【東京都】足立区

第40回足立の花火

だいよんじっかいあだちのはなび

  • 有料席

    あり

  • 尺玉

    なし

東京で夏に行なわれる花火のうち、最も早く開催される。約1万3600発を1時間で打ち上げ。高密度に凝縮された迫力ある花火である。また、河川敷が会場なので、土手の斜面などに座って観覧できる。特に、西新井側の河川敷は広いので、千住側よりゆったりと花火を鑑賞することができる。

開催概要

開催日時

2018年7月21日(土)※荒天の場合は中止

19時30分〜20時30分

主会場

荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋から西新井橋間)

打ち上げ位置を確認!

雨天時

荒天の場合は中止
第40回足立の花火

第40回足立の花火の大会情報詳細

入場料金
花火会場入場料金:無料
有料席
あり
シングルシート1席5000円、ベンチ(3人席)1万2000円、テーブル(4人席)1万8000円
6月23日(土)10時〜販売
打ち上げ数
約1万3600発
最大号数
4号玉
花火の種類
打上花火、スターマイン、小型煙火、仕掛花火(ナイアガラ等)
昨年の人出
66万人
トイレの数
約300基(仮設)、常設4カ所(水洗でない和式)※車椅子観覧エリアには仮設の車椅子用トイレ設置(予定)

基本DATA

住所
東京都足立区千住大川町先
公共交通
JR北千住駅・東京メトロ北千住駅・東武北千住駅・つくばエクスプレス北千住駅→徒歩15分 。または東武小菅駅・五反野駅・梅島駅→徒歩15分。または都営足立小台駅→徒歩25分
交通規制
あり/会場周辺で交通規制あり
問合せ先
03-3880-0039/お問い合わせコールあだち

※掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、おでかけ前にご確認ください。

こちらもチェック!周辺の花火大会

もっと夏・花火を楽しむ

厳選!日本の夏祭り2018

歴史ある日本の夏祭りのなかから規模が大きく、人気のお祭りをピックアップ!

花火大会観賞術

混雑もへっちゃら!もっと花火大会を快適に過ごすコツをマンガ付きで紹介。

スマホで花火撮影

コツをおさえれば、スマホでもブレない!自慢できる花火写真を撮ろう♪

2018年花火大会関連ニュース

花火大会の開催情報や、珍しい花火大会の紹介など、花火関連のニュースを配信。全国の旬な花火ネタをチェックしておでかけしよう!

- るるぶ&moreでチェック -

人気花火大会ランキング2018

アクセス数の高かった人気の花火大会をエリアごとにチェック!

花火の種類別おすすめ花火大会

人気の花火の種類ごとに、おすすめ花火大会の10選をご紹介

「第40回足立の花火」周辺のおでかけ情報

花火観賞してから周辺の宿に宿泊。翌日は周辺を観光して、もっと楽しい夏を過ごそう!

ホテルラングウッド

ホテルラングウッド

料金(大人1名)
4,450円 〜 50,000円

アーバイン東京・上野 北千住

アーバイン東京・上野 北千住

料金(大人1名)
3,060円 〜 14,600円

ときわホテル

ときわホテル

料金(大人1名)
5,000円 〜 8,880円

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら