ランキングTOP > 季節のおすすめランキング

るるぶ.com編集部が選んだ 季節のおすすめランキング

1月のテーマ:寒い冬にこそ食べに行こう!全国各地のご当地鍋ランキング

今年も厳しい冷え込みですが、そんな時に食べたくなるのが鍋料理。各地の観光ついでに、ご当地の鍋をいただいて旅の疲れを癒してみてはどうですか?身体の芯から温まること間違いなしです!

  • No.1
    もつ鍋

    るるぶ.com編集部

    プリプリのもつに加えて、ニラやニンニクもたっぷり入ってスタミナ満点!鍋の締めと言えば雑炊やうどんが挙がりますが、もつ鍋にオススメなのはちゃんぽん麺。最後までしっかり味わってください。お酒との愛称も抜群なので、酒の肴として一緒に楽しむのも◎ですよ。

  • No.2
    どぜう鍋

    るるぶ.com編集部

    どじょうって食べられるの??…食べられます!どぜう鍋は、約200年続く東京下町の名物鍋。甘味噌と渋いタレで煮込んだどぜうは、柔らかくて臭みもなく食べやすい伝統の味。ネギや山椒をたっぷりかけていただけば、身も心もぽかぽかになること間違いなしですよ♪

  • No.3
    てっちり

    るるぶ.com編集部

    コラーゲンたっぷりのふぐ鍋、てっちり。その美肌効果から、女性にも大人気の一品です。淡白な味わいの高級魚をお好みの具材と一緒に、ポン酢でさっぱりいただきましょう。ふぐのアラからとった出汁も忘れずに!

  • NO.4

    きりたんぽ鍋

    るるぶ.com編集部

    秋田の郷土料理といえばきりたんぽ鍋。きりたんぽはもちろん、ゴボウやまいたけにも比内地鶏の出汁が濃密に染み込みます。じっくり煮込んで味わいたいところですが、煮すぎてきりたんぽの形が崩れる、なんてことのないようにしてくださいね。

  • NO.5

    あんこう鍋

    るるぶ.com編集部

    東の高級魚あんこうをふんだんに使ったあんこう鍋も、冬の味覚の代表格。なんと皮や内臓、エラなど骨以外の部位は全て食べることができます。そんなアンコウの部位7つを指して、「7つ道具」と呼ぶのだとか。部位ごとに異なるバラエティ豊かな食感を楽しんでみては?

※このランキングはるるぶ編集部が作成したオリジナルランキングです

ランキングページへのご意見・感想などは rurubu-master@rurubu.ne.jpまで

PAGETOP
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら