ランキングTOP > 季節のおすすめランキング

るるぶ.com編集部が選んだ 季節のおすすめランキング

5月のテーマ:大自然のエネルギー感じる!パワースポットにある温泉・秘湯10選ランキング

パワースポットの温泉で、運気アップや開運につながるかも!?
北は北海道から、南は九州まで!大自然の木々や美しい川に囲まれ、隠れた名湯でリフレッシュしてみませんか?

  • No.1
    玉造温泉

    るるぶ.com編集部

    玉造温泉は、大国主命とともに国造りをした少彦名命(スクナヒコナ)が見つけたという伝説が残り、約1300年前に書かれた『出雲国風土記』にも記述されている、とても歴史ある温泉です。
    玉湯川にかけられた、大きな勾玉がかたどられた勾玉橋は、必ず写真を撮っておきたいスポット!
    美肌の湯としても有名な玉造温泉ですが、2016年の温泉総選挙では環境大臣賞、うる肌部門第1位を獲得と、その実力は折り紙つきです。
    また、玉造温泉のある島根県は、縁結びで有名な出雲大社や、須佐神社、宍道湖畔の宍道湖うさぎなど、パワースポットが多いことで知られています。パワースポットめぐりで疲れた体をゆったりと癒すのがおすすめです。

  • No.2
    十谷上湯温泉

    るるぶ.com編集部

    富士川へと注ぐ大柳川の渓谷の中にたたずむ山梨県十谷集落の最奥に位置する秘湯、十谷上湯温泉。「十谷上湯温泉 源氏の湯」が一軒宿です。
    男女別の内湯のほかに、混浴の露天風呂があります(専用の湯浴み着あり)。
    目の前を流れる滝は絶景!露天風呂は、木から温泉が注がれ、風情溢れる「渓流野天風呂」と、大きな岩の下にある30〜35度の源泉風呂「かじかの大岩風呂」、どちらも楽しむことができます。大自然の中で入る温泉は格別ですよ。

  • No.3
    湯田中渋温泉郷

    るるぶ.com編集部

    九湯の外湯めぐりができる渋温泉や、小林一茶ゆかりの湯田中温泉、野生のサルも入浴する地獄谷温泉など数多くの温泉がある長野の温泉地。
    写真の地獄谷温泉はサルが入浴しにくる温泉として海外でも話題の観光地です。もこもこの冬毛のサルがうっとりと温泉に浸かる姿はとってもキュート!寒い時期にぜひ訪れたい温泉です。
    宿泊者限定の渋温泉の外湯めぐりは、9つのお湯を巡ることで、苦(9)労を流すといわれています。外湯めぐりは「巡浴祈願手ぬぐい」にご朱印を集め、最後に渋高薬師への参詣・印受で満願成就すると言われているパワースポット。
    このほかにも、湯田中(ゆたなか)温泉、安代(あんだい)温泉、穂波温泉、上林(かんばやし)温泉、角間(かくま)温泉など、様々な温泉がありますよ!

  • NO.4

    湯の峰温泉

    るるぶ.com編集部

    湯の峰温泉は4世紀に熊野の国造り、大阿刀足尼(オオアトノスクネ)により発見されたとされる和歌山の温泉です。
    熊野古道の一部として世界遺産に登録された、日本最古の共同浴場である「つぼ湯」を擁する、歴史ある温泉地。古くは、熊野詣の際に湯垢離の場として人々が身を清めると同時に、旅の疲れを癒していたそうです。
    また、この温泉は歌舞伎や浄瑠璃の題材にもなっている「小栗判官伝説」の舞台にもなっています。
    この伝説は、謀略により命を落とした小栗満重が、最後には、この湯の薬効のおかげで全快した、というもの(諸説あり)で、温泉自体がパワースポットとしてとても有名なんです!
    先着順、30分制なので順番待ち必至ですが、絶対に入っておきたい温泉です。

  • NO.5

    榊原温泉

    るるぶ.com編集部

    津市郊外にある榊原温泉は、伊勢参りへ向かう人たちの湯垢離の湯として古くから愛されてきた古湯。伊勢神宮への感謝を忘れないために、毎年6月には伊勢神宮に温泉を奉納する、献湯祭が行われています。
    榊原温泉がまだ「ななくりの湯」と呼ばれていた平安時代には、清少納言が、「枕草子」のなかで、「湯はななくりの湯、玉造の湯、有馬の湯」と読み、絶賛しています!
    肌がつるつるスベスベになると言われていることから、美肌の湯としても親しまれています。
    伊勢神宮までは車で約1時間と、少し距離はありますが、ぜひ一緒に訪れたいですね!

