• 名古屋城

    なごやじょう

金鯱で有名な城。慶長15年(1610)、徳川家康が築城。巨大な天守閣と本丸御殿を有する、尾張徳川家約六十二万石の支配拠点であった。昭和20年(1945)の空襲で天守閣・本丸御殿などが焼失し、昭和34年(1959)に天守閣と正門を再建。焼失を免れた3つの隅櫓と3つの門(いずれも重要文化財)、石垣はほぼ原型を残している。本丸御殿は平成21年(2009)に復元工事に着手し、平成25年(2013)5月からは第一期として「玄関・表書院」が、平成28年(2016)6月からは第二期として「対面所・下御膳所」が完成し、公開されている。全体完成・公開は、平成30年(2018)の予定。秋には城内の木々が色づき紅葉が楽しめる。名勝二之丸庭園や茶席の紅葉は特に風情があり、抹茶を味わいながら鑑賞する人の姿も見られる。


●色づき度:見ごろ見ごろ※11月17日現在

紅葉・もみじ狩り情報

見頃の時間 11月中旬〜12月上旬
主な標高 15m
主な紅葉樹種 モミジ、イチョウ、ハナミズキ、サクラ
おすすめ観賞法 庭園内散策・天守閣からの眺望
  • お気に入りスポットに登録
  • クチコミをする
名古屋城
  • 写真提供:名古屋城総合事務所
  • 投稿者:ニックネーム未登録さん投稿日:2014/12/04※投稿された情報です
※クリックで写真が切り替わります。
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。