―  2017年エリア別特別編集  ―フォトジェニックな おすすめ紅葉スポット10選

るるぶ.com編集部がこの秋おすすめする、フォトジェニックな紅葉スポットを厳選してご紹介。人気のスポットをチェックして、きれいな紅葉を見に行こう!

▼エリアメニュー

【東海】のフォトジェニックなおすすめ紅葉スポット10選

公開日:

東海の紅葉 太平洋や中部山脈など、雄大な自然に囲まれた秋景色に出合える東海地方。大自然を生かした雄大なスケールの紅葉や世界遺産・白川郷合掌造り集落の紅葉など必見スポットが多数。東海地方を鮮やかに彩る紅葉を心ゆくまで楽しんでみてはいかが。

1

香嵐渓(こうらんけい)愛知県

香嵐渓

寛永11年(1634)、飯盛山にある香積寺(るび:こうじゃくじ)の11世三栄和尚が1本1本植栽したのが始まりという。約4000本の木々が色とりどりに姿を変え、巴川沿いの参道から香積寺境内までを染め上げる様子はまさに絶景。夜間のライトアップでは燃えるような鮮烈な赤を楽しめる。

「香嵐渓」に行こう!

2

白川郷(しらかわごう)岐阜県

白川郷

岐阜県北西部に位置し、「白川郷合掌造り集落」として世界遺産にも登録されている。秋には白川郷を囲む山々が赤く染まり、集落を朱色で彩る姿はまさに幻想的。合掌造り民家園で行われる夜間の紅葉ライトアップでは、茅葺き屋根の家屋と紅葉が暗闇に浮かび上がり、この上ない美しさを紡ぎだす。※要問合せ。

「白川郷」に行こう!

3

寸又峡渓谷(すまたきょうけいこく)静岡県

寸又峡渓谷

大井川支流寸又川の渓谷。上流のチンダル湖(大間ダム)に架かる夢の吊橋からは赤や黄に色づいた木々とエメラルドグリーンの湖面が創り出すダイナミックかつ繊細な景色に目を奪われる。ほかにも尾崎坂展望台や、飛龍橋などからも雄大な景色とともに紅葉を楽しめる。

「寸又峡渓谷」に行こう!

4

新穂高ロープウェイ(しんほたかろーぷうぇい)岐阜県

新穂高ロープウェイ

穂高連峰の中腹、鍋平高原や千石園地ののどかな風景から笠ケ岳や槍ヶ岳の勇姿を間近に望むロープウェイ。眼下には紅葉の海が雄大に広がり、その姿は絵画を見ているような美しさ。条件が揃えば、雪をかぶった北アルプスと朱色に染まる紅葉の競演が楽しめる。

「新穂高ロープウェイ」に行こう!

5

修善寺温泉(しゅぜんじおんせん)静岡県

修善寺温泉

中伊豆屈指の温泉地。桂川沿いに紅葉が見られるが、おすすめは修善寺自然公園もみじ林と、修善寺虹の郷のもみじ林。鮮やかな色に姿を変えた紅葉群生林が頭上と地面を彩り、もみじに包まれながら散策できる。修善寺虹の郷ではライトアップも開催。

「修善寺温泉」に行こう!

6

名古屋城(なごやじょう)愛知県

名古屋城

金鯱で有名な東海エリアを代表するお城。慶長17年(1612)、徳川家康が築城。名勝二之丸庭園や茶席の赤や黄色に染まった紅葉は特に風情があり、抹茶を味わいながら観賞する人も多い。名古屋城周辺一帯が紅葉に彩られるので、城内はもちろん、堀の外からも紅葉を眺めることができる。

「名古屋城」に行こう!

7

大矢田神社(おやだじんじゃ)岐阜県

大矢田神社

江戸時代から紅葉の名所として広く知られ、秋が深まるころには神社の麓にある楼門あたりから徐々に色づき始め、約3000本のヤマモミジがオレンジや黄色に色を変える。中でも社殿東側に折り重なるようにして生い茂る紅葉は迫力満点で美しい。

「大矢田神社」に行こう!

8

下呂温泉合掌村(げろおんせんがっしょうむら)岐阜県

下呂温泉合掌村

世界遺産白川郷などから移築した10棟の合掌造りで構成された施設。合掌造りの建物と真っ赤に色づいたモミジは、まるで絵葉書のような情景を紡ぎだす。桜とモミジの里山「歳時記の森」では、移ろいゆく秋を感じながら散策を楽しんでみて。

「下呂温泉合掌村」に行こう!

9

両界山横蔵寺(りょうかいざんよこくらじ)岐阜県

両界山横蔵寺

延暦22年(803)に伝教大師最澄が創建したと伝えられている寺。秋になると周囲の山々や境内に植えられた木々が鮮やかに染まる。特に赤い医王橋とお寺の白壁、深い紅の紅葉が創り出す幽玄なコントラストはひと際美しく、目に焼き付けたい。

「両界山横蔵寺」に行こう!

10

赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)三重県

赤目四十八滝

渓谷沿いに大小様々な滝が点在する東海エリアの景勝地。モミジやカエデが渓谷を赤く染め、壮大な滝とのコラボレーションはまさに圧巻。夜のライトアップでは七色に変化する灯りが渓谷の紅葉を照らし、昼間とは異なる神秘的な空間を作り出す。

「赤目四十八滝」に行こう!