• 高遠城址公園

    たかとおじょうしこうえん

武田信玄の命により高遠城が改築されたのは、天文16年(1547)のこと。武田流の戦略を考え合わせ、進歩した築城技術で築かれた名城だったが、明治5年(1872)になると民間に払い下げられ、城は撤去された。明治8年(1875)頃から桜が植え始められ、その後次第に拡張して現在の公園となった。5万4000平方mの敷地内に約1500本のタカトオコヒガンザクラが植えられ、4月上旬〜中旬の満開の時期を迎えると「天下第一の桜」と賞された桜をひと目見ようと、遠方からも多くの観光客が訪れる。秋になると桜の木に隠れていたカエデが紅葉色に染まる。


紅葉・もみじ狩り情報

見頃の時間 11月上旬〜中旬
主な標高 803m
主な紅葉樹種 カエデ
おすすめ観賞法 堀の下からの眺め、池に映りこむ紅葉
紅葉まつり

高遠城址もみじ祭り

期間: 2017年10月28日〜11月5日

内容: 園内にある約250本のカエデの紅葉と地粉を使った「新そばまつり」などが行われる

  • お気に入りスポットに登録
  • クチコミをする
高遠城址公園
  • (一社)伊那市観光協会
  • 投稿者:R3ゆずママさん投稿日:2015/04/13※投稿された情報です
  • 投稿者:Kー2さん投稿日:2014/11/08※投稿された情報です
  • 投稿者:退会者投稿日:2012/12/04※投稿された情報です
  • 投稿者:退会者投稿日:2012/12/04※投稿された情報です
※クリックで写真が切り替わります。
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。