アメリカの基本情報

U.S.A. (US/USA)
  • 国(地域)トップ
  • 観光スポット
国(地域)の基本情報

アメリカを旅行する前に知っておきたい、通貨や気候、時差などの基本情報や、ビザ、持込・持出制限などの渡航情報をご紹介。

概要・基本情報

国名

アメリカ合衆国(United States of America)

首都・主要都市

ワシントン(WASHINGTON D.C.)

エリア情報

アメリカ合衆国は、北アメリカ大陸中央部を占める連邦共和国で、首都はワシントンD.C.。ニューヨーク州やカリフォルニア州、テキサス州など50の州で構成されている。面積962.8平方kmに3億人以上が住む大国であり、ニューヨークやワシントンD.C.がある東海岸、ロサンゼルスを始め開放的な風土の西海岸など、地域によって文化や人種比率はさまざまだ。気候は大部分が温帯に属し、四季がはっきり分かれているが、亜熱帯の南部、亜寒帯の北部、乾燥地帯の西部など例外もある。1492年にイタリア人の探検家・コロンブスが西インド諸島に到達したことがアメリカ大陸発見のきっかけとなり、ヨーロッパ諸国が開拓を始めた。ネイティブ・アメリカンとよばれる先住民以外は、ヨーロッパ諸国からの移民、または奴隷貿易によってアフリカ大陸から移ってきた人々の子孫である。1775年にイギリス本国とイギリス領の13植民地の間に勃発したアメリカ独立戦争を経て、翌年の7月4日には独立宣言を発表。1783年のパリ条約によって、13州が正式に独立した。現在は政治、経済、文化などあらゆる面で世界をリードする国家として、強い存在感を放っている。

言語

英語

通貨

米ドル(US DOLLAR/S)

宗教

キリスト教(プロテスタント 35% カトリック 24%) ユダヤ教 3%

気候

大部分が温帯に属する。 南部は亜熱帯,西部は乾燥地帯もある。

四季

国が広大なため、地域により気候は大きく異なる。北のアラスカは北極気候、ハワイやフロリダは一年中暖かな熱帯性気候だが、同じ緯度でも中部や山岳部では気候は大きく異なる。

時差

[東部標準時]日本との時差は-14時間。アメリカの方が遅れている。サマータイム期間(3月11日~11月4日)は-13時間。*2018年情報、サマータイムは3月第2日曜日から11月第1日曜日まで[中部標準時]日本との時差は-15時間。アメリカの方が遅れている。サマータイム期間(3月11日~11月4日)は-14時間。*2018年情報、サマータイムは3月第2日曜日から11月第1日曜日まで[山岳地帯標準時]日本との時差は-16時間。アメリカの方が遅れている。サマータイム期間(3月11日~11月4日)は-15時間。*2018年情報、サマータイムは3月第2日曜日から11月第1日曜日まで、アリゾナ州の大部分はサマータイム実施無し。[太平洋標準時]日本との時差は-17時間。アメリカの方が遅れている。サマータイム期間(3月11日~11月4日)は-16時間。*2018年情報、サマータイムは3月第2日曜日から11月第1日曜日まで[東経169度30'以東アラスカ]日本との時差は-18時間。アメリカの方が遅れている。サマータイム期間(3月11日~11月4日)は-17時間。*2018年情報、サマータイムは3月第2日曜日から11月第1日曜日まで[東経169度30'以西アラスカ]日本との時差は-19時間。アメリカの方が遅れている。サマータイム期間(3月11日~11月4日)は-18時間。*2018年情報、サマータイムは3月第2日曜日から11月第1日曜日まで[ハワイ]日本との時差は-19時間。アメリカの方が遅れている。サマータイムはない。

祝祭日

2018年 1/1(元日),1/15※(マーティン ルーサー キング ジュニア デー),2/19※(大統領の日),3/30※(聖金曜日),5/28※(メモリアル デー),7/4(独立記念日),9/3※(レーバー デー),10/8※(コロンブス デー),11/11(退役軍人の日 ),11/12※(振替休日),11/22※(感謝祭),11/23※(感謝祭の次の日),12/25(クリスマス)
[※は移動祝祭日]
2019年 調査中

チップ


ホテル:ポーター,ルームメイドへUSD1~2程度レストラン:料金にサービス料が含まれていない場合、料金の15~20%程度タクシー:料金の15~20%程度
※特になし

名物・お勧め料理

ハンバーガー、ベーグル、各種肉料理等。

土産品

MBL,NFL,NBAなどのスポーツグッズ、自然派コスメ、スキンケア、LAファッション等。

国際免許証での運転

電圧

120V

周波数

60Hz

プラグタイプ

A(American)

飲み水


水道水は飲めるが、ミネラルウォーターの方が望ましい。

空港税・現地徴収税

空港税

入国審査料(国際線到着)7.00米ドル。税関審査料(国際線到着)5.50米ドル。検疫料(国際線到着)3.96米ドル。保安料(国際線/国内線搭乗)5.60米ドル。空港施設使用料(国際線/国内線発)4.50米ドル/利用空港により異なる。通行税(国際線発/着)18.00米ドル(米国本土/アラスカ/ハワイ間出発時9.00米ドル)。セグメントタックス(国内線搭乗)4.10米ドル。
-

現地徴収税

-
-

観光査証(ビザ)および渡航認証

観光査証および渡航認証


90日以内は査証不要。ESTA渡航認証が必要。

備考

査証免除プログラム条件を満たすこと。IC旅券が必要。査証免除プログラムの改訂に適用する方は査証が必要。 詳細は米国大使館ホームページを確認。

パスポートの残存有効期間

帰国時まで有効なもの(入国時90日以上が望ましい)。

持込・持出制限

持込制限・通貨

現地通貨:無制限、ただし合計USD1万以上の現金や有価証券(T/C含む)の場合は報告書の届け出要、罰則あり/外貨:無制限、ただし合計USD1万以上の現金や有価証券(T/C含む)の場合は報告書の届け出要、罰則あり

持込制限・その他

タバコ:紙巻タバコ最大200本/葉巻タバコ最大100本(成人に限る)/アルコール:1L(21歳以上)/土産品:USD100相当まで免税/持込み禁止品:規制薬物、猥褻物、毒物、果物、野菜、植物、植物製品、土壌、精肉、肉製品、鳥、カタツムリ、その他動物や動物製品等

持出制限・通貨

現地通貨:無制限、ただし合計USD1万以上の現金や有価証券(T/C含む)の場合は報告書の届け出要、罰則あり/外貨:無制限、ただし合計USD1万以上の現金や有価証券(T/C含む)の場合は報告書の届け出要、罰則あり

備考

【持込】農畜産物の違反は罰金最高US$50,000。【航空機内持ち込み】液体物やゼリー状の物品の機内持込みは制限があるが、一定の条件のもと一部認められる。花火は航空機への持ち込み禁止、罰則あり。

※掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

アメリカの観光スポットを簡単サーチ!

  • エリアを選択
    方面
    国・地域
    都市
  • ジャンルを選択
     

  • 目的地名で検索
  • キーワード検索
  • アメリカの世界遺産
エリアを移動

おすすめ情報 〈PR〉

おでかけ広場からの新着情報

おでかけ広場の投稿サービスは終了いたしましたが、過去の投稿を表示しています。

アメリカの
新着クチコミ情報

アメリカの
新着写真投稿

アメリカの
新着おでかけ日記

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら