地域で話題の情報をお届け!

NEWS編集部レポート

NEWS編集部 京都担当

国内での高麗仏画展は38年ぶり! 京都・鹿ヶ谷の「泉屋博古館」で、特別展「高麗仏画 ―香りたつ装飾美―」が開催

期間:2016/11/03~2016/12/04

国内での高麗仏画展は38年ぶり! 京都・鹿ヶ谷の「泉屋博古館」で、特別展「高麗仏画 ―香りたつ装飾美―」が開催
高麗王朝(918~1392年)の高い美意識と深い信仰によって生み出された「高麗仏画」。近年、その芸術性の高さが大きな注目を集めています。なんと、世界にわずか約160点しか存在しないという高麗仏画。京都・鹿ヶ谷の「泉屋博古館」で開催される特別展では、その中から選りすぐりの約40点がお披露目されます♪
特別展「高麗仏画 ―香りたつ装飾美―」が、11月3日(木・祝)~12月4日(日)に開催。高麗仏画の代表作のひとつである重要文化財「水月観音像(楊柳観音像)」(徐九方筆)の全面修理の完成披露記念でもあり、美しく蘇った姿とともに名品の数々が集められ、高麗時代の仏教絵画の美の世界が紹介されます。日本国内での高麗仏画展は、なんと38年ぶりだそう!
詳細:泉屋博古館
※画像:重文 水月観音像 1323年 泉屋博古館蔵
阿弥陀如来や観音菩薩、地蔵菩薩といったみほとけたちは、謹厳かつ柔和な表情に、繊細華麗な衣服の装飾、温雅な彩色など、貴族のような気品と洗練された美しさをたたえ、時代を超えて多くの人々の心を魅了。東アジアの仏教絵画史の中でも独特の光彩を放つものとして、高く評価されています。
※画像:泉屋博古館
今回の特別展は、大徳10年(1306)銘を持つ「阿弥陀如来坐像」(重要文化財・根津美術館蔵)、至治3年(1323)制作の「水月観音像」(徐九方筆・重要文化財・泉屋博古館蔵)をそれぞれ所蔵する泉屋博古館・根津美術館の共催によって、高麗仏画の名品の数々が一堂に集結。絵画・写経32点、工芸約8点の計約40点を通して美のエッセンスが紹介される、またとない機会です♪
また、特別展に関連したイベントも実施されます。興味のある人は、気軽に参加してみては?

講演会「高麗仏画の歴史と美(仮題)」

韓国東国大学校教授による講演会。日本語で行われます。 ★開催日時:11月20日(日)13時30分~ ★会場:泉屋博古館 講堂 ★定員:当日先着100名

シンポジウム「ヴェールを脱ぐ観音―重要文化財・水月観音像の修理調査報告―」

保存修復や模写制作、保存科学の専門家の話に耳を傾けませんか? ★開催日時:11月26日(土)13時30分~ ★会場:泉屋博古館 講堂 ★定員:当日先着100名

ワークショップ「絵具の秘密―高麗仏画の顔料と彩色~仏画彩色体験~」

模写製作家による仏画彩色体験です。★開催日:11月27日(日) ★会場:泉屋博古館 講堂 ★定員:20名(要事前申し込み)

ギャラリートーク「高麗仏画」

学芸員が解説してくれます。★開催日時:11月5日(土)、12月3日(土)各日14時~ ★会場:泉屋博古館 展示室
キーワード :
アート
女子
イベント
投稿者情報

NEWS編集部 京都担当

この投稿者の記事一覧を見る

関連する観光スポット&イベント

特別展 高麗仏画 ―香りたつ装飾美―

とくべつてん こうらいぶつが かおりたつそうしょくび

開催期間

2016年11月03日 (木)〜12月04日 (日)
10~17時(入館は16時30分まで) ※月曜休館(祝日の場合は開館、翌平日休館)。

主会場名

泉屋博古館

住所

京都府京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24 MAP

TEL

075-771-6411/泉屋博古館

公共交通

市バス32・100系統、宮ノ前町下車、徒歩すぐ

駐車場

あり/10台

料金

入館料:一般800円、高校・大学生600円、中学生350円 ※小学生以下は無料。

URL

http://www.sen-oku.or.jp/kyoto/

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら