• 九州の交通
  • 九州の観光
  • 関連サイト

観光イチオシニュース

必勝!合格祈願ノ旅球磨村の一勝地(イッショウチ)は縁起の良い地名として知られています。地に足をつけて、まず一勝を。平成28年11月1日〜平成29年3月5日の期間中には、多くの人が記念入場券を買い求めてJR肥薩線の「一勝地駅」に訪れます。他にも、球磨焼酎一勝地、一勝地阿蘇神社、一勝地温泉かわせみなど、地名にこだわった縁起物がたくさんあります。合格祈願や勝負にこだわりたいあなた、『必勝合格祈願ノ旅』に是非お出かけください。

仕掛けがいっぱいで、謎解きをしながら楽しめます!仕掛けがいっぱいで、謎解きをしながら楽しめます!

昭和の町に“昭和の路地裏迷路”が1月15日オープン!豊後高田市にある「昭和の町」の中に新たな観光スポットとして「なぞをとけ!昭和の路地裏迷路」が新しくオープンします。この迷路は、昭和の時代の路地裏のイメージをもとに設計され、迷路内は、開くドア、開かないドアなどの仕掛けやクイズなどもあります。大人から子どもまで世代を問わず楽しめる迷路となっています。
【場所】豊後高田市中央通691番地 昭和の町展示館裏
【問合せ】豊後高田市観光まちづくり株式会社 0978-23-1860

300年以上受け継がれる「日田祇園の曳山行事」300年以上受け継がれる「日田祇園の曳山行事」

日田祇園の曳山行事がユネスコ無形文化遺産に登録!300年以上もの歴史を誇る、夏の伝統行事「日田祇園祭(重要無形民俗文化財)」。その「日田祇園の曳山行事」を含めた18府県33件の祭りで構成される「山・鉾・屋台行事 」が”日本の地域文化の多様性を示している”として国連教育科学文化機関(ユネスコ)が定める「無形文化遺産」に登録されました。日田祇園山鉾会館では、日田祇園祭で巡行する山鉾や見送り、水引等が展示されていますので、この機会にぜひお越しください。

国東半島を巡って、幸運グッズをゲットしよう♪国東半島を巡って、幸運グッズをゲットしよう♪

恋叶×開運「恋・運 周遊ラリー」実施中!大分県内屈指のパワースポット、豊後高田市の恋叶ロードと国東市の開運ロードを巡るスタンプラリーを実施中! スタンプの数に応じて、文殊仙寺(もんじゅせんじ)で祈願した「盛り塩」や、自分の干支を表す守護梵字をパワーストーンにあしらった「満願ペンダント」など、幸運の祈念グッズがもらえます。国東半島を満喫しながら、グッズも幸運もゲットしませんか?
【実施期間】平成28年11月5日〜平成29年2月14日

竹田式湯治パスポートで、保健適用と特典を受けられます竹田式湯治パスポートで、保健適用と特典を受けられます

日本初の温泉療養保健システム「竹田式湯治」体験しませんか?〜歩いて、温泉浴して、食べて、笑う〜この日常の何気ない行動が自然治癒力を引き出し、免疫力を高めることが科学的に明らかにされています。竹田式湯治はこのことに着目した現代版湯治です。竹田式湯治パスポートをお持ちいただくと、竹田市内に延べ3泊以上宿泊したお客様を対象に竹田市独自の保健が適用になり、しかも食事や体験等の特典も受けることができます。竹田市の豊かな自然と文化を体感し元気な心と体を作りましょう!

雲仙灯りの花ぼうろ雲仙灯りの花ぼうろ

冬の九州・灯りとイルミネーション他の季節と比べ、おでかけする機会が減ってしまうこの季節。しかし冬の九州ではこの時期しか楽しめないイベントが多数開催されています。この冬行われるイベントのスケジュールをチェックして、パートナーやお友達、ご家族と、ぜひ出かけてみよう。

福岡柳川の雛(さげもん)福岡柳川の雛(さげもん)

九州の「ひな祭り」で歴史・文化に触れよう春の九州の風物詩といえば、各地で開催される「ひな祭り」。江戸時代の頃から受け継がれてきた「ひな人形」は、地域が置かれていた状況に影響を受けており、少しずつ風習が異なります。「ひな人形」を通じてその土地の歴史・文化に触れる旅に出かけませんか。開催時期は1月〜4月頃まで長期で開催している場所もあるので、今から計画を立ててみるのも良いかもしれません。

朝霧につつまれる金鱗湖朝霧につつまれる金鱗湖

湯布院を代表する観光スポットの一つ「金鱗湖」湯布院の自然豊かな場所にある金鱗湖(きんりんこ)は、1884年に儒学者の毛利空桑(もうりくうそう)が、湖の魚の鱗が夕日に輝くのを見て「金鱗湖」と名付けたと伝えられています。
秋から冬の早朝に見られる朝霧はとりわけ美しく、霧の正体は温泉を含んだ湖水が蒸気したものと言われています。湖の周りには散策路が整備されており、澄んだ湖面からは魚や水鳥が泳ぐ姿を眺めることができます。また、紅葉スポットとしても知られています。

日奈久温泉湯治の町として昔から人びとの心と体を癒してきた日奈久(ひなぐ)温泉。泉質は、体に優しい弱アルカリ単純泉。やわらかいお湯とかすかな硫黄の香り、黄色く色づいた湯口が名湯の証です。冬場は晩白柚が湯船に浮かび、女性客にもとても人気です。立ち寄り湯はもちろん、なつかしの木造旅館で鮮魚を堪能し、湯治の町・日奈久を散策しましょう。日奈久温泉最寄りの肥薩おれんじ鉄道日奈久温泉駅へは、JR八代駅から約15分です。

阿蘇の雲海大分県湯布院の水分峠から阿蘇の一の宮町を結ぶやまなみハイウェイ沿いにある城山展望所は、阿蘇市からやまなみハイウェイに入ってすぐにあります。運が良ければ雲海を見ることもできます。
とくに上空に雲のない日、ふわふわとした雲海に浮かぶ五岳の姿は、まるで水墨画のようです。ハイシーズンでも条件によっては発生しない日もありますが、代わりに美しい日の出を楽しめるので、早起きも決して無駄にはならないです。
※この写真は城山展望所から撮影したものです。

『がんばるばい!くまもとお菓子BOX』発売中JTB九州が熊本県内のお菓子メーカーの協力を得て、『がんばるばい!くまもとお菓子BOX』を共同開発しました。くまもんオリジナルパッケージのBOXの中に熊本の銘菓5種類とオリジナルくまもんシールが入っています。売上の一部は観光地復興のため熊本県に義援金として寄付されます。

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。