  • NO.6

    乳頭温泉郷

    るるぶ.com編集部

    秋田県の田沢湖北東に8軒の一軒宿が点在する山の温泉郷。7つの湯が存在し、10種類以上の源泉があります。
    秘湯として有名な「鶴の湯」や、近代的な「乳頭温泉郷 休暇村」など、7つの宿が存在しています。
    温泉郷内の宿に宿泊者限定販売の湯めぐり帖は1800円で、7つの温泉の入浴が可能な他、予約制の湯めぐり号というバスに無料で乗り、温泉巡りを楽しむことができます。さらに、湯めぐり号の上にはなんと湯桶が!温泉郷らしい遊び心が感じられます。
    贅沢さや、華美さではなく、本格的な温泉を求めている方に一押しの温泉です。

  • NO.7

    祖谷(いや)温泉

    るるぶ.com編集部

    日本三大秘湯の一つ、徳島県の祖谷温泉は「和の宿ホテル祖谷温泉」が一軒宿の秘境温泉。
    この温泉の名物はなんといっても、傾斜42度、長さ270mのケーブルカーで谷底へと下った先にある絶景と温泉!
    雄大な自然と、透き通った河を眺めながらゆっくりと浸かる温泉は格別!ぬるめのお湯なので、長湯ができるのも嬉しいですね。
    体中に細かい泡がつき、ぬるぬるとする温泉は美容や、疲労回復に効果があると言われています。
    目の前の大自然で四季を感じながら、ぬるめのお湯でゆっくりと体を温めるのがおすすめです。

  • NO.8

    栗野岳温泉

    るるぶ.com編集部

    「栗野岳温泉 南洲館」が一軒宿の鹿児島県にある秘湯。
    効能の異なる3つの源泉を持ち、あの西郷隆盛も湯治のために訪れたそうです!
    竹の湯、桜湯、蒸し風呂の3つがあり、泥湯として有名な竹の湯は浴槽の底のきめの細かい泥で、泥パックができます。天然の地熱と噴気を利用した蒸し風呂は体の内側から温かくなってきますよ。
    宿の裏山を10分ほど歩くと、もうもうと白い煙を吐きながら吹き出る八幡地獄が!迫力満点なので、ぜひ一緒に見ておきたいスポットです。

  • NO.9

    四万(しま)温泉

    るるぶ.com編集部

    群馬県・四万温泉の名前は、四万の病を癒す霊泉である、という伝説に由来し、名前の通り、昔から湯治場として多くの人が訪れています。
    古来より、草津温泉の仕上げ湯として知られ、草津温泉の強い酸性で荒れた肌を四万温泉のやわらかいお湯でつつみこむことで、肌がしっとりするのだそう。
    一つの温泉に長くいるのももちろんいいですが、草津温泉とはしご湯することで、四万温泉のすばらしさが、もっと良くわかりますよ!
    また、周辺の四万川や、奥四万湖の鮮やかなコバルトブルーは「四万ブルー」と呼ばれ、その美しさは見る人々に感動を与えています。大自然の美しさを満喫できる温泉です。

  • NO.10

    上の湯温泉

    るるぶ.com編集部

    北海道の上の湯温泉は秘湯として温泉ファンからも根強い人気を持つ温泉で、「銀婚湯」と「パシフィック温泉ホテル 清龍園」の2軒があります。
    全国秘湯を守る会に加入している温泉宿「銀婚湯」は、敷地面積が驚愕の5000坪!白樺や楓、欅など、様々な美しい木々に囲まれた敷地内は日々の疲れを吹き飛ばしてくれるような、癒しの空間になっています。宿泊者限定の貸切湯はその広大な敷地の中に点々と作られており、解放感ばつぐんです!
    「パシフィック温泉ホテル 清龍園」は98度の高温で湧き出る源泉を利用。(浸かるお湯は温度調節されているのでご安心を!)
    敷地内にはパークゴルフ場を兼ねた庭園があり、春には桜、秋には紅葉など、四季の移ろいを感じられますよ。

※このランキングはるるぶ編集部が作成したオリジナルランキングです

ランキングページへのご意見・感想などは rurubu-master@rurubu.ne.jpまで

PAGETOP
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら