ランキングTOP > 季節のおすすめランキング

るるぶ.com編集部が選んだ 季節のおすすめランキング

3月のテーマ:今年のお花見はどこへ?関東の桜スポットランキング

東京では桜の開花が発表され、いよいよお花見のシーズン。近所の定番スポットでのお花見もオツですが、せっかくのお花見に、一足伸ばして名桜を見に行ってみませんか?今回はるるぶ.comのアクセス数をもとに、人気のある関東の桜スポットをご紹介します!

  • No.1
    赤城南面千本桜

    るるぶ.com編集部

    群馬県を代表する山、赤城山の南側にあるお花見スポット。全長1.3kmの市道の脇に、文字通り約1000本の桜が咲き乱れ、一面の桜のトンネルを楽しめます。お花見期間中は赤城南面千本桜まつりが開催され、多くの露店が並ぶほか、特産市や郷土芸能などのイベントでにぎわいます。

  • No.2
    新宿御苑

    るるぶ.com編集部

    その名の通り、皇室にルーツを持つ新宿御苑は、江戸時代以前高遠藩内藤家の屋敷地でした。明治維新後皇室所有となった御苑では、観桜会や観菊会などの伝統的な行事がおこなれてきた歴史があり、今でもその植物がところどころに見られます。桜の季節は約65種約1100本といった多くの種類の桜を楽しむことができ、シーズン中は休みなしで毎日入ることが可能です。お酒の持ち込みができないなど、御苑ならではのルールがありますが、しっとりとしたお花見もたまにはいかがですか?

  • No.3
    目黒川の桜並木

    るるぶ.com編集部

    東京の超有名お花見スポット。目黒川自体は世田谷区から目黒区、品川区を通る約8kmのそこまで大きくない川ですが、そのうち池尻大橋駅近くの大橋あたりから、目黒駅・不動前駅近くの川沿い約3.8kmにわたって、ソメイヨシノ約800本が植えられており、シーズン中は多くの花見客を集めます。目黒エリアは個性的なショップや飲食店も多いので、気になるお店をチェックして出かけてみるのもおすすめです。

  • NO.4

    県立森林公園さくらの里

    るるぶ.com編集部

    群馬県東部、下仁田エリアにある桜の名所。約47万平方mの敷地内に、ソメイヨシノ、サトザクラ、ヤマザクラ、オオヤマザクラ、シダレザクラ、ヤエザクラなど約45種5000本の桜が植えられており、その妙義山麓を彩る様はまさに圧巻の一言です。標高高めの山にある土地柄、他の桜スポットと比べて例年の見ごろがやや遅く、GW頃でもお花見が楽しめるかも。お花見をしそびれちゃった人も、ぜひぜひ開花状況をチェックしてみては。

  • NO.5

    小金井公園

    るるぶ.com編集部

    小金井市、武蔵野市、小平市、西東京市と4つの市にまたがる、敷地面積約80万平方mの広大な都立公園。小金井は「花小金井駅」という駅があるほど、かつて玉川上水脇の桜で有名で、戦後は桜の名所としての役割を、小金井公園が担っています。小金井公園にはヤマザクラ、ソメイヨシノのほか、カスミザクラ、オオシマザクラ、サトザクラなど、50種類計約1700本の桜が植えられており、園内の「桜の園」には、ヤマザクラを中心に約430本のサクラが集められ、バラエティ豊かな眺めが楽しめます。

  • NO.6

    太平山

    るるぶ.com編集部

    栃木県栃木市に位置し、標高341mの山頂から関東平野を一望できる太平山。その斜面に謙信平(けんしんだいら)と呼ばれる展望地があり、この一帯が1883年、太平山公園として整備されて以来、桜の名所として親しまれています。公園内にはソメイヨシノを中心に、ヤマザクラなど約4000本が植栽されているほか、山のふもとから上を目指す、全長約2kmの太平山遊覧道路の両側にも7000本の並木が続き、美しい桜のトンネルが見られます。山の上にある大平山神社はパワースポットとしても人気があるので、ご利益を求めて行ってみてはいかがですか?

  • NO.7

    幸手権現堂桜堤(県営権現堂公園)

    るるぶ.com編集部

    1576年ごろより、治水のために築かれたとされる権現堂桜堤。権現堂桜堤は、江戸時代に日光街道と日光御成街道の分岐点の宿場として栄えた幸手のシンボルとして、今でも人々に親しまれています。現在ではその堤に、ソメイヨシノによる千本桜のトンネルが約1kmにわたって続き、隣には広大な菜の花畑がひろがります。桜のピンク色と菜の花の黄色のコントラストが美しいのはもちろんのこと、桜まつり期間中はライトアップもあり、夜桜観賞も楽しめるスポットです。

  • NO.8

    大宮公園

    るるぶ.com編集部

    さいたま市、大宮を代表する公園。1885年に開園された埼玉県で最も古い県営公園でもあり、赤松林を背景に1,000本のソメイヨシノが咲き誇ります。園内には小動物園や児童遊園地もあり、ファミリーで行っても楽しいスポットです。またお隣には「大宮」の地名の由来となった歴史のある神社、武蔵一宮氷川神社も鎮座するので、合わせてお参りしてみては?

  • NO.9

    熊谷桜堤

    るるぶ.com編集部

    埼玉・熊谷市の荒川沿い約2kmにわたるソメイヨシノの並木。土手には約500本の桜が植えられ、春には土手が一面のピンク色に染まります。熊谷駅から徒歩5分とアクセスがよいのも嬉しいポイント。またシーズン中は夜間ライトアップもあり、夜桜を楽しむことも可能です。その美しさから「さくらの名所100選」にも選定されている熊谷へ、ぜひ足を運んでみては?

  • NO.10

    大岡川プロムナード

    るるぶ.com編集部

    横浜の街を北から南へと流れる大岡川。南区の弘明寺(ぐみょうじ)あたりを中心に、全長約5kmのプロムナードの川沿いに多くの桜が植えられており、横浜有数の桜の名所として人々を集めます。期間中、夜は2500個ものぼんぼりが点灯され、見ごたえのある雰囲気。プロムナード途中にある「横浜弘明寺商店街」は、歴史のある名店揃いの商店街なので、合わせて訪れるのもおすすめです。

※このランキングはるるぶ編集部が作成したオリジナルランキングです

ランキングページへのご意見・感想などは rurubu-master@rurubu.ne.jpまで

PAGETOP
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。