使い方

トロント(カナダ)の観光・旅行情報

TORONTO
  • 国(地域)トップ
  • 都市トップ
  • 観光スポット
国(地域)の基本情報

エリア情報

オンタリオ湖の西端に位置するカナダ最大の都市。トロントとは先住民のヒューロン族の言葉で「出会いの場所」という意味であり、その名のとおりフランスやイギリスなど様々な土地からの移住者によって構成されている。古くから先住民族の毛皮の交易地として栄えていたが、1615年にフランス人が訪れ、その後の毛皮の貿易権をめぐった争いの結果イギリス領となった。1931年に独立国家となり、第二次世界大戦後には、巨大地下街や地下鉄をもつモダンシティへと発展した。現在は金融、商業の中心地として栄えるほか、演劇や映画などが盛んな文化都市としても知られる。ダウンタウンの南に広がるオンタリオ湖、フェリーで10分ほどの距離にあるトロント島、郊外に広がる農地など、豊かな自然も魅力だ。紅葉が美しい観光ルート「メープル街道」の拠点でもある。
エリアを移動

位置

オンタリオ湖の北岸に位置する。北緯43度41分、西経79度38分

日本からのアクセス

日本から直行便が運航している。

空港

トロント・ピアソン国際空港(TORONTO PEARSON INTERNATIONAL AIRPORT:YYZ)から27KM、UP(Union Pearson) Express鉄道 25分 27.50カナダドル。

年間の気候

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
最高気温 0 -1 6 11 21 24 27 26 22 15 9 3
最低気温 -7 -8 -2 3 11 15 18 18 14 8 2 -2
降水量 64 49 34 70 49 101 84 53 77 82 36 59
服装 D D D C,D B,C A,B A,B A,B B,C C C,D D
  • ※気温は°C、降水量はmm
  • ※服装A は 夏服・半袖、B は薄手のセーター、カーディガン等、C は 冬服・コート等、D は厚手のコート、手袋等の防寒具

市内電話

基本料金0.5カナダドル

※ 市内通話の時間制限はない。公衆電話はカード式が多く、固定電話からの市内通話は同一市内は無料。

地下鉄

乗り方TTCが運営する地下鉄がダウンタウンを走っている。自動改札に事前に購入したトークン(乗車用コイン)、またはちょうどの現金を入れて通る。料金は地下鉄、市バス、路面電車で共通のため、駅構内の自動発券機でトランスファーチケットを購入すれば、同方向に限り3つの交通機関の乗換が可能(乗車から1時間以内)。

料金1回:3.25カナダドル、1日パス:12.00カナダドル。事前購入のトークンは3枚で8.70カナダドル。

注意事項夜や人気のない駅のホームでは、防犯カメラが設置されたDWAs(Designated Waiting Areas)というエリアで待機するとよい。

バス

乗り方TTCが運営する市バス停留所は赤と白の看板が目印。料金は先払いで、トークンかちょうどの現金をドライバー脇の料金箱に入れる。乗車時にドライバーからトランスファーチケットをもらっておけば、乗車から1時間以内は同方向に限り他路線バス、地下鉄、路面電車への乗換えが可能。降車が近づいたら窓枠のひもを引くかボタンで知らせる。

料金1回:3.25カナダドル、1日パス:12.00カナダドル。事前購入のトークンは3枚で8.70カナダドル。

注意事項釣銭はもらえないので注意。

タクシー

乗り方流しもあるが、主要ホテル、タクシースタンドから乗車するのが一般的。

料金3.30カナダドル

トロントの観光スポットを簡単サーチ!

  • エリアを選択
    方面
    国・地域
    都市
  • ジャンルを選択
     

  • 目的地名で検索
  • キーワード検索
  • カナダの世界遺産

おすすめ情報 〈PR〉

おでかけ広場からの新着情報

海外旅行に行ったら、感想やおすすめ情報をどんどん投稿しよう!

カナダの
新着おでかけ日記

旅行には欠かせない海外のお土産を探そう!
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。