ランキングTOP > 季節のおすすめランキング

るるぶ.com編集部が選んだ 季節のおすすめランキング

1月のテーマ:2017年は酉年!日本を象徴する鳥「タンチョウ」が見られるスポットランキング

日本の特別天然記念物に登録されているタンチョウ。日本画や昔の千円札などにも描かれ、日本人にとってとても馴染みのある鳥ですよね。皆さんはタンチョウを生で見たことはありますか?今回は、タンチョウを観察することができるスポットをご紹介します。今年は酉年!タンチョウの可憐で美しい姿を見て、2017年よいスタートを切りましょう♪

  • No.1
    釧路湿原

    るるぶ.com編集部

    釧路市街の北側に広がる日本最大の湿原。総面積は220.7平方kmにもおよびます。国の特別天然記念物のタンチョウをはじめ、湿原に生息する野生生物は昆虫類まで含めると約2000種もあります。大スケールの自然のなかでタンチョウに出会うことができれば感動もひとしお!

  • No.2
    鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ

    るるぶ.com編集部

    長年タンチョウに給餌活動を続けてきた、故・伊藤良孝氏が開放した10haもの草地でタンチョウが集まる場所。日本野鳥の会が運営するネイチャーセンターが隣接しており、レンジャーやボランティアがタンチョウの生態について説明してくれます。

  • No.3
    阿寒国際ツルセンター

    るるぶ.com編集部

    タンチョウの生態等を研究し、その情報を公開している施設です。給餌場になっているため、冬は餌を求めて300羽近くものタンチョウが集まります。

  • NO.4

    丹頂鶴自然公園

    るるぶ.com編集部

    タンチョウを柵越しに間近で見ることができる施設。施設近くの人造湖・津軽富士見湖に架かる日本一の木造三連太鼓橋「鶴の舞橋」も合わせて観光しましょう♪

  • NO.5

    出水市ツル観察センター

    るるぶ.com編集部

    ツルの越冬地で有名な出水市荒崎の田園地帯の一角にある施設。一万羽を超えるツルが渡来する11〜3月の第4日曜までオープン、大勢の見物客で賑います。

※このランキングはるるぶ編集部が作成したオリジナルランキングです

ランキングページへのご意見・感想などは rurubu-master@rurubu.ne.jpまで

PAGETOP
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら