使い方
世界遺産

クスコ市街

City of Cuzco
ジャンル

歴史的建造物

インカ帝国の首都として栄えたクスコは、アンデス地方の言葉で「へそ」を意味するように、ペルー南部、アンデス東山脈と中央山脈の谷間に位置する。11~12世紀、標高3400mの高地に街は建設された。クスコの絶頂期は15世紀。9代皇帝パチャクテクの時代である。この時期に、市街整備が進められ、黄金に彩られた宮殿や神殿が建ち並び、大帝国の首都は栄華を極めた。1533年スペイン人フランシスコ・ピサロがこの地を占領すると、インカ帝国は崩壊へと向かう。神々に捧げられた黄金は略奪され、宮殿や神殿は破壊されたが、精巧かつ堅牢な石積みで造られていたため土台部分は残され、その上にキリスト教建造物やスペイン風の建物が建てられた。そのため、インカとスペインの様式が混じり合った独特の建物がこの街の景観を形成している。1983年世界文化遺産に登録。

基本情報

クスコ市街

住所

Plaza de Armas, Cusco地図

時間

24時間

休み

なし

交通

リマから空路で約1時間、バスで21時間

駐車場

有(有料)

年齢制限

なし

観光スポット詳細情報

所要時間目安

2時間以上

入場料

無料

事前予約

個人:不要/団体:不要

※掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

おすすめ情報 〈PR〉

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら