ツウなおでかけ新発見!

おでかけニストの連載コラム

温泉ビューティ研究家・石井宏子のキレイになる温泉旅

金魚が泳ぐ癒しの温泉~山形県・湯田川温泉 九兵衛旅館~

金魚が泳ぐ癒しの温泉~山形県・湯田川温泉 九兵衛旅館~
「うわ~」思わず見入ってしまいました。湯田川温泉 九兵衛旅館の温泉には、なんと金魚が泳いでいます。巨大水槽の中をひらひらと優雅に泳ぐ金魚、ぷくぷくとした酸素の泡粒。これを温泉に入ってぼーーーーっと眺めていると、思考回路のスイッチが完全に切れて脳疲労がリリースできる気がします。また、温泉がいい。楕円形の湯船の小さい四角いタイルがつるっとしていて気持ちいい。そこへ注がれる‟湯田川温泉”は、ふんわりと包まれるような優しい感触で肌をしっとりと保湿するナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉、pH8.4の弱アルカリ性で湯上りの肌はすべすべです。この宿には2つの異なる雰囲気の温泉があって、男女入れ替えなので滞在中に両方楽しめます。金魚がいるのは「川の湯」。もうひとつの「山の湯」には、四季を感じる中庭の露天風呂があります。

お部屋でふたり並んでマッサージチェア?!

お部屋でふたり並んでマッサージチェア?!
九兵衛旅館のご主人の遊び心はお部屋にも。13室それぞれの個性があるのですが、この「まんまる月」は専用温泉付きのメゾネットタイプ。1階のリビングにはなんと2つのマッサージチェアが並んでいます。お風呂上りにお部屋でふたり並んでマッサージしながら過ごすなんて、粋なアイデアです。

1か月ごとに変わる庄内の季節を味わう膳

1か月ごとに変わる庄内の季節を味わう膳
湯田川温泉がある山形県の庄内地方は、本当に食材が豊かです。海も山も、美味しいものに溢れています。1か月ごとに細かく季節を区切り、その時その時の美味しい食材を主役にした献立で出される夕食は、お料理をお目当てに出かけるリピーターが多いのも納得の素晴らしさ。11月からの冬の味覚「蟹」。由良産ズワイガニの握り寿しは、特別栽培庄内ササニシキの新米、そして「あー、こうして食べるのが夢だったの」と、言いたいほど大きな蟹の身がこんもりと盛られ、上には甘くて濃厚な蟹みそ。これからは、寒鱈や鮟鱇など庄内の冬を楽しむ膳も始まります。それもいいなあ。でも、3月の雛の膳をいただきに女子旅をしようかなあ。などと、妄想を広げております。
投稿者情報

温泉ビューティ研究家 石井宏子

この連載の記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。