地域で話題の情報をお届け!

NEWS編集部レポート

NEWS編集部

初詣デートにおすすめ!2018年・東京都内の神社・お寺8選

初詣デートにおすすめ!2018年・東京都内の神社・お寺8選
初詣デートはどこに行こうか?悩んでいるあなたに、るるぶでは2018年に訪れたいおすすめの東京の神社・お寺をご紹介しています。人混みは避けられませんが、参拝期間や混雑時間をチェックして、少しでも気持ち良く新年初のお出かけを楽しみましょう。新年のおでかけ人気スポット情報、是非お役立てください!

■明治神宮(めいじじんぐう) <東京都渋谷区>

■明治神宮(めいじじんぐう) <東京都渋谷区>
JR山手線原宿駅西側に広がる広大な境内地。大正9年(1920)の創建で、明治天皇と皇后の、昭憲[しょうけん]皇太后を祀る神社。初詣の参拝者数は、日本一。国民からの献木約10万本によって造成された代々木の杜約70万平方mは、緑深く心に安らぎを与えてくれる。宝物殿は国の重要文化財。東京オリンピックが開催される平成32年(2020)には、明治神宮鎮座100年という大きな節目を迎える。【混雑時間】1月1日0~3時、11~15時 

 明治神宮の初詣DATA

1月1日0~19時、2・3日6時40分~18時30分、4・5日6時40分~18時、6日6時40分~17時30分、7日6時40分~17時、8日6時40分~16時20分(予定)。【所在地】東京都渋谷区代々木神園町1-1【問合先】03-3379-5511/社務所 【交通】JR原宿駅表参道口→徒歩1分で南参道口。または東京メトロ明治神宮前駅→徒歩1分で南参道口。またはJR代々木駅西口・都営地下鉄代々木駅A1出口→徒歩5分で北参道口。小田急電鉄参宮橋駅→徒歩3分で西参道口

■靖國神社(やすくにじんじゃ)<東京都千代田区>

■靖國神社(やすくにじんじゃ)<東京都千代田区>
明治2年(1869)の創建。幕末から大東亜戦争まで、246万6000柱を超える戦歿者の神霊がまつられている。境内の遊就館[ゆうしゅうかん](料金:800円、時間:9時~16時30分)では、宝物や御祭神の遺品などを展示。境内には500本以上の桜の木があり、多くの参拝者が訪れる。毎年気象庁が発表する東京のサクラ(ソメイヨシノ)の標本木がある。スマートフォンやタブレットで誰でも利用可能なWi-Fi音声ガイドシステムを境内全域に設置(日本語・英語)。【混雑時間】1月1~3日10~14時 

 靖國神社の初詣DATA

本殿での正式参拝は1月1日0~16時。2日以降9~16時。神礼授与所(おまもり等の授与)は8~18時。全国神社奉納絵馬展やふるまい酒が催され、境内博物館「遊就館」では新春刀剣展も開催。 【所在地】 東京都千代田区九段北3-1-1 【問合先】 03-3261-8326 【交通】東京メトロ九段下駅1番出口→徒歩5分

■湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)<東京都文京区>

■湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)<東京都文京区>
菅原道真公を祀っていることから学問の神様として知られ、境内に咲く「湯島の白梅」とともに、毎年春には多くの合格祈願者や観梅者が訪れる。泉鏡花の『婦系図[おんなけいず]』に登場することでも有名。宝物殿も併設。【混雑時間】1月1~3日10~17時

 湯島天満宮の初詣DATA

1月1日0~21時、2・3日7~21時、4~7日8~20時。【所在地】東京都文京区湯島3-30-1【問合先】03-3836-0753 【交通】 東京メトロ湯島駅3番出口→徒歩3分。またはJR御徒町駅北口→徒歩8分 ※画像提供:湯島天満宮

■東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)<東京都千代田区>

■東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)<東京都千代田区>
東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年(1880)に創建され、「東京のお伊勢さま」といわれ親しまれている。神前結婚式創始の神社でもあり、今もその伝統的な結婚の儀式を守り伝えている。また、結びの働きを司る造化の三神を併せて祀っていることから、縁結びに御利益のある神社としても知られ、良縁を願う参拝者が多く訪れる。【混雑時間】1月1日12~16時

 東京大神宮の初詣DATA

1月1~3日の8~10時にお神札やお守りを受けた参拝者先着1000名に開運招福の「ミニ干支絵馬」を頒布。銘酒「白鷹」伊勢名物「赤福」特製おしるこの振舞いもあり。【所在地】東京都千代田区富士見2-4-1 【問合先】03-3262-3566 【交通】JR飯田橋駅→徒歩5分

■大本山増上寺(だいほんざんぞうじょうじ)<東京都港区>

■大本山増上寺(だいほんざんぞうじょうじ)<東京都港区>
芝公園の中央部にあり、明徳4年(1393)創建の浄土宗の大本山。江戸時代には将軍家の菩提所、浄土宗の総録所、関東18檀林の首座として、常時3000人の僧侶がいる大寺院だった。元和8年(1622)に建てられた三解脱門[さんげだつもん](重要文化財)は、かつての偉観を偲ぶことができる建築物だ。【混雑時間】1月1~3日とも10~14時

 大本山増上寺の初詣DATA

大殿への参拝は12月31日~1月1日17時30分まで、1月2日以降6時~17時30分。境内札所(御守などの授与)は12月31日~1月1日17時30分、1月2~8日9~17時。 【所在地 東京都港区芝公園4-7-35【問合先】03-3432-1431 【交通】都営地下鉄御成門駅A1出口→徒歩3分。または都営地下鉄大門駅A6出口→徒歩7分。またはJR浜松町駅北口→徒歩10分

■池上本門寺(いけがみほんもんじ)<東京都大田区>

■池上本門寺(いけがみほんもんじ)<東京都大田区>
日蓮宗の大本山で、日蓮上人入滅の霊場。五重塔参道の両側に桜が咲き荘厳でとても美しい。区民の憩いの場であると同時に、国指定重要文化財の五重塔など歴史的遺産の宝庫でもある。【混雑時間】1月1~3日は終日混雑

 池上本門寺の初詣DATA

荘厳な鐘の響きに行く年の心の垢をはらい、清浄な心で新年を祝う。【所在地】東京都大田区池上1-1-1【問合先】03-3752-2331 【交通】東急池上駅→徒歩10分

■大宮八幡宮(おおみやはちまんぐう)<東京都杉並区>

■大宮八幡宮(おおみやはちまんぐう)<東京都杉並区>
応神天皇[おうじんてんのう]と、その父母を祀る神社。御祭神に親子三神を祀ることから、とくに子育て・安産にご利益があるとされており、また、東京の重心に位置することから「東京のへそ、子育・厄除八幡さま」として親しまれ、遠方からも多くの人々が訪れる。平成25年(2013)、御鎮座950年を迎えた。【混雑時間】1月1~3日は終日混雑

 大宮八幡宮の初詣DATA

1月1日0時開門~20時頃閉門、2日6時開門~19時30分閉門、3日6時開門~19時頃閉門、4日以降6時開門~17時閉門。一番祈祷参列希望者は、平成29年(2017)12月中旬頃までに要申込み。【所在地】東京都杉並区大宮2-3-1【問合先】03-3311-0105 【交通】京王西永福駅→徒歩7分

■高幡不動尊(たかはたふどうそん)<東京都日野市>

■高幡不動尊(たかはたふどうそん)<東京都日野市>
草創は奈良時代ともされる関東屈指の古刹。新選組土方歳三の菩提寺とされ、近藤勇・土方歳三両雄の碑や、歳三の書簡ほか多くの新選組の関係資料が展示されている。【混雑時間】1月1~3日は終日混雑

 高幡不動尊の初詣DATA

1月1日は0時、2・3日は6時より護摩祈祷。1年の健康と安全を祈る多くの参詣者で境内が賑わう。【所在地】東京都日野市高幡733 【問合先】042-591-0032 【交通】京王高幡不動駅高幡不動駅→徒歩3分。または多摩モノレール高幡不動駅→徒歩3分
キーワード :
無料
デート
ファミリー・キッズ
季節を楽しむ
イベント
投稿者情報

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。