使い方
世界遺産

エーランド島南部の農業景観

Agricultural Landscape of Southern Oland
ジャンル

遺跡・史跡・旧跡・城址

スウェーデン南部のバルト海に位置する細長い島で、南北の長さは130kmほど。その島の南部にはストラ・アルバレットと呼ばれる石灰岩に覆われた特異な草原が分布し、不毛な土地であるにもかかわらず数千年に渡り牧草地として利用されてきた。石灰岩を敷き詰めた幅広な道は、約5000年前から厳しい自然環境の中で人類が生活し、土地を開拓し続けてきた歴史の証となっている。この地域には1つの時代の遺跡ではなく、青銅器時代、鉄器時代とそれぞれの時代の墓跡、居住跡などが豊富に残されており、先史時代の土地利用や農業技術を知る上で非常に重要な場所となっている。その歴史的価値と、乾燥した不毛な地で育った数多くの希少植物の生態系が評価され、2000年世界文化遺産に登録された。荒れた土地で農作物を育て、牧畜を営み、過酷な環境の中で牛と共に生き抜いた人々の暮らしを垣間見ることができる。散策をすると、点在する歴史的な風車が遺跡や集落と混ざり合い、目の前に独特な農村風景が広がる。バイキングの暮らしを再現した場所は観光客にとっては見どころの一つだ。

基本情報

No Image
このスポットの写真がありません。
こちらから投稿してね♪
写真を投稿する

住所

-地図

TEL

-

時間

随時

交通

カルマル(Kalmar)中央駅からバスでモルビーロンガ(Morbylanga)まで105番線にて45分。モルビーロンガ(Morbylanga)から最南端のバス停、エーランド・ソードラ・ウッデ(Oland Sodra Udde)までバス112番にて50分。バスにての移動は1日の便数に限りがあるので現地で確認のこと。詳しくは、https://www.klt.seにて。

おすすめ情報 〈PR〉

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら