花火は綺麗なんだけど、暑いし混雑するし、大変でもうヤダ…なんて記憶ありませんか?花火大会をもっと快適に過ごすコツをシーンごとにご紹介。
どれも簡単準備でOKだから、早速今年の花火大会で実践しよう♪

待ち合わせ編〜スマホ頼みは迷子のもと〜

待ち合わせ編〜スマホ頼みは迷子のもと〜

集合場所は事前に詳細まで決めておこう。○○駅××改札の△コンビニの看板の前、とかね。会場ではぐれた場合の待ち合わせ場所も決めておけば安心。

ホームページやFB、TWなどのSNSを駆使して、事前に打ち上げ時間や混雑状況も調べておけば、当日会場でアタフタする心配もなし!

会場編@〜ビールとトイレは先読みがだいじ〜

会場編@〜ビールとトイレは先読みがだいじ〜

財布にお札しかなかったら、予めくずして小銭を作っておくのが賢い。混雑する場所で落としたり、すられたりしても、あわてないよう、財布を二つに分けておけば、なお賢い。

お手洗いの場所は、会場に付いたときから目を光らせて要チェック!早め早めを心がければ急な事態も避けられるね。

会場編A〜席が取れても油断大敵待ち時間〜

特に河原で鑑賞する場合、虫よけスプレーは重要。虫に気を取られているすきに、花火が終わってた…なんてことのないように!

それから、暑さ対策も必須。折角の花火大会も熱中症になったら台無しだからね。風流にうちわや扇子をもっていくのがおすすめ。帽子でもOK。水分補給もしっかりね。

会場編B〜コツさえつかめばブレ知らず〜

会場編B〜コツさえつかめばブレ知らず〜

近頃、高解像度になっているスマホカメラ。でもやっぱり、暗闇で動く花火の撮影は難しいですよね。
綺麗に撮るコツをこちらで紹介しています。
→スマホで花火撮影♪

帰り道編〜チャージ残高が運命の分かれ道〜

帰り道編〜チャージ残高が運命の分かれ道〜

最寄りの駅で待ち続けるより、一駅隣の駅まで歩いてから乗った方が、早いことも。花火の余韻に浸りつつ散歩なんてロマンチック。

事前に、帰りの交通費分をチャージするか、切符を買っておこう。

あとっ!下駄を履くときは、バンソウコウも忘れずに。

素敵な花火の思い出を作ってね!
みんなどうだったかな?知っているようで知らない花火大会観賞のコツ。
これで大混雑の花火大会もスムーズに過ごせるはず!

小銭や虫よけスプレー、バンソウコウのほかにも、ウエットティッシュやごみ袋があると便利。
保冷バッグに冷たいドリンクを入れていけば、並ばずに手に入るし熱中症対策にもなるのでオススメ♪

それから、車で行ったり、過度の場所取り、ゴミのポイ捨てはNG。
綺麗な花火を見上げた後、足元を見降ろしたらゴミだらけ…なんてことは避けたいですよね。

最後にひとつ。夏の思い出は本当に儚い!
だから、この花火大会の思い出は書き留めておこう。
イベント詳細からはクチコミが出来るよ。→クチコミはコチラ
特集に掲載されていない花火大会は日記に書こう♪→日記はコチラ

素敵な花火の思い出を作ってね!
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。