使い方
世界遺産

リオデジャネイロ:山と海の間のカリオカの景観

Rio de Janeiro, paisagens cariocas entre a montanha e o mar
ジャンル

歴史的建造物

「カリオカ」とは、リオデジャネイロの市民や出身者を指す言葉。丘や海岸など、都市周辺の文化的景観が、2012年にまとめて世界文化遺産に登録されている。文化的景観を対象とする世界遺産の登録は初めて。最も有名なのは、巨大なキリスト像がそびえ立つコルコバードの丘。登山電車で登ることができ、高さ約40mもの像と美しい街並みと海岸線を一望する景観は観光名所の筆頭。夜はライトアップされたキリストが幻想的だ。

基本情報

リオデジャネイロ:山と海の間のカリオカの景観

住所

Parque Nacional da Tijuca Estr. da Cascatinha, 850 - Alto地図

交通

コルコバードの丘への行き方:駅は丘の麓のコズメ ベーリョ地区にあり、頂上まで登山電車で20分。地下鉄ラルゴ・ド・マシャード駅とコパカバーナ地区のリド広場から頂上までのぼるミニバスも出ている

リオデジャネイロ:山と海の間のカリオカの景観の周辺の観光スポット

おすすめ情報 〈PR〉

旅行には欠かせない海外のお土産を探そう!
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら