地域で話題の情報をお届け!

NEWS編集部レポート

NEWS編集部 名古屋・東海担当

愛知・常滑市の10月10日は「陶(とう)」と「灯(とう)」の日

期間:2016/10/10~2016/10/10

愛知・常滑市の10月10日は「陶(とう)」と「灯(とう)」の日
陶器製品をはじめとする住宅設備の日本を代表するメーカーINAX(現・株式会社LIXIL)があり、千年以上の歴史を誇る常滑焼の産地、愛知県常滑市。先人たちの偉業をたたえ、次代へとつなげるために設定された「陶と灯の日」には、町全体が伝統を敬う気持ちと温かな灯に包まれる。

先人への想い、未来へつなぐ大切な一日

先人への想い、未来へつなぐ大切な一日
伊奈製陶株式会社(後のINAX)創業者であり、初代常滑市長および常滑市名誉市民でもある故・伊奈長三郎氏。氏は常滑の陶業発展のため多額の寄付をし、この地の陶器文化に大きく貢献した。常滑市は、故人の命日である10月10日を「陶と灯の日」に制定。常滑焼を創出し、発展させてきた多くの先人たちの功績を再認識するとともに、この文化を次世代へとつなぐ、常滑市にとって大切な日なのだ。
この日は、常滑市各地で「陶」と「灯」にちなんださまざまなイベントが行われる。INAXライブミュージアムでは、「つながり」をテーマにしたメッセージをランプシェードに見立てた紙コップに書いて点灯する「灯の海」や、陶製のシェードに明かりを灯す「LED1500個の照明」、また点灯式典で山方区のお囃子が披露される。
とこなめ中央商店街では、小学生や市民が制作した紙製灯籠200個に灯りをつけて大落川に浮かべ、川沿いには記念碑や小学生制作の灯り作品を並べる「『灯籠の川』・市民参加の灯火ロード」、また小学生対象の「常滑焼クイズ王選手権!!」を開催。その他会場でも、灯りイベントや展示会、展覧会など、この日ならではの催しが多数開催される。常滑焼がいかに歴史深く、いかに地域に根ざしているかを体感できる貴重な一日だ。
キーワード :
無料
体験・見学
ファミリー・キッズ
癒される
イベント
投稿者情報

NEWS編集部 名古屋・東海担当

この投稿者の記事一覧を見る

関連する観光スポット&イベント

陶と灯の日

とうととうのひ

開催期間

2016年10月10日 (月)

主会場名

INAXライブミュージアム、とこなめ中央商店街ほか

住所

愛知県常滑市奥栄町1-130 MAP

TEL

0569-34-3200/陶と灯の日事業委員会事務局(常滑商工会議所内)

公共交通

名鉄常滑線常滑駅から知多バス知多半田駅行き乗車「INAXライブミュージアム前」下車徒歩約2分

知多横断道路・常滑ICから約3㎞

駐車場

あり

URL

http://www.city.tokoname.aichi.jp/ctg/25110251/25110251.html

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら