ツウなおでかけ新発見!

おでかけニストの連載コラム

温泉ビューティ研究家・石井宏子のキレイになる温泉旅

つるつる温泉と晩白柚【熊本県・日奈久温泉】

つるつる温泉と晩白柚【熊本県・日奈久温泉】
熊本県の日奈久温泉へ行ってきました。東京から熊本県へ出かけると、熊本空港から横移動して阿蘇周辺の温泉へと旅することが多いのですが、実は縦移動のラインにもいい温泉がたくさんあります。今回は南下して、日奈久温泉へ向かいます。目指すお宿は「金波楼」、登録有形文化財のレトロな温泉旅館です。磨き抜かれたぴっかぴかの廊下。中庭を囲んで回廊のような造り。木の階段も趣があります。
参考サイト:

昔のタイルを埋め込んだ玄関に感激

昔のタイルを埋め込んだ玄関に感激
外湯におでかけしましょう。と思って浴衣に着替え、玄関で下駄をはこうとして気が付いたこんな細工。昔のタイルが洗い出しの床に埋め込まれています。昔ながらの風情を残す日奈久温泉の温泉街の小道は下駄のからんころんという音がお似合いです。

日奈久温泉の公衆浴場の実は裏手に・・・。

日奈久温泉の公衆浴場の実は裏手に・・・。
日奈久温泉の公衆浴場「温泉センター」。この立派な入口の2階が大浴場「ばんぺい湯」なのですが、実は1階を裏手に回ると、地元のみなさんが利用する公衆浴場「本湯」があります。

真ん中の石柱からつるんつるんの温泉が

真ん中の石柱からつるんつるんの温泉が
こちらが本湯の番台。200円で入れます。中の湯舟は2つあって、ぬるめと熱めになっているので入りやすい。深くてたっぷりとしていて気持ちのいい温泉です。真ん中に石の柱があって、そこから新鮮な温泉が注がれています。注ぎ口でお湯を確かめると、湯舟よりもさらにつるんつるんの感触。泉質単純温泉ですが、溶存物質総計は909.2mg。つまりあとちょっと成分が多ければ泉質名がつく濃度です。主成分はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉系。pH8.03の弱アルカリ性。肌すべすべになって、とてもよく温まります。

温泉街でみつけた「おふたりさま用」仲良し足湯

温泉街でみつけた「おふたりさま用」仲良し足湯
温泉街でこんな楽しい足湯を発見しました。たぶん、二人並んで入るように作られた足湯だと思うのですが、ベンチに座ってみるとわたしは足の先っちょしか届きませんでした(笑)立って入らないといけない~。

女将のみなさん渾身の力作「晩白柚せっけん」

女将のみなさん渾身の力作「晩白柚せっけん」
なんて可愛いパッケージでしょうか。地元八代の名物「晩白柚」をカットした房の形になっています。日奈久温泉のお土産ナンバー1人気の「晩白柚せっけん」です。これは見た目が可愛いだけでなく、実はものすごく本気の石鹸づくりをしていました。金波楼の女将さんに晩白柚せっけん誕生の物語と生産工程をお聞きしました。晩白柚は大きな果実の皮をぐるりと剥いて中身を食べます。皮はとってもいい香りがするのに、そのまま捨ててしまっていました。晩白柚を浮かべた温泉があんなにいい香りで肌がツヤツヤになるのだから、そのエキスをせっけんに活かせないかと考えたのです。実は柑橘類は皮にオイルがあります。それを絞って蒸留して濃縮して石鹸の原料と混ぜて作っています。つまり、本物の晩白柚オイルがいっぱい入ったせっけんなのです。美肌みやげはこれに決定です。
参考サイト:晩白柚せっけん
キーワード :
おみやげ
温泉
旅行・休日
癒される
投稿者情報

温泉ビューティ研究家 石井宏子

この連載の記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。