• 大沼国定公園

    おおぬまこくていこうえん

面積約9083万平方m、駒ケ岳の裾野に広がる国定公園。園内は最も大きな大沼湖をはじめ、小沼湖、蓴菜[じゅんさい]沼などの湖沼群からなる。大沼湖は駒ケ岳の噴火によって生じた泥流が、渓流をせき止めてできた周囲24km、水深12.2mの湖。大沼・小沼合わせて大小126の島があり、その小島を結ぶ18の橋と散策路が設けられている。紅葉のみどころは、大沼湖周辺など。駒ケ岳は6月〜10月末まで時間限定で入山可。


紅葉・もみじ狩り情報

見頃の時間 10月中旬〜下旬
主な標高 303m(日暮山)、1131m(駒ケ岳)
主な紅葉樹種 イタヤカエデ、カシワ、ナラ類
おすすめ観賞法 サイクリング、遊覧船、カヌー
大沼国定公園
  • 投稿者:美也子猫さん投稿日:2015/12/05※投稿された情報です
※クリックで写真が切り替わります。
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら