―  2017年エリア別特別編集  ―フォトジェニックな おすすめ紅葉スポット10選

るるぶ.com編集部がこの秋おすすめする、フォトジェニックな紅葉スポットを厳選してご紹介。人気のスポットをチェックして、きれいな紅葉を見に行こう!

▼エリアメニュー

【関西】のフォトジェニックなおすすめ紅葉スポット10選

公開日:

関西の紅葉 清水寺、北野天満宮や高台寺など、紅葉スポットとして名の知れた寺社が多い関西。美しい建造物とのコラボや数百年単位で守り継がれてきた紅葉の景色など、思わず写真に収めて誰かに自慢したくなる究極の非日常を堪能しよう。

1

清水寺(きよみずでら)京都府

清水寺

最高の建造物と、辺り一面赤い紅葉に包まれる、清水寺。もみじが雲のごとく谷を覆う錦雲渓と舞台との景色が有名であり、1000年以上人々を魅了し続けてきた。2017年より、舞台・本堂の改修工事を実施している。舞台と本堂が木組みで覆われているが、参拝も舞台の上からの紅葉の観賞も通常通り行える。完成は2020年予定。

「清水寺」に行こう!

2

天龍寺(てんりゅうじ)京都府

国の史跡・特別名勝第1号である曹源池庭園の背景に広がるのは、赤や黄で彩られた嵐山や亀山。色とりどりの関西の山々はまるでパッチワークを広げたような鮮やかさ。池の周りの紅葉が水面に映り込む様子も美しく、錦秋に彩られた嵐山の美景にうっとりさせられる。

「天龍寺」に行こう!

3

北野天満宮(きたのてんまんぐう)京都府

北野天満宮

境内西側には史跡「御土居」が残され、秋には約350本の紅葉が一帯を真っ赤に染め上げる。紙屋川を覆うように伸びる木々はまさに紅葉のトンネル。朱塗りの鶯橋から川を眺めれば、川面に映る紅葉が一層秋の気分を盛り上げる。期間限定のライトアップも見逃せない。

「北野天満宮」に行こう!

4

高台寺(こうだいじ)京都府

高台寺

小堀遠州が手がけた庭園は国の名勝に指定され、秋は鮮やかな紅葉が華を添える。なかでも、真っ赤な紅葉に囲まれた臥龍池は必見。夜のライトアップでは、静かな水面に鮮やかな錦秋が映り込み、幻想的な光景を演出する。

「高台寺」に行こう!

5

禅林寺(永観堂)(ぜんりんじ えいかんどう)京都府

禅林寺(永観堂)

“もみじの永観堂”の異名を持つ寺で、イロハモミジやオオモミジなど約3000本の紅葉に彩られた、スケールの大きな紅葉を楽しめる。放生池ほとりで色づく紅葉や、紅葉に染まる境内を一望できる多宝塔からの眺め、紅葉の赤がより映えるライトアップなど、さまざまな秋の絶景に出合える。

「禅林寺(永観堂)」に行こう!

6

高野山(こうやさん)和歌山県

標高900mの山上に位置するとあって、木々の色づきも早く、厳かな雰囲気の中で鮮やかな紅葉が美しく映える。山内の各所から赤や黄に染まる関西の山々が望めるが、みどころは金剛峯寺から壇場伽藍へと抜ける蛇腹道。頭上が真っ赤な紅葉のトンネルに覆われ、神秘的なライトアップは思わず見とれるほどの美しさ。

「高野山」に行こう!

7

室生寺(むろうじ)奈良県

室生寺

山深い奥宇陀にひっそりとたたずみ、カエデやイチョウが境内を色とりどりに染め上げる。なかでも、朱塗りの太鼓橋から五重塔へと続く参道の美しさは格別。表門をくぐると、杉木立のそばの五重塔を紅葉が彩り、なんとも味わい深い光景に出合える。

「室生寺」に行こう!

8

奈良公園(ならこうえん)奈良県

広い園内は多くの常緑樹が植えられ、秋はモミジやイチョウの紅葉と緑のコントラストが鮮やか。散紅葉で覆われた公園も美しく、イチョウの木が集まる大仏池周辺は、まるで黄金色の絨毯を敷いたよう。美しい光景に愛らしい鹿の姿が加わり、奈良ならではの秋のワンシーンに心が和む。

「奈良公園」に行こう!

9

大阪城公園(おおさかじょうこうえん)大阪府

大阪城公園

自然豊かな都会のオアシスだが、秋のみどころはなんといっても公園東側にあるイチョウ並木。樹齢300年ともいわれる大イチョウをはじめ、黄金色の葉を付けたイチョウの木が1km以上続く景色は圧巻。天守閣の白壁と、サクラやケヤキの紅葉のコントラストも美しい。

「大阪城公園」に行こう!

10

石山寺(いしやまでら)滋賀県

石山寺

境内で存在感を放つ天然記念物の硅灰岩が、寺名の由来になったと伝わる。むき出しになった荒々しい硅灰岩と鮮烈な深紅の紅葉の競演は、秋だけ出合える唯一無二の光景。11月〜12月にかけて、約1000本ものモミジが順番に色づき、広い境内でさまざまな表情を見せてくれる。

「石山寺」に行こう!