使い方
世界遺産

イグアス国立公園

Iguazu National Park
ジャンル

国立公園

南米の大河イグアス川は、アルゼンチンとブラジルの国境を流れる川である。沿岸約2200平方kmの熱帯雨林はイグアス国立公園となっており、1984年にはアルゼンチン側が、1986年にはブラジル側が世界遺産に登録された。この世界遺産公園のなかで、もっともその名が知られるが、イグアス川の下流にあるイグアスの滝。世界三大瀑布に数えられ、全体の幅は2700m、最大落差は80mにもおよび、雨季には毎秒6万5000トンもの水が爆音とともに流れ落ちる。イグアスの滝のうち、最奥部にある滝は常に轟音を立てていることから、ガルガンチュア・デル・ディアブロ(悪魔ののど笛)と呼ばれ、イグアス国立公園きっての観光名所となっている。イグアスの滝の滝つぼから上がる水しぶきは、周辺植物の生長に欠かせないもので、一帯にはシダ類をはじめ、2000種以上もの植物が生育。チョウや鳥など稀少な動物も多く生息している。

基本情報

No Image
このスポットの写真がありません。
こちらから投稿してね♪
写真を投稿する

おすすめ情報 〈PR〉

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら