タイの基本情報

Thailand
  • 国(地域)トップ
  • 観光スポット
国(地域)の基本情報

タイを旅行する前に知っておきたい、通貨や気候、時差などの基本情報や、ビザ、持込・持出制限などの渡航情報をご紹介。

概要・基本情報

国名

タイ王国(Kingdom of Thailand)

首都・主要都市

バンコク(BANGKOK)

エリア情報

正式国名はタイ王国。西北をミャンマー、東北をラオス、東をカンボジア、南をマレーシアと国境を接する、東南アジア有数の観光国。13世紀以前は、中国華南地方のさまざまな部族やタイ語系民族がそれぞれの部族国家を造って散在し、サイアム(シャム)とよばれていたが、1932年の民主革命により立憲君主制へ移行し、現在の姿になった。1997年の経済崩壊や2006年の混乱時には国王が国民に団結を呼びかけ、国民の政治意識の高さと国王の存在が、民主国家としての歩みを進めている。国土面積は日本の約1.4倍で、北部、東北部、中央部、南部と、大きく4地域に分けられる。米を主食とし、中央平野は東南アジア随一の穀倉地帯として知られる。また、国民の約95%が仏教(上座部仏教)を信仰する仏教国で、男子は一生に一度は仏門で修行するのがならわし。どの地に行っても寺院が燦然と輝き、早朝には黄衣をまとった托鉢の僧侶に出会うことができる。優雅な舞踊やタイ料理、タイシルクなど、タイの伝統を今に伝えるもののほか、スコータイやアユタヤなど世界遺産に登録されている貴重な史跡も多い。プーケットやパタヤといった世界的なビーチリゾートもある。

言語

主要言語はタイ語,南部の一部地方でマレー語、華僑は中国語、英語。

通貨

バーツ(BAHT)

宗教

仏教が95% イスラム教

気候

熱帯性気候に属し,雨季と乾期に分かれる

四季

雨期が6~10月、乾期が11~2月。雨期でも日本の梅雨のように降り続くことはなく、午前が薄曇りで午後に2時間ほどどしゃぶりの降雨があるパターン。12~1月は寒い時があり、気温が17~18℃に下がる。3~5月は大変暑い。

時差

日本との時差は-2時間。タイの方が遅れている。サマータイムはない。

祝祭日

2018年 1/1(元日),3/1※(マカブーチャ(万仏節)),4/6(チャクリ記念日),4/13(ソンクラーン(水掛祭り:タイの旧正月)),4/14(ソンクラーン(水掛祭り:タイの旧正月)),4/15(ソンクラーン(水掛祭り:タイの旧正月)),4/16※(ソンクラーン(水掛祭り:タイの旧正月)(振替)),4/17※(ソンクラーン(水掛祭り:タイの旧正月)(振替)),5/1(レーバー デー),5/14※(農耕祭 官公庁のみ休み),5/29※(ヴィサカブーチャ(仏誕節)),7/27※(アサラハブーチャ(三宝節)),7/28※(ワチラーロンコーン国王陛下生誕日/カオパンサー(入安居) ),7/30※(ワチラーロンコーン国王陛下生誕日
[※は移動祝祭日]
入安居(振替休日)),8/12(王妃誕生日),8/13※(王妃誕生日(振替休日)),10/13(ラーマ9世記念日),10/15※(ラーマ9世記念日(振替休日)),10/23(チュラロンコーン大王記念日),12/5(ラーマ9世生誕日),12/10(憲法記念日),12/31(大晦日)
[※は移動祝祭日]

チップ


ホテル:荷物を運んでくれたポーターやハウスキーパーへ20バーツ程度レストラン:サービス料を含まない場合、料金の10%程度タクシー:不要
※マッサージは料金の10%程度。

名物・お勧め料理

ナンプラー(魚醤)、プリック(唐辛子)、パクチー(香菜)、マナオ(タイのライム)等の香辛料を使用したタイ料理、フルーツ

土産品

タイシルク、コットン、宝飾品(金・銀・宝石)、陶磁器(セラドン焼、ベンジャロン焼)、山岳民族の手工芸品、家具

国際免許証での運転

電圧

220V

周波数

50Hz

プラグタイプ

A(American),BF(British Flat pin),C(Continental)

飲み水

不可
ミネラルウォーターを飲むこと。氷も避けた方が良い。

空港税・現地徴収税

空港税

<バンコク、プーケット>旅客サービス料(国際線発)700.00バーツ(国内線発)100.00バーツ。事前旅客手続料(国際線発着時)35.00バーツ。
-

現地徴収税

-
-

観光査証(ビザ)および渡航認証

観光査証および渡航認証

不要
空路入国は1回30日以内の観光は査証不要。

備考

陸路入国は1回15日以内の観光は査証不要。出国用予約済航空券、1人10,000バーツ、家族は20,000バーツ相当額の現金の所持が必要。

パスポートの残存有効期間

入国時6ヵ月以上必要。

持込・持出制限

持込制限・通貨

外貨:USD2万相当の外貨の場合は税関申告要

持込制限・その他

タバコ:200本(1カートン)、葉巻などは総重量250g以内/アルコール:1本(1L)以下。それ以上は要申請。/その他:カメラ、ビデオカメラは各1台。フィルム5本、ビデオテープなど3本。/持込み禁止品:電子タバコ,加熱式タバコ,水タバコ,麻薬,猥褻物,一部の果物,野菜,植物等

持出制限・通貨

現地通貨:THB 50,000まで。/外貨:USD2万相当の外貨の場合は税関申告要

持出制限・その他

タバコ:無制限/その他:美術/骨董品、仏像:許可要

備考

【持込】火器及び弾薬は許可要。麻薬類の持込は極刑を適用

※掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

タイの観光スポットを簡単サーチ!

  • エリアを選択
    方面
    国・地域
    都市
  • ジャンルを選択
     

  • 目的地名で検索
  • キーワード検索
  • タイの世界遺産
エリアを移動

おすすめ情報 〈PR〉

おでかけ広場からの新着情報

おでかけ広場の投稿サービスは終了いたしましたが、過去の投稿を表示しています。

タイの
新着クチコミ情報

タイの
新着写真投稿

タイの
新着おでかけ日記

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら