地域で話題の情報をお届け!

NEWS編集部レポート

NEWS編集部 京都担当

京都会館から生まれ変わった「ロームシアター京都」内にオープン! カフェ&レストラン「京都モダンテラス」

京都会館から生まれ変わった「ロームシアター京都」内にオープン! カフェ&レストラン「京都モダンテラス」
1960年に、日本モダニズム建築の第一人者・前川國男氏によって建てられた京都・岡崎の京都会館が、当時の面影を残しながら、2016年1月10日(日)、国内外の大規模公演が可能な「ロームシアター京都」として新たに生まれ変わり、大きな注目を集めています。今回はパークプラザ2階にオープンした、カフェ&レストラン「京都モダンテラス」をご紹介します!
参考サイト:
同じく、パークプラザの1階にお目見えした「京都岡崎 蔦屋書店」の階段を上ると現われる「京都モダンテラス」。高い天井と大きな窓に囲まれた開放感ある店内100席と、四季を感じながら食事を楽しめるテラス席60席から構成されています。
1960年代に建てられた日本のモダニズム建築の凛としたたたずまいを残しつつ、現代の解釈で表現した「和」を融合させたデザイン。西陣織の新進気鋭のデザイナー・斉藤上太郎氏や、華道家・木村貴史氏率いるクリエイティブスタジオ「plantica」とのコラボレーションでも話題です!

朝食から夕食までカバーするカフェ

朝食から夕食までカバーするカフェ
京都の四季や文化を取り入れた、素材の味わいを存分に引き出す調理法「薪焼き」のグリル料理から、京都の老舗「亀屋良長」の和菓子やモダンな洋菓子を楽しめるデザートまで、思い思いに楽しみしょう。※メニューや価格は変更になる場合があります。写真はすべてイメージです
8~11時のモーニング、11~15時のランチ、15~18時のティータイム、18~23時のディナーと、朝から夜まで楽しめる使い勝手の良さも魅力です。

モーニングは和朝食と洋朝食から選べます

モーニングは和朝食と洋朝食から選べます
京都産コシヒカリを使った炊き立てご飯と味噌汁に、旬の魚の薪焼き、京都「たきものゑびす」のちりめん山椒や「打田漬物」の漬物など、小鉢5品がセットになった和朝食「モダンテラスの朝御膳」1000円。
こちらは洋朝食「吉田パン工房のパンと自家製ハムのブレークファースト」800円。そのほか、「薩摩赤鶏の玉子かけご飯」550円や、「3種のフルーツオープンサンド アボカドとトマトのサラダ添え」800円などの単品も用意されています。

ランチはコースとアラカルトから、気分に合わせてチョイス

ランチはコースとアラカルトから、気分に合わせてチョイス
本日の前菜盛り合わせとメイン、ドリンクがついた「モダンテラスランチコース」1800円。
「キエフ風チキンカツレツ」1400円、「とろ湯葉と白菜の海鮮グラタン」1200円などのアラカルトも揃っています。
さらに、ランチメニューにプラス500円で、好きな和・洋菓子をワゴンから2種選べる「ワゴンデザートセット」も楽しめちゃいます♪

昼下がりは優雅にティータイムを♪

昼下がりは優雅にティータイムを♪
「モダンテラスハイティー」1780円は、選べる4種の和・洋菓子に、サーモンとハーブのブルスケッタ、本日のポタージュ、野菜ピクルス、ドリンクが付いた大満足の内容です。
単品では「モダンテラスパフェ」900円や「黒糖バナナタルト」600円などがラインアップ。
手間ひまをかけて一滴ずつ抽出する水出し珈琲や、オリジナルの抹茶ドリンク、地ビールやワイン、日本酒などのドリンクも充実しています。

季節を味わうディナータイム

季節を味わうディナータイム
「自家製きずし りんごと生姜のソース」850円や「ズワイガニとホワイトアスパラ、西京味噌のグリルピザ」1800円、「牛ほほ肉と昆布出汁の竹炭カレー」1600円といった、冷・温菜やパスタ、ピザ、ごはんものなどが多彩にスタンバイ。
素材の持ち味を最大限に活かした“薪焼きグリル”は、自慢の一品! 「茶美豚ロースの薪焼きグリル 香味野菜と生姜のサルサ」2000円や、「海鮮薪焼きグリル山椒とオリーブソース」2200円などのメニューでいただけます。豊かな味わいはもちろん、芳ばしい香りもごちそうです♪
投稿者情報

NEWS編集部 京都担当

この投稿者の記事一覧を見る

関連する観光スポット&イベント

京都モダンテラス

きょうともだんてらす

住所 京都市左京区岡崎最勝寺町13 ロームシアター京都 パークプラザ2階 MAP

公共交通

京都市営地下鉄東山駅→徒歩10分/市バス32・46系統・京都岡崎ループで岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前下車、徒歩すぐ、または、市バス5・100系統で岡崎公園 美術館・平安神宮前下車、徒歩すぐ

駐車場

なし

時間

モーニング8~11時、ランチ11~15時、ティータイム15~18時、ディナー18~23時(フード22時LO、ドリンク22時30分LO)

休み

無休

URL

http://www.kyotomodernterrace.com

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。