地域で話題の情報をお届け!

NEWS編集部レポート

NEWS編集部 東京担当

池袋駅から徒歩6分! 都心で新感覚エンタメサバゲーが楽しめる『ASOBIBA池袋店』オープン!

池袋駅から徒歩6分! 都心で新感覚エンタメサバゲーが楽しめる『ASOBIBA池袋店』オープン!
「光と音」がテーマの“新感覚エンタメサバゲー”が楽しめる『ASOBIBA池袋店』が、2017年2月25日(土)にオープンする。まるでSFゲームの中で対戦しているような、新感覚のサバゲーを池袋で体験しよう。

手ぶらで気軽に本格的なサバゲーが楽しめる

手ぶらで気軽に本格的なサバゲーが楽しめる
サバイバルゲームといえば「郊外の山奥で行うもの」というイメージがあるが、「ASOBIBA」は初心者でも気軽に楽しめるように、「都心部の主要駅徒歩圏内」を中心にサバゲーフィールドを展開している。
『ASOBIBA池袋店』は、池袋駅から徒歩6分のビル、約300坪のワンフロアを利用してオープン。必要な装備はすべてレンタル品を用意しているので、手ぶらでの参加が可能。また、集まった人たち同士がチームとなってゲームを行うなど、1名からでも参加できるイベントが行われている。もちろん貸切利用も可能だ。

「光と音」がテーマのエンタメサバゲーフィールド

「光と音」がテーマのエンタメサバゲーフィールド
『ASOBIBA池袋店』のフィールド内はサーチライトが照らされ、レーザービームのように発光する蓄光BB弾が飛び交い、大音量のBGMがゲーム参加者の緊張感を高める。蓄光BB弾を使用することができるフルオートトレーサーはレンタル品に常時用意。弾道がレーザー光線のように走り、まるでSFゲームのような世界観の中でサバゲーが体験できる。また、要所には監視カメラとモニターを設置。どのようにフィールドを攻略し、モニターを活用してチームを指揮するかなど、チームプレイが問われるサバイバルゲームが行える。
さらに、「どうやって動けばいいか分からない」といったサバゲー初心者でも楽しみやすい仕掛けとして、「アタッカー」「ディフェンダー」などの自分の役割を決める「ジョブカード」システムを導入。新しいサバゲーの楽しみ方を探る実験的な施設となっている。
キーワード :
ニューオープン
体験・見学
投稿者情報

NEWS編集部 東京担当

この投稿者の記事一覧を見る

関連する観光スポット&イベント

『ASOBIBA池袋店』

あそびばいけぶくろてん

住所 東京都豊島区南池袋3-9-5サトミビル 地下2階 MAP

公共交通

JR池袋駅南口→徒歩6分

時間

9~22時(深夜営業 翌午前5時)

URL

http://asobiba-tokyo.com/fields/ikebukuro

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。