使い方
世界遺産

アレキーパ市歴史地区

Historical Centre of the City of Arequipa
ジャンル

歴史的建造物

ペルー南部、リマに次ぐ国内第2の都市アレキパは、スペイン人が築いた植民都市である。標高2370mの高地にインカ時代から存在し、1540年、スペイン人が整備を進め、アレキパは大きく発展した。街の中心にあるアルマス広場を中心に大聖堂などが立ち並ぶ。最大の見どころはサンタ・カタリーナ修道院だ。1579年に建造されたこの修道院は、1970年まで外界との接触を断った修道生活が行われてきた。これらの建造物に使われているのは、近郊で採れる白い火山石。そのことからアレキパは「白い街」とも呼ばれる。2000年世界文化遺産に登録。ちなみにアレキパの名前は、この街を建設したインカの第4皇帝マイカ・カパッタが言った「アリ・ケパイ(ここに住みなさい)」というケチュア語の言葉が由来とされる。

基本情報

No Image
このスポットの写真がありません。
こちらから投稿してね♪
写真を投稿する

住所

Basilica Cathedral of Arequipa Plaza de Armas Arequipa地図

おすすめ情報 〈PR〉

旅行には欠かせない海外のお土産を探そう!
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら