―  2017年エリア別特別編集  ―フォトジェニックな おすすめ紅葉スポット10選

るるぶ.com編集部がこの秋おすすめする、フォトジェニックな紅葉スポットを厳選してご紹介。人気のスポットをチェックして、きれいな紅葉を見に行こう!

▼エリアメニュー

【甲信越】のフォトジェニックなおすすめ紅葉スポット10選

公開日:

甲信越の紅葉 富士山や湖、大滝など、壮大な自然と紅葉のコラボが魅力の甲信越エリア。文学作品にも登場する穴城や手つかずの自然が残る秘境など、見どころは尽きない。ハイキングやドライブのほか、ロープウエイやクルーズで紅葉を楽しめるスポットにも注目したい。

1

河口湖もみじトンネル(かわぐちこもみじとんねる)山梨県

河口湖もみじトンネル

モミジやカエデなど、燃え盛るように色づいた紅葉が道路を覆う紅葉の名所。富士山・河口湖とともに紅葉を眺められる人気スポットで、富士山とのコラボレーションなど見どころが満載。河口湖の湖畔で11月1日(水)〜23日(木・祝)まで開催される紅葉まつりと合わせて楽しみたい。

「河口湖もみじトンネル」に行こう!

2

富士河口湖もみじ回廊(ふじかわぐちこもみじかいろう)山梨県

富士河口湖もみじ回廊

名前の通り、紅葉に囲まれた回廊。イロハモミジを中心に、約60本も立ち並ぶ巨大紅葉が赤や黄色に染まる美しいトンネルの中を歩くことができる大人気スポット。11月1日(水)〜23日(木・祝)には、もみじ回廊を中心に「富士河口湖紅葉まつり」が行われ、22時まで幻想的なライトアップも楽しめる。

「富士河口湖もみじ回廊」に行こう!

3

国宝 松本城(こくほう まつもとじょう)長野県

国宝 松本城

甲信越エリアに広がる北アルプスや美ケ原高原の山並みが背景にそびえる、国宝 松本城。漆黒の天守と松本城公園内の紅葉のコントラストが美しく、松本城の公園のお堀の外側から堀を回ると、内堀に映る紅葉も鑑賞できる。菊と紅葉を楽しめる「国宝 松本城菊花展」も毎年紅葉シーズンに開催され、人気を博している。

「国宝 松本城」に行こう!

4

小諸城址 懐古園(こもろじょうし かいこえん)長野県

小諸城址 懐古園

城下町より低い位置に築かれた全国的にも珍しい穴城(あなじろ)で、島崎藤村の「千曲川旅情のうた」など、数々の文学作品にも登場する。ヤマモミジやカエデなど赤・黄・だいだい色に染まる紅葉と、400年以上の歴史を持つ苔むした石垣とのコントラストが見事。10月21日(土)〜11月19日(日)には「小諸城址懐古園 紅葉まつり」が行われる。

「小諸城址 懐古園」に行こう!

5

千畳敷カール(せんじょうじきかーる)長野県

千畳敷カール

ロープウェイから見下ろす紅葉も圧巻で、「紅葉が楽しめるロープウェイ」(日本経済新聞)全国1位に選出されたスリバチ状の圏谷(カール)。ナナカマドの赤やダケカンバの黄、ハイマツの緑など、遊歩道を散策しながらさまざまな角度から楽しめる青空と宝剣岳の岩肌とのコントラストも見事。

「千畳敷カール」に行こう!

6

上高地(かみこうち)長野県

上高地

甲信越エリアを代表する山岳景勝地として名高い、穂高連峰の麓に位置する標高約1500mの渓谷。10月中旬〜下旬の紅葉最盛期にはカラマツが金色に輝き、黄色に染まるシラカバ、穂高の裾を赤く燃え上がらせるナナカマドとともに訪れる人の目を楽しませてくれる。梓川沿いに整備された遊歩道から大正池、河童橋、明神池とゆっくり散策して目に焼き付けたい。

「上高地」に行こう!

7

御岳 昇仙峡(みたけ しょうせんきょう)山梨県

御岳 昇仙峡

約4kmの標高差がある渓谷のため、1ヶ月以上かけて紅葉を楽しめる。赤や黄に色づいた木々が花崗岩の白い岩肌を染め上げ、昇仙峡の玄関口として親しまれている長潭橋や、山梨県の天然記念物にも指定されている景勝地・天鼓林を彩る紅葉などとともに、絵画のような風景が広がる。10月中旬〜11月初旬には、迫力満点の大滝と手つかずの自然が残された板敷渓谷も赤や黄に染め上がり、絶景に包まれる。

「御岳 昇仙峡」に行こう!

8

奥只見湖(おくただみこ)新潟県

奥只見湖

只見川をせき止めて造られた日本有数のダム湖で、貯水量は約6億トンを誇る。新潟県屈指の紅葉スポットとしても知られ、静寂に包まれた湖面とブナやカエデなどの原生林が織りなすコントラストを堪能したいなら、遊覧船に乗って鑑賞するのがおすすめ。紅葉を愛でながら、湖の大きさや湖岸線の複雑さも体感しよう。

「奥只見湖」に行こう!

9

白駒の池(しらこまのいけ)長野県

八ヶ岳連峰の北側、標高2115mの場所にある、日本最大の池。紅葉シーズンには真っ赤に染まるドウダンツツジ、黄金色に輝くダケカンバが湖畔を彩る。紅麦草峠と白駒池を結ぶハイキングコースを約30分歩き、苔の森を抜けると五色の紅葉が出迎えてくれる。北八ヶ岳最大の池である白駒池には一周約40分の遊歩道が整備され、湖面に映える紅葉を愛でながら散策するのもおすすめ。

「白駒の池」に行こう!

10

妙高高原・イモリ池周辺(みょうこうこうげん いもりいけしゅうへん)新潟県

妙高高原・イモリ池周辺

高原植物の宝庫である妙高高原・池の平に位置するイモリ池。池の周囲には約600mのバリアフリーの遊歩道が整備され、妙高山上部のダケカンバやブナ、中腹のミズナラ・コナラ・シラカンバ、池周辺のイタヤカエデ・ヤマモミジなどの紅葉を眺めながら散策できる。初冠雪の頃には、雪・紅葉・緑の三段にわかれて色づく様子も一望できる、妙高きっての観光スポット。周辺には遊歩道が設定され、ゆっくり紅葉を鑑賞できるのも魅力。

「妙高高原・イモリ池周辺」に行こう!