使い方
世界遺産

チャン・チャン遺跡地帯

Chan Chan Archaeological Zone
ジャンル

遺跡・史跡・旧跡・城址

ペルー北西部の砂漠地帯にある遺跡で、チャンチャンとは「輝ける太陽」の意。12~15世紀にかけて南北1000kmを支配し、人口約10万人を擁したチムー王国の首都だったチャンチャンは、1470年頃インカ帝国に滅ぼされて廃墟となった南米最大の古代都市である。遺跡は、アドベの高い壁で区切られたラ・シウダデラと呼ばれる9つの方形の区画があり、それぞれの区画内には神殿、広場、住居、倉庫などがあり、都市機能を備えていたことがわかっている。また、建物の壁は日干しレンガで造られて、砂漠特有の暑さを和らげるために網目状に組まれていた。アンデス山脈の雪解け水を農地へと導く灌漑用水路も見つかっている。1986年世界文化遺産に登録。風化による破壊が進行していることから、危機遺産リストにも登録されている。

基本情報

チャン・チャン遺跡地帯
  • ©ペルー政府観光庁

住所

Chan Chan Jr. Torre Tagle 178 Trujillo Peru地図

時間

9〜16時

休み

なし

交通

トルヒーヨ中心部から北西へ5km

駐車場

有(無料)

年齢制限

なし

観光スポット詳細情報

所要時間目安

1時間程度

入場料

有料
大人:11ソーレス

事前予約

個人:不要/団体:不要

※掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

おすすめ情報 〈PR〉

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら