• 特集
  • 【広告企画】
次のお休みはここに行きたい! 春は加賀の國へ topへ

今すぐ行きたくなる観光情報満載! 加賀の國を遊びつくそう!!

今すぐ旅館&ホテルを探す
  • 1 白山開山1300年 白山の豊かな恵み
  • 2 ほっこりリラックス 加賀温泉郷と白山温泉郷
  • 3 日本海と白山が育んだ加賀グルメ
  • 4 ものづくりの奥深さに触れる 伝統工芸と個性派ミュージアム

白山の恵みを受ければ、身も心もパワーアップ!

開山1300年白山の豊かな恵み

平成29年に開山1300年を迎える白山。日本三名山に数えられ、白く美しい稜線が気高さを感じさせる。木場潟や柴山潟、手取川など、さまざまな眺望スポットも見逃せない。

白山比咩神社(白山市)

白山比咩神社(白山市)しらやまひめじんじゃ

全国3000社余の総本宮で縁結び祈願を

白山をご神体と仰ぐ全国白山神社の総本宮。祭神の菊理媛神が、国生みの夫婦神である伊弉諾尊と伊弉冉尊の諍いを仲裁した女神であることから、縁結びの社としても人気。「恋のしらやまさん」きっぷを使えば、特別な恋文奉納などが楽しめる。

  • 問合せ先
  • TEL:076-272-0680
  • 住所:
  • 白山市三宮町ニ105-1
  • 交通:
  • 北陸鉄道鶴来駅から車で5分
  • 料金:
  • 参拝自由(宝物館は入館300円、時間:9時〜16時 休:12〜3月)
  • 駐車場:
  • 500台
恋のしらやまさんきっぷでレトロ散歩! 詳しくは公式サイトへ
  • 詳しくは公式サイトへ
  • るるぶ.com 国内ガイドへ
那谷寺 (小松市)

那谷寺 (小松市)なたでら

美しい岩山と四季の草花が織りなす絶景

養老元年(717)、白山を開いた泰澄大師が開創。本殿の岩窟内を1周すると「胎内くぐり」として心身共に生まれ変わるとされている。新緑、苔、紅葉の美しさで知られ、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン一つ星にも認定された。松尾芭蕉が「石山の石より白し秋の風」と詠んだ。

  • 問合せ先
  • TEL:076-65-2111
  • 住所:
  • 小松市那谷町ユ122
  • 交通:
  • JR加賀温泉駅からキャンバス山まわり線那谷寺下車すぐ
  • 料金:
  • 一般拝観600円
  • 時間:
  • 8時30分〜16時45分(12〜2月は8時45分〜16時30分)無休
  • 駐車場:
  • 300台
  • 詳しくは公式サイトへ
  • るるぶ.com 国内ガイドへ

個性豊かな温泉でほっこりリラックス!

歴史と文化に彩られた加賀温泉郷・辰口温泉

雄大な自然に囲まれた白山温泉郷

加賀の國には大小さまざまな温泉が点在。
山代、山中、片山津、あわづの4つの温泉が集まる
加賀温泉郷は、身体も心も癒してくれる名湯ぞろい。
白山麓にある素朴で野趣あふれる小さな温泉めぐりもおすすめ。

温泉地図
山代温泉 古総湯(山代温泉)

山代温泉 古総湯(山代温泉)

加賀温泉郷かがおんせんきょう

山代、山中、片山津、あわづの4つの温泉郷の総称で、長い歴史と伝統をもち、多くの文人墨客に愛されてきた。情緒漂う温泉街の散策や総湯(共同浴場)での入浴が楽しめる。

使えばおトク!

キャンペーン開催中!

加賀温泉郷パスポートを使いこなせばおトクに温泉に入れます!

  • 加賀温泉郷パスポート
    詳しくは公式サイトへ
  • 山代温泉 古総湯

    山代温泉 古総湯(やましろおんせん こそうゆ)

    山代温泉

    2つの総湯を中心に「湯の曲輪(ゆのがわ)」と呼ばれる町並みが広がり、クラシカルの中にモダンな趣きが漂う。ステンドグラスを施した古総湯は昔ながらの入浴方法が楽しめる。北大路魯山人が若かりし頃を過ごした「いろは草庵」も必見。

    • 問合せ先
    • 山代温泉観光協会
      TEL:0761-77-1144

    魯山人
    寓居跡
    「いろは草庵」

    魯山人寓居跡「いろは草庵」
    • 詳しくは公式サイトへ
    • るるぶ.com 国内ガイドへ
  • 山中温泉総湯

    山中温泉総湯(やまなかおんせんそうゆ)

    山中温泉

    鶴仙渓を代表とする豊かな自然の中に、松尾芭蕉が日本三名湯の一つと称賛した温泉がある。ゆげ街道では、工芸品を扱うギャラリーや甘味処が立ち並び、そぞろ歩きもオススメ。総湯に隣接する山中座では、芸妓の舞などの伝統芸能も堪能できる。

    • 問合せ先
    • 山中温泉観光協会
      TEL:0761-78-0330

    山中芸妓の
    美しい舞も
    楽しめる

    山中芸妓の美しい舞も楽しめる
    • 詳しくは公式サイトへ
    • るるぶ.com 国内ガイドへ
  • 片山津温泉

    片山津温泉総湯(かたやまづおんせんそうゆ)

    片山津温泉

    白山を望む柴山潟のほとりに広がり、景色が魅力の温泉。建築家・谷口吉生が設計した総湯は、開放的なガラス張りで、ロケーション抜群!小型モビリティやサイクリングなど、アクティビティも充実。

    • 問合せ先
    • 片山津温泉観光協会
      TEL:0761-74-1123

    小型
    モビリティで
    ラクラク移動

    小型モビリティでラクラク移動
    • 詳しくは公式サイトへ
    • るるぶ.com 国内ガイドへ
  • 粟津温泉足湯

    粟津温泉足湯(あわづおんせんあしゆ)

    あわづ温泉

    開湯1300年、北陸最古の湯。古くから伝わる恋物語により「恋人の聖地」に認定されていて、女性住職のいる大王寺や幸せの鐘など、恋人たちの愛を深めるスポットがいっぱい。

    • 問合せ先
    • 粟津温泉観光協会
      TEL:0761-65-1834

    恋人の聖地の
    由来となった
    「おっしょべ物語」

    恋人の聖地の由来となった「おっしょべ物語」
    • 詳しくは公式サイトへ
    • るるぶ.com 国内ガイドへ
  • ここにも行ってみたい!

    文豪ゆかりの湯 辰口温泉

    辰口温泉

    山里にたたずみ、金沢の奥座敷として親しまれてきた小さな温泉地。金沢出身の文豪・泉鏡花や万葉学者の犬養孝ゆかりの宿など3軒の旅館がある。

    詳しくは公式サイトへ
  • ここにも行ってみたい!

    町の内外から親しまれる 川北温泉

    川北温泉

    白山から流れる手取川沿いに広がる川北町。「ふれあいの湯」は、図書館と併設した温泉施設で、保温効果に優れたお湯が魅力。

    詳しくは公式サイトへ
一里野温泉 立寄り温泉 白山癒しの湯 天領 (白山温泉郷)

一里野温泉 立寄り温泉 白山癒しの湯 天領
(白山温泉郷)

白山温泉郷はくさんおんせんごう

白山市には山あいの秘湯や雄大な自然の中の温泉宿など、泉質の異なる多様な源泉があり、ドライブしながらの温泉めぐりがおすすめ。

詳しくは公式サイトへ
白峰重要伝統的建造物群保存地区

ここにも行ってみたい!

江戸時代から明治時代に建てられた民家が軒を並べる
白峰重要伝統的建造物群保存地区

黄土色の大壁と縦長窓が特徴の大庄屋・山岸家をはじめ、独自の建築様式に出会える。

海の幸も山の幸も一級品!加賀エリアは食の宝庫。

日本海と白山が育んだ加賀グルメ

旅の楽しみとしてはずせないのがグルメ。
日本海に面した港ではカニやブリ、ヒラメ、
甘ダイ、イカなど1年を通して豊富な魚介が
水揚げされ、鮮度も抜群。
自慢の地酒とともに独特の発酵食品も味わいたい。

  • 伝統の味

    発酵食品

    ふぐの子糠漬け

    ふぐの子糠漬け

    清らかな水が生み出した
    発酵・醸造文化

    白山の豊かな伏流水、肥沃な大地が生み出す日本酒や味噌、漬物などの発酵食品。特に、白山市美川地域の特産品「ふぐの卵巣の糠漬け」は、猛毒のふぐの卵巣を3年かけて毒抜きする奇跡の発酵食品。

    詳しくは公式サイトへ
  • ご当地グルメ

    芭蕉も絶賛

    小松うどん

    小松うどん

    カニがたっぷり

    加賀カニごはん(一例)

    加賀カニごはん(一例)

    地元素材に工夫をこらした話題の味!

    小松うどんや白山百膳、加賀カニごはん、ごはんば〜が、かわきた味噌豚どんなど。昔から地元で愛されてきた1品から、地元食材を活かしたニューフェイスまで、話題の味を食べ尽くそう!!

    ご当地グルメに関する情報をご紹介しています
    • 南加賀地域グルメ
      詳しくは公式サイトへ
    • 白山百膳
      詳しくは公式サイトへ
    • 加賀カニごはん
      詳しくは公式サイトへ
  • ご当地ビール

    川北地ビール

    川北地ビール
    全国でも稀な、自家製100%

    原材料であるビール麦に地元産の大麦100%使用。自家製にこだわり、テイストも豊富。

    わくわく手づくりファーム川北

    TEL:076-277-8989

    住所:能美郡川北町字壱ツ屋183-3

    詳しくは公式サイトへ

ものづくりの奥深さに触れる

伝統工芸と個性派ミュージアム

古くからものづくりの盛んな加賀の國。伝統工芸で手仕事の奥深さを感じてみよう。のりものや自然科学など珍しいミュージアムは五感で楽しみたい。

加賀の國の伝統工芸の魅力に触れる

藩政時代から受け継がれてきた石川県を代表する伝統工芸「九谷焼」「山中漆器」。おみやげに、お気に入りの1品を探すのも楽しみ。

ゴールデンウィークには、イベントも開催!
  • 九谷茶碗まつり

    イベント 2016年5月3日〜5日

    九谷茶碗まつり(能美市)

    詳しくは公式サイトへ
  • 山中漆器まつり

    イベント 2016年5月3日〜4日

    山中漆器まつり(加賀市)

    詳しくは公式サイトへ

九谷焼

  • 問合せ先
  • 石川県陶磁器商工業協同組合
    TEL:0761-58-6656
詳しくは公式サイトへ
九谷焼

今から360年前、大聖寺藩(現加賀市)の九谷村で発祥。色絵磁器の最高峰とも言われ、九谷五彩(緑・紫・紺青・黄・赤)による多様な絵付けが見どころ。ろくろ体験や絵付け体験ができるスポットも。

山中漆器

  • 問合せ先
  • 山中うるし座
    TEL:0761-78-0305
詳しくは公式サイトへ
山中漆器

安土桃山時代に始まり、木の素材感を生かした高度な木地挽物技術を誇る。木地に鉋を当て精緻な模様を付ける加飾挽きの技法は20種以上あり、職人の技術、そして生産額は国内トップを誇る。

好奇心を刺激する個性派ミュージアム

科学の楽しさを体験できるサイエンスヒルズこまつや、世界最大級のダンプトラックを展示しているこまつの杜などバラエティ豊かなサイエンス系施設に注目。ゆかりの人物を紹介する博物館も豊富。

ここにも行ってみたい!

ヒーローの活躍の軌跡をつぶさに!

松井秀喜
ベースボールミュージアム

詳しくは公式サイトへ
松井秀喜 ベースボールミュージアム
  • こまつの杜

    こまつの杜

    世界最大級のダンプトラック930Eの展示、建機の仕組みを学べる「わくわくコマツ館」などがあり、ミニ建機の試乗もできる(日時は要確認)。加賀の自然を再現した「げんき里山」では、多様な動植物を観察できる。

    電話:
    0761-24-2154
    住所:
    小松市こまつの杜1
    交通:
    JR小松駅東口から徒歩1分
    料金:
    入園無料
    時間:
    9〜17時
    休館日:
    無休(わくわくコマツ館は日・月曜、第5土曜休館、祝日はHPカレンダーで確認)
    駐車場:
    30台
    詳しくは公式サイトへ
  • サイエンスヒルズこまつ
    ひととものづくりの科学館

    サイエンスヒルズこまつ ひととものづくりの科学館

    科学の楽しさを体験できるテーマ館。宇宙の魅力に迫る「3Dスタジオ」、光や電気の性質やてこなどの身近な科学の原理を学べる「ワンダーランド」などがある。流線型の屋根を持つ特徴的な外観も必見。2階にはレストランもある。

    電話:
    0761-22-8610
    住所:
    小松市こまつの杜2
    交通:
    JR小松駅から徒歩3分
    料金:
    3Dスタジオ600円、ワンダーランド500円、セット券800円
    時間:
    9時30分〜18時
    休館日:
    月曜(祝日の場合は翌日)、GWと夏休み期間は開館
    駐車場:
    周辺有料駐車場利用
    詳しくは公式サイトへ
  • 石川県ふれあい昆虫館

    石川県ふれあい昆虫館

    日本海側最大規模の昆虫テーマ館。南国のチョウ約1000頭が舞う温室、熱帯や寒帯などにおける昆虫の生息環境を表したジオラマ、生きた昆虫の展示など、昆虫の知恵や不思議を楽しみながら学べる。体験展示も人気。

    電話:
    076-272-3417
    住所:
    白山市八幡町戌31
    交通:
    JR金沢駅から車で約45分
    料金:
    入館410円
    時間:
    9時30分〜17時(11〜3月は〜16時30分)
    休館日:
    火曜(祝日の場合は翌日)、夏休み期間は無休
    駐車場:
    64台
    詳しくは公式サイトへ

旧魚住家住宅 (野々市市郷土資料館)きゅううおずみけじゅうたく (ののいちしきょうどしりょうかん)

旧魚住家住宅  (野々市市郷土資料館)

19世紀中期に建造された町家風農家で、前面は町家、内部は農家という複合建築。同様の形式の町家が周辺の旧北国街道沿いに点在する。農具や民具を集めた展示室を併設する。

  • 電話:
    076-246-2672
    住所:
    野々市市本町3-19-24
    交通:
    JR野々市駅南口からコミュニテイバスのっティ北部ルートで14分、喜多記念館下車すぐ
    料金:
    入館無料
  • 時間:
    10〜18時
    休館日:
    月曜(祝日の場合は翌日)、
    祝日の翌日(土・日曜は除く)、年末年始
    駐車場:
    3台
    詳しくは公式サイトへ
六日町かふぇ

ここにも行きたい!

郷土資料館内にある町家カフェ

六日町かふぇ(むいかまちかふぇ)

地産食材を取り入れたスイーツや軽食で一服できる。

時間:
10〜16時
休:
土・日曜のみ営業

加賀の國の旅館&ホテルを探す

検索する
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。