• 立石寺(山寺)

    りっしゃくじ やまでら

貞観2年(860)、慈覚大師創建と伝わる天台宗の古刹。元禄2年(1689)、奥の細道行脚の松尾芭蕉も立ち寄り、「閑さや岩にしみ入[いる]蝉の声」の句を残している。宝珠山全域を境内とし、岩の急斜面にへばりつくようにして諸堂が散在。1015段の石段を上った奥の院からの眺めは最高だ。冬の雪景色と並んで、全山紅葉に彩られる秋の景観はすばらしい。


紅葉・もみじ狩り情報

見頃の時間 10月下旬〜11月上旬
主な標高 約350m
主な紅葉樹種 モミジ、イチョウ、ブナなど
おすすめ観賞法 五大堂からの景色
ライトアップ

期間: 2018年10月28日〜11月11日

時間: 17〜21時

立石寺(山寺)
※クリックで写真が切り替わります。
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら