使い方
世界遺産

コルドバ歴史地区

Historic Centre of Cordoba
ジャンル

歴史的建造物

スペイン南部アンダルシア地方のグアダルキビル川の右岸に広がるコルドバは、ローマ時代に属州の首都だった都市。711年にイベリア半島に侵攻してきたムーア人の支配下に入った。さらにダマスカスを追われたカリフ、アブド・アル・ラフマンが、756年に後ウマイヤ王朝を開いてから、コルドバは最盛期を迎える。786年、王命によりメスキータの名で知られる大モスクの建設を開始、内部には大理石と赤レンガを組み合わせたアーチが多数配置され、独特なエキゾチックな雰囲気が漂う。メスキータは、13世紀中ごろまで、ヨーロッパ各地から人々が集まる、イスラム世界の学問と芸術の中心地として高い名声を得た。このほか旧市街には、カスティーリャ王の命により建設された王城アルカサル、ローマ時代の橋と保塁などが残されており、多くの観光客を集めている。1984年にコルドバの歴史地区は世界遺産に登録された。

基本情報

コルドバ歴史地区

住所

Calle Cardenal Herrero 1, Cordoba地図

交通

マドリードから鉄道で2時間、バスで5時間

観光スポット詳細情報

所要時間目安

2時間以上

※掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

コルドバ歴史地区の周辺の観光スポット

おすすめ情報 〈PR〉

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら