使い方
世界遺産

カザン・クレムリンの歴史遺産群と建築物群

Historic and Architectural Complex of the Kazan Kremlin
ジャンル

歴史的建造物

カザンは、ロシアの中南部のボルガ川流域にある都市で、チュルク系のヴォルガ・ブルガール人により、10世紀に建設された。13世紀にはイスラム教徒のカザン・ハン国(タタール)の支配下に入る。市内のクレムリン(要塞)は、タタール様式で造られたロシア唯一のもの。1552年にイワン雷帝が征服し、その2年後には、ブラゴヴェウェンスキー大聖堂が建設され、キリスト教化されている。現在見られる石とレンガでできた要塞は、それまでの城塞を基礎として、1556~1562年に建設されている。モスクなどは徐々にロシア正教会へと造りかえられ、クレムリン内部にはブルガル様式、タタール様式、イタリア様式、ロシア様式などの建物が混在している。2005年には、クル シャリフモスクが建設され、カザンでイスラム教とロシア正教が共存する象徴となった。カザンのクレムリンは、2000年に世界遺産に登録されている。

基本情報

カザン・クレムリンの歴史遺産群と建築物群
るるぶ.com情報
※クリックで写真が切り替わります。

住所

Kazan Kremlin Kazan420014地図

時間

24時間

休み

なし

交通

カザン国際空港から車で約40分

駐車場

有(無料)

観光スポット詳細情報

所要時間目安

2時間以上

入場料

無料
各博物館、教会は有料

事前予約

個人:不要/団体:不要

※掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

おすすめ情報 〈PR〉

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら