家から流される精霊船を囲むように1万有余の燈籠が流され始めた後、五彩七彩の花火が大空にはじけ、海と空が一体となる海上スターマインでクライマックスを迎える。また、陸では宮津おどりが、ゆく夏を惜しむかのように繰り広げられる。公共交通機関を利用のこと。

開催概要

開催日時

2017年8月16日(水)※小雨決行、荒天時中止

19時30分〜20時30分

主会場

島崎公園沖の宮津湾

打ち上げ位置を確認!

雨天時

小雨決行、荒天時中止
宮津燈籠流し花火大会

宮津燈籠流し花火大会の大会情報詳細

入場料金
花火会場入場料金:無料
有料席
あり
大人(中学生以上)2000円、小学生1000円、小学生未満無料、団体席のみ5名以上20名未満相席、20名以上単独席
打ち上げ数
約3000発
最大号数
10号玉
花火の種類
斜めスターマイン
昨年の人出
約7万3000人
トイレの数
6カ所

基本DATA

住所
京都府宮津市島崎
公共交通
京都丹後鉄道宮津駅→徒歩10分
京都縦貫道宮津天橋立ICから府道綾部・大江・宮津線経由10分
駐車場
あり/2000台。駐車料金は未定。要問合せ
交通規制
あり/17時30分〜21時30分(2016年実績)
問合せ先
0772-22-5131/宮津商工会議所

※掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、おでかけ前にご確認ください。

こちらもチェック!周辺の花火大会

もっと夏・花火を楽しむ

厳選!日本の夏祭り2018

歴史ある日本の夏祭りのなかから規模が大きく、人気のお祭りをピックアップ!

花火大会観賞術

混雑もへっちゃら!もっと花火大会を快適に過ごすコツをマンガ付きで紹介。

スマホで花火撮影

コツをおさえれば、スマホでもブレない!自慢できる花火写真を撮ろう♪

2018年花火大会関連ニュース

花火大会の開催情報や、珍しい花火大会の紹介など、花火関連のニュースを配信。全国の旬な花火ネタをチェックしておでかけしよう!

- るるぶ&moreでチェック -

人気花火大会ランキング2018

アクセス数の高かった人気の花火大会をエリアごとにチェック!

花火の種類別おすすめ花火大会

人気の花火の種類ごとに、おすすめ花火大会の10選をご紹介

「宮津燈籠流し花火大会」周辺のおでかけ情報

花火観賞してから周辺の宿に宿泊。翌日は周辺を観光して、もっと楽しい夏を過ごそう!

文珠荘松露亭

文珠荘松露亭

料金(大人1名)
29,160円 〜 97,200円

玄妙庵

玄妙庵

料金(大人1名)
35,200円 〜 129,600円

茶六別館

茶六別館

料金(大人1名)
10,800円 〜 999,999円

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら