使い方

昌慶宮/チャンギョングン

Changgyeonggung
ジャンル

宮殿

クチコミ平均評価★★★★4.1点(10 件のクチコミ)

朝鮮王朝第4代の世宗王が、父・太宗のために建造した住居。第9代の成宗王が現在の姿に改修し、名前を昌慶宮と改めた。政治というよりは生活の場としての役割が強く、天文観測をするための観天台や日時計などが残っている。現在は市民の憩いの場として親しまれている。「昌徳宮」への連絡通路が設けられアクセスが便利になった。連絡通路前にはチケット売り場があるので、ぜひこちらを利用して2つの宮殿を観覧してみよう。韓国伝統衣装の韓服、いわゆるチマチョゴリ(女性用をこう呼ぶ)などを着ていれば入場無料になるので、レンタルショップを利用して賢い観光をしよう。

基本情報

昌慶宮/チャンギョングン
るるぶ.com情報
投稿写真
※クリックで写真が切り替わります。

住所

ソウル市鍾路区昌慶宮路185地図

TEL

(02)7624868

時間

9~18時(11~1月は~17時30分、6~8月は~18時30分) / 入場は閉館1時間前まで

休み

月曜(祝日の場合は翌日)

交通

地下鉄3号線安国駅3番出口から徒歩20分

駐車場

有(有料)

カード

Diners,Visa,JCB,Master,American Express

観光スポット詳細情報

所要時間目安

1時間程度

入場料

有料
大人:1000ウォン、小人:500ウォン(満7~18歳)、満6歳までは無料、シニア:満65歳以上は無料(要身分証)
韓服着用者は無料。統合観覧券(1万ウォン・有効期間1ヶ月)で4大宮(景福宮、昌徳宮(後苑含)、昌慶宮、徳寿宮)と宗廟を観覧可能

事前予約

個人:不要/団体:不要

※掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

昌慶宮/チャンギョングンの
新着クチコミ情報

  • ★★★★

    この寺院にも立派な池がございまして、冬にもなると雪が積もっており、辺り一面凍っているのが幻想的でとっ…

昌慶宮/チャンギョングンの周辺の観光スポット

おすすめ情報 〈PR〉

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら