秋こそアート!美術館へ行こう2015 TOPへ

今秋のおすすめ美術館

アートがどんどん面白くなる、るるぶ.comイチオシの美術展をご紹介!

五百羅漢が鬼才村上隆によって現代に蘇る

村上隆の五百羅漢図展

開催日 2015年10月31日(土)〜2016年3月6日(日)
開催場所 森美術館(東京都)
村上隆 撮影:Okazumi Chika

撮影:Okazumi Chika

六本木ヒルズのキャラクターロクロク星人や、パンダ、お花、サクランボなどのモチーフで話題を呼んだルイ・ヴィトンとのコラボレーションを鮮烈に記憶している人も多いでしょう。それを手がけたのが、この度、国内では14年ぶりの大規模個展を開催する村上隆。現在最も高い国際的評価を得ている現代美術家の1人です。一見アニメのキャラクターのようなモチーフを手掛ける村上氏ですが、実は、東京芸術大学大学院で日本画で初の博士号を取得したという人物。オタクカルチャーやキャラクターと日本美術史を接続して「スーパーフラット」という独自の概念を創出、これまで世界各地で好評を博した展覧会を展開してきました。

村上 隆《五百羅漢図》(部分) 2012年 アクリル、カンバス、板にマウント 302x10000cm 個人蔵 (c)2012 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

村上 隆《五百羅漢図》(部分) 2012年 アクリル、カンバス、板にマウント 302x10000cm 個人蔵 (c)2012 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

世界の絵画史上最大級!?驚くべきスケールとエネルギーで描かれる、成熟期を迎えた村上隆の記念碑的作品!

村上隆の《五百羅漢図》は日本での初公開。江戸時代の絵師狩野一信と長沢芦雪の五百羅漢図に着想を得て、日本中の美術大学から総勢200人を超えるスタッフを集め制作された全長100メートルにもおよぶ超大作です。東日本大震災後にいち早く支援の手を差し伸べてくれたカタールへの感謝をこめて、震災の翌年2012年にドーハで発表されました。宗教と芸術、人間の死や限界をテーマとした村上隆の新たな創作の境地を示す記念碑的な作品となっています。

村上 隆(タイトル未定)制作中 180x240cm アクリル、カンバス、アルミニウム・フレームにマウント (c)2015 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

村上 隆(タイトル未定)制作中 180x240cm アクリル、カンバス、アルミニウム・フレームにマウント (c)2015 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

日本文化を背景に、アートシーンを魅了する”世界のムラカミ”の圧倒的な芸術世界。

この他、現在まで10年近く取り組んでいる《宇宙の産声》や《欲望の炎―金》などの大型彫刻作品、今回のために手掛けた最新作の「727」、「Tan Tan Bo」なども見どころです。現代美術史への新たな挑戦となる新作の数々もあわせ、これまで圧倒的なスケール感と完成度の高さにより世界中の人々を驚嘆させてきた村上隆の芸術的達成を目の当たりにする、国内では待望の14年ぶりの個展。現代美術史で後々まで語られるであろう本展をお見逃しなく!

主催:
森美術館、朝日新聞社、NHKプロモーション
協賛:
モルガン・スタンレー、株式会社LIXIL、株式会社きんでん、三井住友海上火災保険株式会社、大和ハウス工業株式会社
制作協力:
三菱化工機株式会社
協力:
ヤマトロジスティクス株式会社、シャンパーニュ ポメリー、Next5、ボンベイ・サファイア

DATA

住所 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー53F map
交通(電車) 東京メトロ六本木駅・都営地下鉄六本木駅より六本木ヒルズまで地下コンコース直結徒歩4分
交通(車) 首都高速飯倉出入口から10分
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
料金 一般1,600 円、学生( 高校・大学生 )1,100 円、子供(4 歳〜中学生 )600 円(税込)※展望台 東京シティビュー、屋上 スカイデッキへは別途料金がかかります。
営業時間 10〜22時(火曜は〜17時) ※入館は閉館時間の 30 分前まで
休み 展覧会期間中無休
URL http://www.mori.art.museum

建築家は3.11以後どんな役割を果たし、どんな未来を描くのか。

3.11以後の建築

開催日 2015年11月7日(土)〜2016年1月31日(日)
開催場所 水戸芸術館(茨城県)
東日本大震災における建築家による復興支援ネットワーク[アーキエイド]震災復興に向けての住民からのヒアリング風景

東日本大震災における建築家による復興支援ネットワーク[アーキエイド]震災復興に向けての住民からのヒアリング風景(横浜国立大学大学院 Y-GSA小嶋一浩スタジオ、宮城県牡鹿半島鮎川浜)

2011年3月11日に起きた東日本大震災により、日本はこれまで経験したことのない未曾有の被害を受けました。家屋の倒壊、インフラの破壊、エネルギーの供給不足など、住環境をとりまく様々な困難に直面し、その事が建築家と建築界に大きな意識の変化をもたらしました。津波の圧倒的な破壊力に、建築物を強化するだけでは解決できない問題を突きつけられたのです。復興をしていくという事は、単に住空間を補充し、建築物を再現してくだけでは成り立ちません。建築家は3.11以降どのような役割を果たしていけばよいのか。その役割を再検討し、日本の最新の建築動向を探る展覧会です。

岡啓輔《蟻鱒鳶ル》 Photo: TAKANO Ryudai

岡啓輔《蟻鱒鳶ル》 Photo: TAKANO Ryudai

21組の建築家による震災後の取り組みを紹介

本展では21組の建築家が震災以降それぞれの手法で向き合ってきた取り組みを7つのセクションに分けて紹介します。日本を代表する建築家や建築関係者、被災した地域などの協働による「みんなの家」「災害後に活動する」「エネルギーを考える」、「使い手とつくる」、「地域資源を見直す」、「住まいをひらく」、「建築家の役割を広げる」といった出品作品を通じ、建築のあり方だけにとどまらず、これからの社会あり方そのものを模索していきます。

伊東豊雄+乾久美子+藤本壮介+平田晃久+畠山直哉《陸前高田の「みんなの家」》 Photo: HATAKEYAMA Naoya

伊東豊雄+乾久美子+藤本壮介+平田晃久+畠山直哉《陸前高田の「みんなの家」》 Photo: HATAKEYAMA Naoya

建築家の思いを集結して生まれた「みんなの家」

作品のひとつ「みんなの家」は、世界的に高い評価を得ている伊東豊雄を筆頭に、乾久美子、藤本壮介、平田晃久らの建築家に、自身の生家も被災した世界的写真家 畠山直哉も加わってつくられました。何も無くなってしまったところに最小限のかたちを与え、地域のつながりの回復と新たなコミュニティの創生を試みるプロジェクトです。人と人とのつながりとは? 街と人との関係とは? この機会に一緒に考えてみませんか?

主催:
公益財団法人水戸市芸術振興財団
後援:
茨城県
協力:
アサヒビール株式会社、社団法人茨城県建築士会、社団法人茨城県建築士事務所協会、一般社団法人茨城県建設業協会、水戸市建設業協同組合
ゲストキュレーター:
五十嵐太郎、山崎亮

DATA

住所 茨城県水戸市五軒町1-6-8 map
交通(電車) JR水戸駅北口バスターミナル4〜7番のりばからバス、バス停:泉町1丁目下車徒歩2分
交通(車) 常磐道水戸ICから国道50号経由約20分
TEL 029-227-8111
料金 一般800円、団体(20名様以上)600円、中学生以下、65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
営業時間 9時30分〜18時(入場は〜17時30分)
休み 月曜、年末年始2015年12月27日(日)〜2016年1月4日(月) ※11月23日(月・祝)、2016年1月11日(月・祝)は開館、11月24日(火)、2016年1月12日(火)は休館
URL http://arttowermito.or.jp/

「ジュエリーとは何か?」 現代ジュエリーの巨匠が問いかけます。

オットー・クンツリ展

開催日 2015年10月10日(土)〜2015年12月27日(日)
開催場所 東京都庭園美術館(東京都)
Otto Kunzli, Herz, 1985, Hiko-Mizuno College of Jewelry Collection/ Photo Naoya Ikegami, Starring Kaoru Ishii (C) Tokyo Metropolitan Teien Art Museum

Otto Kunzli, Herz, 1985, Hiko-Mizuno College of Jewelry Collection/ Photo Naoya Ikegami, Starring Kaoru Ishii (C) Tokyo Metropolitan Teien Art Museum

東京都庭園美術館では、この秋、コンテンポラリー・ジュエリーの分野を代表するオットー・クンツリの作品が一堂に会する「オットー・クンツリ展」が開催されます。1948年、スイス・チューリッヒで生まれたクンツリ。1967年の初期作から最新作まで、長いキャリアを網羅する約200件のジュエリーのほか、写真、ドローイング、インスタレーションとその多彩な才能あふれる作品の数々が紹介されています。ドイツ・ミュンヘン、スイス・ローザンヌと巡回し、その最終会場である東京展では本展のための最新作である映像作品も展示され、見どころのひとつとなっています。

オットー・クンツリ 《おお!》1991年 OTTO KUNZLI Oh, Say! 1991 (C) VG BildKunst 2013

オットー・クンツリ 《おお!》1991年 OTTO KUNZLI Oh, Say! 1991 (C) VG BildKunst 2013

「こんなジュエリーの世界があったのか!」 という驚き

クンツリの創りだすジュエリーは、身に着けて楽しむ装飾品の枠を超え、ジュエリーをアートとして創造された芸術品にまで押し上げてきました。1960年代に生まれたコンテンポラリー・ジュエリーの動きに、身体との関係性や他者や社会と結びつけるコミュニケーションメディアとしての特徴を活かした"コンセプチュアル・ジュエリー"という新たな方向性を加え、「ジュエリーとは何か」という本質的な意味を観る人に問いかけています。クンツリの着想の先鋭性、ウィットに富んだ表現、その造形の美しさに新鮮な驚きを感じることでしょう。

オットー・クンツリ 《フーノウズ?》2001年 OTTO KUNZLI Who nose? 2001 (C) VG BildKunst 2013

オットー・クンツリ 《フーノウズ?》2001年 OTTO KUNZLI Who nose? 2001 (C) VG BildKunst 2013

トークやワークショップ、関連プログラムも多数開催。

「コンセプチュアル=難解なのでは?」という印象を持つ人も多いかもしれませんが、その作品を観ていくと、どことなくユーモラスな表情を垣間見せていたりして、クンツリの作品は世界中で多くの人々に受け入れられ、愛されています。会期中は、建築やファッションの世界で活躍するゲストをお招きするシンポジウムなども開催。コンテンポラリー・ジュエリーの面白さをより深く理解するための関連プログラムも充実しています。

主催:
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館、東京新聞
企画協力:
ディ・ノイエ・ザムルング-国際デザイン美術館(ドイツ・ミュンヘン)
後援:
スイス大使館、ドイツ連邦共和国大使館、東京ドイツ文化センター、スイス・プロ・ヘルヴェティア文化財団
年間協賛:
戸田建設株式会社

DATA

住所 東京都港区白金台5-21-9 map
交通(電車) JR目黒駅東口・東急電鉄目黒駅正面口より徒歩7分、都営地下鉄・東京メトロ白金台駅1番出口より徒歩6分
交通(車) 首都高速目黒出口出てすぐ
TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)
料金 一般:1,000(800)円、大学生(専修・各種専門学校含む):800(640)円、中・高校生・65 歳以上:500(400)円※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
営業時間 10〜18時(入館は〜17時30分)
休み 毎月第2・第4水曜(祝日の場合、開館。翌日休館)、年末年始
URL http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/151010-1227_kunzli.html
writer:Sanae Aoki
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。