特集 【広告企画】

日本ワイン発祥の地 温泉・お酒・グルメを楽しむ大人旅 冬も甲府へ行こう!

澄んだ空気のなかで見る富士山をバックにした甲府盆地の夜景、秋に解禁され飲み頃を迎える甲州ワイン、いよいよシーズンのいちご狩り、そしてあったかい温泉。冬だからこそ行きたい魅力が甲府にはいっぱい。また、「るるぶトラベル」や「PassMe!(パスミー!)」を活用すれば、お得に旅行ができます!

「ワインの街 甲府」ワインスポットランキング

ぶどうの名産地である山梨県だが、県内でも甲府は明治3年頃からぶどう酒の醸造を行ったという記録が残っている「日本ワイン」発祥の地。歴史深いワイナリーが点在する産地であるとともに甲州ワインが飲める飲食店が数多く集まる。そんな「ワイン街 甲府」のおすすめスポットをランキング形式でご紹介!

  • SADOYA

    1位SADOYA

    100年を超える伝統が今に息づく、甲府を代表する老舗ワイナリー。かわいらしい建物はまるで南欧に旅行に来たような気分にさせてくれる。有料の見学ツアーに参加すれば、幻想的な光に彩られた地下のセラーで、異世界に迷い込んだような不思議な雰囲気を味わえる。貯蔵用タンク内部に設けられた展示室では、ブドウ絞り器や昔ワイン醸造に使われていた道具も見学が可能。見学者は無料で3種類のワインを試飲することもできる。甲府駅から徒歩5分というアクセスの良さも魅力の一つ。

  • 2位シャトー酒折ワイナリー

    シャトー酒折ワイナリー
    スタッフのガイド付き工場見学(所要約20分)が人気。ワイナリー内の売店では、ワインのほか梅酒なども販売している。イチオシは、G7伊勢志摩サミットでも供されたすっきり辛口の甲州ドライ。
    →詳細を見る
  • 3位ドメーヌ・久

    ドメーヌ・久
    国内最大級の栽培本数を誇るピノ・ノワール畑があるワイナリー。栽培が難しいとされるピノ・ノワールのワインを完全自社栽培で販売しているほか、多くのオリジナルワインも手掛けている。
  • 4位Barolo

    Barolo
    イタリア産ワインを豊富に揃える落ち着いた雰囲気のレストラン。ピザやパスタなどの料理に合うワインを選んでくれる。甲府駅からも近く、気軽に立ち寄れるのも嬉しい。
  • 5位レストラン&パブ 葡萄屋

    レストラン&パブ 葡萄屋
    煮込み料理やコロッケ、ナポリタンなど昔ながらの洋食メニューとともに、肩ひじ張らずにワインを楽しめる。山梨県産を中心とした約40種のワインは、ボトル注文が基本。
  • 6位BISTRO
    MAISON DE
    ROUGE

    BISTRO MAISON DE ROUGE
    ワインソムリエでもあるオーナーが、地場の食材を使った料理とワインのマリアージュを提案してくれる。旬の食材を多彩にアレンジした料理を、相性ぴったりのワインとともに楽しみたい。
  • 7位山梨県立美術館
    内レストラン
    Art Archives

    山梨県立美術館 内レストラン Art Archives
    山梨県立美術館内にある開放感のあるレストラン。ランチではふわふわ卵のオムライスや、パスタなどを頂け、ワインも様々揃っている。入館しなくても利用OKなのがうれしい。
    →詳細を見る
  • 8位葡萄屋 kofu

    葡萄屋 kofu
    レーズンサンドや、ワイン用ブドウ100%の無添加無加糖のブドウジュースが自慢のブドウ加工専門店。甲府市のお墨付き、「甲府之証(こうふのあかし)」ブランドにも認定されている。
    →詳細を見る
  • 9位お肉料理佐渡屋

    お肉料理佐渡屋
    上質の肉にこだわり、納得した肉だけを仕入れる主人が営む。焼肉、しゃぶしゃぶ、すき焼きなどで国内最高級ランクの霜降り肉を堪能できる。肉に合うよう、甲州産ワインから世界の銘醸ワインまで豊富に用意。
    →詳細を見る
  • 10位甲州ワイン蔵

    甲州ワイン蔵
    山梨県産のワインや地酒、酒器などを販売。ブドウが描かれた山梨ならではのワイングラスや、伝統の刺し子模様とモダンなデザインが融合した切子グラスは、山梨のお酒を飲むのにぴったり。

ワイン+αで楽しみたい!甲府のご当地グルメ

甲府ならではのご当地グルメの名店にもワインが楽しめる店が多い。せっかくならワインと一緒に味わってみよう。新鮮な組み合わせにハマるかも!

  • ほうとう

    古くから山梨県の家庭で食べられきた郷土食。幅が広い生麺を、カボチャなどの野菜とともに味噌仕立てのスープで煮込んだ料理で、トロッとした口当たりはクセになる!

    • 奈良田本店

      奈良田本店

      甲府の山と食材に精通した主人が営む食事処。地元の珍しい食材を使った郷土料理をはじめ、多彩なメニューが揃う。国産小麦粉で作る自家製麺と、甲州味噌を使ったほうとうは必食。

    • 小作甲府駅前店

      小作甲府駅前店

      民芸品や古い民具などが飾られ、素朴な雰囲気の座敷で自慢のほうとうを食べられる郷土料理店。定番のかぼちゃほうとうのほか、豚肉入りほうとうなど種類も多い。県内外に10の支店がある。

      →詳細を見る
  • 甲府鳥もつ煮

    昭和25年(1950)頃、それまで捨てられてきた鳥もつを活用し、おいしい料理にできないかと甲府で考案されたものが発祥。2010年に開催されたご当地グルメのコンテストでも優勝経験あり!

    • 奥藤本店国母店

      奥藤本店国母店

      甲府鳥もつ煮発祥の店といわれる、創業100年を超す老舗。4代目を筆頭とする職人たちが腕をふるう。甲州富士桜ポーク、信玄鶏など地元の食材を使ったメニューも豊富。

      →詳細を見る
    • 生そばきり

      生そば きり

      甲府駅の北口にあるそば処。夜は日本酒などとともに、鳥もつ煮やそばなどを楽しめる。鳥もつ煮の自慢の自家製タレは、継ぎ足しを繰り返すことで深みのある味を生み出しており、もつの食感を引き立てる。

      →詳細を見る

“冬のおすすめスポット

甲府の魅力は、紅葉の昇仙峡や新緑の初夏だけじゃない! 季節を問わずに楽しめる魅力や、冬にしか見られない絶景、美味がたくさん。数ある魅力を、選びに選んでご紹介!

  • 御岳 昇仙峡

    冬もまた絶景!日本一の渓谷美 御岳 昇仙峡

    国の特別名勝地にも指定され、全国観光地百選 渓谷の部で第1位、平成百計で富士山に次ぐ第2位に選ばれるなどその美しさは日本屈指。新緑や紅葉の美しさで有名だが、冬景色もまた美しい。特に時折見せる雪化粧や凍りついた大滝などは筆舌に尽くしがたい姿でまるで水墨画のような世界。

    住所
    山梨県甲府市
    →詳細を見る
  • ジュエリー体験

    世界に誇る磨き抜かれた宝飾の街 ジュエリー体験

    江戸時代に良質な水晶が産出され、「宝石の街」として栄えた甲府。水晶を研磨する技術は他を圧倒し、水晶に限らず宝石の加工や流通が盛んになったことで、今や国内屈指のジュエリー出荷量を誇るまでになった。市内には、職人による研磨や加工の実演が見られるミュージアムや、オリジナルジュエリーを販売するショップも多い。

  • イチゴ狩り

    県下最大級の“イチゴの里”で赤い宝石を堪能! イチゴ狩り

    甲府市南部の小曲町は県下最大規模の“イチゴの里”。1〜5月には、市内のイチゴ農園でイチゴ狩りを楽しむことができる。それぞれの農家が独自の栽培方法にこだわっており、味も品種も多様。日本有数の日照時間に育まれた、甲府の「赤い宝石」、美味しいイチゴを堪能しよう。

  • 湯村温泉

    開湯1200年、信玄も愛した歴史ある名湯 湯村温泉

    JR甲府駅から北西へ約4km、昇仙峡へ向かう途中の湯村山麓に湧く。弘法大師が開湯し、武田信玄が負傷兵を治療したと伝わる歴史ある温泉だ。また、太宰治や井伏鱒二などの文豪に愛された湯でもある。温泉街は、幅広いタイプの宿泊施設を備えている。

    住所
    山梨県甲府市湯村
    →詳細を見る
  • 金櫻神社

    御神宝として水晶が祭られている 金櫻神社

    昇仙峡の奥にある金峰山をご神体とする神社。ご神木の「鬱金の櫻[うこんのさくら]」は、4月下旬から5月上旬にかけて淡い黄金色を帯びた花を咲かせることで有名。御神宝の水晶「火の玉・水の玉」は、この地で発掘され、磨き出されたもの。金運にご利益のある神社としても知られている。

    住所
    山梨県甲府市御岳町2347
    →詳細を見る

“甲斐の虎” 信玄公ゆかりの地

2019年に「こうふ開府500年」、2021年に「信玄公生誕500年」を迎える甲府市。戦国の世に名を馳せ、今なお甲州のヒーローとして愛される武田信玄公ゆかりのスポットを、この機会にぜひ訪れてみてはいかが。

  • 甲府の町を見守る威風堂々とした銅像 武田信玄公像

    甲府の町を見守る威風堂々とした銅像 武田信玄公像

    JR甲府駅南口駅前に鎮座する信玄公の座像。昭和44年(1969)に完成、昭和60年(1985)に駅ビル西側の現在の場所へ移設された。御影石の台座も含めた像の高さは6.2m、重さは5tもあり、堂々の風格。記念撮影スポットとして人気。

    住所 山梨県甲府市丸の内1

    →詳細を見る
  • 信玄公を祭る甲斐國総鎮護 武田神社

    信玄公を祭る甲斐國総鎮護 武田神社

    信虎・信玄・勝頼の武田家3代が60余年にわたって居住した躑躅ケ崎館[つつじがさきやかた]跡(国指定史跡)に鎮座し、ご祭神武田信玄公を祀っている。境内には、名水「姫の井戸」や奇木「三葉の松」、「武田水琴窟」などみどころが多数あり、中でも「宝物殿」は名刀吉岡一文字(重要文化財)をはじめ、信玄公肖像画や武田家ゆかりの品々が多数展示され必見である。

    住所 山梨県甲府市古府中町2611

    →詳細を見る
  • 信玄公が眠る静かな墓所 武田信玄火葬塚

    信玄公が眠る静かな墓所 武田信玄火葬塚

    信玄は元亀4年(1573)に病死し、その遺体は重臣の土屋昌続邸で荼毘に付された。また遺言により、信玄の死は3年間秘匿された。火葬塚は後年、武田家の旧臣たちによって、この地に建てられたもの。

    住所 山梨県甲府市岩窪町220-4

  • 信玄公によって建てられた第二の善光寺 甲斐善光寺

    信玄公によって建てられた第二の善光寺 甲斐善光寺

    武田信玄が永禄元年(1558)に川中島の合戦で長野の善光寺の焼失を怖れ、本尊以下諸仏寺宝類を移したのが始まり。境内には多くの木造建築物が立っているが、特に江戸時代に再建された撞木造[しゅもくづくり]の高さ27mもある金堂(重要文化財)と、朱塗りの山門(重要文化財)は必見。

    住所 山梨県甲府市善光寺3-36-1

    →詳細を見る
  • ひと足のばして訪れたい 恵林寺

    ひと足のばして訪れたい 恵林寺

    武田信玄の菩提寺。夢窓国師[むそうこくし]が元徳2年(1330)に開山した古刹。樹木の茂る境内は広く、豪壮な本堂や参道の重要文化財である赤門(四脚門)のほか、宝物館などもある。本堂裏手の池泉回遊式庭園(名勝)も有名で、上段は枯山水、下段は心字池と築山の2段構えの美しさを見せている。本堂の左手奥に立つ多層塔が信玄の墓だ。

    住所 山梨県甲州市塩山小屋敷2280

    →詳細を見る
地図で見る
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。