使い方
世界遺産

ケブラーダ・デ・ウマワーカ

Quebrada de Humahuaca
ジャンル

遺跡・史跡・旧跡・城址

アルゼンチンの北西端、アンデス山脈上にある全長155kmほどの渓谷。グランデ川の浸食作用によって造り出された南北に広がる壮大な渓谷で、高地の寒冷ツンドラ地帯から、蒸し暑い気候のフライ渓谷までを擁している。山肌にはさまざまな色彩の鉱物を含む地層が露出し、独特の景観を生み出していることから、南米のグランドキャニオンとも呼ばれることも。この渓谷からはさまざまな遺跡も発見されている。先史時代の狩猟採集民の集落や、15~16世紀のインカ帝国のプカラと呼ばれる要塞集落など、植民地時代とそれ以前の時代の集落が見つかっており、アンデス高地に暮らす人々、コージャの生活文化を伝えているとして、2003年世界文化遺産に登録。また、このことは、この地帯が交易路として重視されていたことも物語っている

基本情報

ケブラーダ・デ・ウマワーカ

おすすめ情報 〈PR〉

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら